変な奴、ろくでもない人間、人格の質の悪い人間ばかりが寄ってくる 引き寄せの法則

タイトルは少し語弊があったかもしれない。

リアルの知り合いなどは、小学生の時の同級生なのでどちらから先に友達になったとかはわからないので『寄ってきた』というわけではない。
だがやはり、やはり変な奴ばかりだったことには変わりがない。

この場合の変な奴というのは、変わり者でおもしろいとかポジティブな意味ではない。
本当に世間と価値観がズレていて、その事にも気づいてないアスペ的な人間や、家庭環境も人格もおかしいような奴のこと。

自分がまともじゃないから、変な奴が集まってくる

リアルの知り合いだと、たとえばメガネ安確のような、どうしようもなく人に心を開けず、人に安確いじりをし捲くっては心を病んでる愚か者。

大して困窮してもいないのに生活保護を受給し昼間から喫茶店でタバコを吸ってる母親がいるのにも関わらず、身内の自慢にもならないようなことを自慢しまくるヤーイヤイヤイ。

一番ひどいのだと、身内同士で殺人事件が起こった奴もいる。

いつの間にかそういう奴らと交友関係ができていたということが恐ろしい。
今はもう全員と絶縁しているので関係ないが。
というか、そんな連中と一緒にいるといつか自分にも災難が来そうな感じがして怖い。

ネットでも、やはり変わり者ばかりで、嫌になることがある。

「お前が一番の変わり者だろ」
という意見が飛び出すが、問題はまさにそこで、結局、俺がまともじゃないから、そういう人間ばかりが気がつくと周りに集まっている。

変な奴を引き寄せるのにふさわしい自分がいた

引き寄せの法則というのがあるらしいが、経験上間違いなくそれだと思う。
暴力野郎に暴力事件を起こされた時や、ネットで数々のドアホに絡まれ気分を害した経験を思い返すと、結局、そういうことを引き寄せるのにふさわしい自分がいた。

怠けてたり、愚痴を垂れたり傷を舐め合う相手を探したり、マイナスの方向に向かっているときというのは、必ずろくでもない人間がまわりに集まってくる。

努力はしたくないが、そんな人間を引き寄せて気分を害するくらいなら、多少苦しくても、自分を鼓舞していったほうが何倍もマシだ。

俺に興味を持つ人間

頑張っている人間とは、建設的であるが故の揉め事が起こることはあるかもしれない。
だが、時間が有り余っている怠け者の暇人が起こすような、何の意味もない揉め事は起こさないような気がする。

例えば、俺が描いているキチガイ絵や、俺のやっている髭林おなもみBANDの楽曲を賞賛したり、興味を持ってくる人間というのは、ほぼ例外なくおかしい奴しかいない。

「興味を持ってくれてるんだから感謝するならわかるが、厄介者扱いするとは何事だ」
という意見が飛び出すが、俺としては、自分の作った絵や音楽を鑑賞してくれたり、匿名で評価ボタンを使って評価してくれる分には嬉しいが、個人的に絡んでこられるのは迷惑なことが多い。

俺自身が変わり者だということはわかるが、常識的な部分もあると思っている。
自分が変わり者であることにさえ気づいてないような奴や、変わり者であることを誇りに思っているような奴には吐き気がする。

かといって、完全に普通の人なんてどこにもいないと思うし、リア充はリア充で嫌いだから、結局は人間すべてが憎いんだろうと思う。

まとめ

せめて自分の周りに集まった人間くらいは愛したいが、上述のように、自分が頑張っていないことによって引き寄せられた人間は愛せない。
それは頑張っていない自分を愛せないのとほぼイコールだと思う。

結局、自分を愛し、周りの人間も愛すには、少しでも努力するしかないんじゃないかと思い始めた。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: