作業に没頭したり作業興奮すると交感神経優位になって食欲がなくなる現象 変性意識、α波、右脳モード、発達障害について

作業興奮とかいうのをちらっと見た。

俺は1分でもやってみようとかいう感じで始めたりはせんけど、作業に没頭すると交感神経の優位さがやばいのか、食欲がなくなって不健康な感じがある。

没頭しすぎて食欲が無い状態の脳波は?

前ドラクエ11を18時間ぶっつづけてやったときとかも食欲なかった。
お絵かきとかブログ作業もそんな感じ。

作業に集中してるときって変性意識状態だと思うんだが、α波や右脳モードやデフォルトモードネットワークとかとの関連性がわからん。

とりあえず俺の場合夢中になると食欲がなくなるんで交感神経が優位なのは確かだ。

α波は副交感神経だったはず。
リラックスしてα波で夢中になる人は俺と逆で腹減るんだろうか。

没頭しすぎて食欲が無い状態の脳波はなんなんだろうか。

発達障害について

俺は興味のある話になると興奮して喋りだすんだがその時の精神状態と似ている。

さらに俺は偏執狂的な部分があって、例えば
・一つの道具(鉄鍋とか包丁とかギター)を使い込みたい
・絶対に一次創作しかしない
・決まったオリキャラしか書かない
・SAIで使うペンを決まったものだけにする
等、無数の自分ルールがある。

アスペルガー的拘りだ。

自分の事発達障害だと思わないしそれで苦労したこともないので診断は受けてないが、ほんの僅かに要素はあると思う。

最近知ったが、結局アスペルガーの人は必ずADHDでもあるとか(逆も然りだがLDは別)。

結局のところ発達障害というものをざっくり言うなら『不振さ』というのをきいて納得した。
俺も正直、他人に
「なんか変な人だな」
とは思われているはず。

多動症ではないが、なんかこう、特有の雰囲気を出している気がする。

個人的に、アスペルガーが強く出てる人はロボットみたいな不機嫌さと攻撃性があるように感じる。
俺もそう見られてたら嫌だな。

まとめ

作業に没頭してる状態は普通にめちゃくちゃ気持ちがいいので、食欲がなくなるくらいまぁいいかと思う。
無駄に食べることもなくなるし。
さすがに一息つこうとなったら普通にたくさん食べるし。

リラックスした、α波で集中する、ということについても今後調べていこうと思う。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: