ケノンで髭の永久脱毛 冷却無しで毎日照射 口髭に効果あり ピンセット ガムテープ 効かない毛 色素沈着 生えるスピードは遅くなる

私は以前、ソイエという脱毛器を買い、思い切って髭脱毛をしてみたが、涙がでるほど痛く、血が出て、埋没毛もできてで散々でした。
それでも、髭の薄さはほとんど変わりませんでした。

その後、男性用の足腕用の除毛クリームを塗って髭を溶かしてから剃るということも繰り返しました。
結局効果はなかったので、今回、ついにケノンを購入しました。

※画像は一切ありませんのでご了承ください。
毎日照射したり冷却無しで照射するのは、公式で推奨されない、リスクの高いやり方ですので、くれぐれも注意して自己責任でやってください。

目次

ケノンを買いました レビュー(評価) 感想 使用感

買うのを躊躇した

公式ショップから購入、70800円で、カートリッジはラージとエクストラと美顔カートリッジがついてきました。
美顔カートリッジに関しては、レビューを書いたら後日発送すると納品書に書いてあります。

公式サイトが情報商材のようで胡散臭く、大げさなレビューも多いので、買うのにはかなり躊躇しました。
知り合いの女性が効くと言っていたので買うことを決めました。

結局ケノンしかない

病院で永久脱毛しようにも費用がかかり、通うのもめんどくさいものです。
そして上述のようにソイエも除毛クリームもそこまで効果はありません。
そうなるとケノンはちょうどいいのです。

ケノン以外にもトリアなどの他社製品はあるが、調べてみるとやはりケノンが今のところ一番効果があるそうです。
ケノンでだめだったら諦める、というつもりで買いました。

そもそも私は髭の生える範囲も広くなく、特に剛毛でもありません。
ただ色が白いから目立つというのと、毎日剃るのがめんどくさいので、必ず脱毛したいと思っています。

あと手足の指毛やらもろもろの無駄毛も処理がめんどくさいので、ケノンを使うことで、かなり薄くなり、処理がせめて2週間に1回になってくれるだけでも十分だと思っています。

ケノンを照射してみた感じ


ケノンを腕に照射してみると、レベル5のシングルで心地よい熱さを感じる程度です。
照射とともに「パッ!」という音が鳴ります。
毛が焼けるのか、焦げ臭い匂いがします。

トリプルにすると結構痛いですが、ソイエで抜く激痛に比べればぜんぜんましです。
かなり眩しいですが、目を瞑って顔を背ければ、付属のサングラスをしなくてもなんとかなります。

髭への照射


髭にもやってみましが、結果から言うと私はレベル10のシングル程度なら十分に耐えられました。

照射前と後に保冷剤で冷やす必要があると書いていますが、効果が薄れると書いているサイトもあるので、私は髭以外は冷やさずにやろうと思います。

毛は剃ってから照射すると書いてあるが、つるつるに剃りすぎても効果がないように感じました。

毛が弱り、勝手に抜け落ちるらしい


ケノンを照射する前は、カミソリで毛を剃ることが必須です。
毛を剃らずに、長く伸ばしたところに照射すると、毛の密度や太さ、長さに比例して痛みが増します。
結構な痛みとともに「ボァッ!」という音がして毛が焼けます。

光が毛の黒さに反応し、それが毛穴の奥の毛根まで届き、毛根や毛穴にダメージを与え、徐々に毛を弱らせてくれます。
効果が出るころには、毛が生える毛穴が減ったり、生えたとしても細かったり、勝手に抜け落ちる毛が出てきます。

説明書などには、2週間に1回照射すればいいというが、私は1週間に1回、もしくは生えてきたら照射、という風にしようと思います。

あと、髭には何発照射すればいいのかもわからないので、調べてみると、大体レベル10ワンショットの15~35発くらいでいいようです。
様子を見て調整していこうと思います。
髭に関しては、照射後にニベアでも塗っておきます。

まとめ

毎日やる必要はないそうで、効果が出るのも2~3ヶ月が目安らしいので、気長にやろうと思います。
とりあえず、本当に効果はありそうな感じです。

本当に良い商品なら、あの怪しくて下品な公式ページはもったいないと思いました。

1週間目 毎日照射 口髭に効果あり 冷却なし照射 毛の生えるスピードが遅くなる

ケノンという家庭用フラッシュ脱毛器が届いて今日で1週間なのですが、早速効果を実感しています。

髭と、もみあげや手足の指毛や腕毛に照射してみています。
照射後1週間で、指毛や腕毛は、ピンセットで軽くつまんだだけでするりと抜ける毛が出てきました。

ケノンで髭の永久脱毛は不可能 口髭は薄くなった

結論から言うと、ケノンのパワーでは、髭を永久脱毛することはできません。
多少薄くなる程度です。
髭を完全に永久脱毛したい場合は、クリニックでレーザー脱毛を受けましょう。

髭にケノンを照射することで、するりと抜ける毛は出てきます。
ケノンは、照射してすぐ抜け落ちたり毛が溶けるのではなく、一~二週間経つと毛が自然にぽろぽろと抜け落ちていくという感じです。

顎髭は強靭なのでなかなか減りませんが、口髭に関しては頑張れば数えられるくらいまでに減ってきている気がします。
しかし、永久脱毛には遠いです。

痛みですが、結果から言うと私はレベル10のシングル程度なら十分に耐えられました。

照射頻度

照射は2週間に1回か1週間に1回と書かれています。
ですが、とくに問題もなさそうだったので、髭にはLV10のワンショットで毎日照射しています。
大体レベル10ワンショットの15~35発くらいです。

赤くもならないし肌荒れもしないんで問題ないかと思います。
様子を見て調整していってください。

個人的には、髭にはそれくらいやらないと効かない感じがします。
※自己責任で行ってください。

照射後にニベアなど保湿クリームを塗ることをおすすめします。

冷却せずにやったほうが効果がありそう

私は、冷却もできる限りせずにやっています。
明らかに、冷却をしっかりしてから照射すると威力が弱まっている気がするのです。

しかし、あまり冷却せずに連続で照射するとカートリッジが異常に熱くなってやけどしそうになります。
カートリッジのガラス部分が割れる危険性もあるので、冷却無しで行う場合は頻度を下げましょう。

全部やり終わった後の冷却はしっかりやっています。

不思議なのは、3分間に3回ほど同じ場所に照射すると、冷却なしでもほとんど痛みがなくなることです。
とりあえず、その状態まで打ったらあとはその日は効果なさそうなのでやめています。

髭には毎日照射

まだ1週間ですが、毛の生える速度は明らかに遅くなり、するりと抜ける毛も出てきています。
さっそく効果が出てけっこう感動しました。
もともと生える範囲も広くなく、濃くもないのでやはり効くのが早いのでしょうか。

髭の中でも太いものに効果が出るのはまだ先だと思います。
さすがに髭に週1では効く気がしないので、毎日照射します。

まとめ

結論としては、ケノンは髭以外には本当に効果があります。
指毛、腕毛、すね毛、など、細い毛なら、半永久脱毛が可能です。
手足の指毛など、処理のめんどくさいムダ毛をなんとかしたい場合は本当におすすめです。

実は、私はもうケノンをやっていませんが、未だに腕毛がほとんど生えてきません。
やっていた頃は、1~2週間に一度、腕全体に照射するのを半年くらい続けました。
それくらいの照射期間で、半永久脱毛は可能のようです。

髭に関しては、上述のように毎日照射しても永久脱毛は無理でした。

ケノンはあくまで細い毛、弱い毛に効果があり、髭への効果は薄いです。

3週間目 冷却無し照射 効かない毛 ガムテープ

ケノンを髭に照射し始めて3週間目になります。
前回(1週間目)と同じく、手の指毛、腕毛などの細い毛は、もうほとんど生えてこないので、やる必要がないくらいです。
やるとしても月1か2ヶ月に1度でいいくらいです。

冷却なしで毎日照射

問題はやはり髭です。
今まで通り毎日照射していて、多いときは1日に2度やっています。

冷却は、しないほうが効くらしいので、できるだけせずにやっています。。
確かに直後は赤くなりますが、できものができたりはしないんで大丈夫そうです。

口髭にはかなり効いた

そのおかげか、口髭に関しては指で数えられるほどに太い毛が減りました。
それに比例して、もう冷却無しでレベル10ワンショット照射しても痛みがあまりないです。

顎鬚には効きづらい

しかし顎鬚には効きづらいです。
明らかに薄くなってはいて、剃る時もヒリヒリ感がだいぶなくなりましたが、やはりまだまだ残っています。

顎に関してはまだ冷却無しでは痛いですがが、一部分は冷却無しでもいけるくらいに薄くなっています。

首髭は薄いので冷却無しで照射しても痛くありません。

髭の部位ごとの効きやすさ

効きやすさで言うと自分は、頬>口髭>首髭>顎鬚です。
頬には黒い産毛のようなのが僅かに生えていましたが、すぐになくなったので、最も効きやすいのは頬だと思います。

問題は、最後の最後まで効果がなさそうな毛です。
どこかで見ましたが、髭に限らず、ケノンが効かない毛には、どれだけやってもとことんまで効かないことがあるらしいです。

ピンセットで抜く

口髭もまだ完全にはなくなってないですし、あまりにも効かない毛があるようなら、付属の眉毛抜きで抜いていこうかと思います。
高周波が流れて、次回から毛が薄くなるそうです。

抜くときは、ソイエの時と違って、必ず生えている方向に向かって抜くようにします。
鼻の下に埋没毛ができたら大変です。

髭という毛は異質

いつも思うのですが、髭というのは、太さといい伸びる早さといい、他の毛と比べて異質です。
他の毛は、髪の毛を除いて、こんなに早く伸びてきません。

やはり髭には絶対毎日照射すべきだと思います。

最近は、外に出ない日を見計らって髭を3mmくらいに伸ばし、その時に、特に多く照射するようにしています。
その方が効いてる感じがありました。

そしてその後、ガムテープを軽くつけ、するっと抜ける毛を一気に抜いていっています。
そうすることで早く密度を減らせるはずです。

まとめ

冷却無しでいけるくらいまで薄くなれば、思いっきり照射面を皮膚につけたりして、あとは力押しでやるつもりです。
できるだけ早く髭をなくしたいです。

公式のやり方ではないので、ご注意ください。

レビュー書いたのでスキンケアカートリッジ届きましたが、効果がよくわからないのでしまいこんでいます。。
スキンケアカートリッジよりスリムカートリッジのが欲しかったです。

1ヶ月目 ピンセットで抜きながら

相変わらず髭には毎日照射しています。

前にも書いたように、少し伸ばして冷却なしでやるのが一番効くと思い、その方法でやっています。
やっているうちに髭の密度がだいぶ減ったので、口髭に続いて、顎鬚もすべてピンセットで抜きました。

痛みは少ない 赤みもなし

ソイエは使わず、ピンセットで、毛の生えている方向に向かってちゃんと抜いたので、埋没毛などはトラブルは避けられると思います。
そしてやはり、ケノンが効いてるのか、そこまで痛みはありませんでした。

抜いてみると、毛根の深さに驚きました。
ここまで深いと、このままずっとケノンを打っても効果はかなり緩やかだろうなと思いました。

30分くらいかけて全部抜いたあと、オロナインを塗って寝て起きたら、顎鬚がなくなってすごくきれいになっていました。
ソイエで無理やり抜いた時と違い、赤みもありません。

ただ、よく見ると毛穴っぽいのが見えます。
それは仕方ないとは思います。

それから一週間経ち、その間も冷却なしで照射していましたが、ちらほらと細めの髭が生えてきました。
この髭は剃ってもいいし抜いてもいいと思います。
抜くなら、ケノンをやってからがいいとも居ます。

まとめ

完全に何も生えてこない状態にするのはかなり難しいと思いますが、朝起きて髭を剃る必要もないので楽です。
と、思っていたのですが、ソイエのときと同じく、生え方がおかしく、剃っても黒いポツポツが若干残るようになりました。

ピンセットでつまめるかつまめないかくらいの長さで、抜くに抜けなかったりして困るので、ピンセットで丁寧に、とは言っても、やっぱり抜くのはまずいようです。
抜くなら、本当に変なところに生えている数本にしておくほうが無難です。

これから抜かず、剃ることを繰り返していたら、また毛の生え方は元に戻ると思うので、もう抜かず、気長にケノンをやっていこうと思います。

2ヶ月目

ケノンを使い始めて約2ヶ月が経ちます。
この2ヶ月の間、髭には毎日照射してきました。

1ヶ月目くらいになると、鼻の下をはじめとして、薄くなっているのが明らかに分かりました。
それに比例して、冷却なしで照射できるようになってきて喜んでいました。

しかし最近、3日に1度の照射に変えたせいか、濃さがまた元に戻ってきています。

部位によって効き目が違う 髭の毛の強さは別格

もちろん、なにもしていないときより4割くらい薄い気がします。
首らへんなど、場所によってはかなり効いている部分もあります。
ですが、あごなど、効きづらい部分はそこまで変化が見られないという感じです。

やはり髭という毛は、毛の太さ、毛根の大きさ、毛根までの深さ、生える密度、生えるスピード、どれをとっても、他の毛とくらべて強すぎるという感じがあります。
あまりにも別格の毛なので、ケノンですら効かないというのは当然に思えます。

毎日照射して、さらに毎日剃っていては時間がもったいないので、これからは3日に1度にする予定です。
おそらく薄さは現状維持になる気がします。

髭には病院での永久脱毛が確実

ケノンで髭脱毛を試しているほかのブログを見てみても、見違えるほど効いているという例は見たことがありません。

私みたいに、そこまで髭が濃くなく、密度、生える範囲ともに大したことない人間でもこの状態です。
剛毛な人なんかは痛いだけで納得いく効果は得られないと思います。

思い切って病院で永久脱毛をして、その後生えてくる黒い産毛程度の毛には、ケノンは効果を発揮してくれるような気がします。

髭以外の毛はケノンで事足りる

何度も書きますが、私は、髭以外の毛にはすべて効きました。
指毛や腕毛などもほぼ生えてきません。
それらの毛に関しては、病院で脱毛するのは逆にもったいなく、ケノンですべて賄うほうが、経済的、時間的にもお得だと思います。

髭意外の毛には本当に明らかな効果があるので、ケノンは買って正解だったと思っています。

3ヶ月目

かれこれケノンを3ヶ月近く使っています。
髭にも3日に1回くらいは照射していますが、効果が感じられないので、髭への照射はやめようと思います。

口髭と首髭にはそこそこ効果があり、半分くらいは減らすことができました。
ですが顎鬚にはあまりにも効果がなさ過ぎます。

3mmほど伸ばして、冷却なしで1箇所10回くらいレベル10ワンショットで照射しても、目に見えた効果がありません。
結局伸びるスピードも変わらず、毎朝剃らないといけないので、痛みと労力の無駄に感じました。

色素沈着について

口髭と首髭への照射はすぐに終わるし、顎鬚と比べて冷却なしでも痛みが少ないので続けようと思っていました。
しかし、私だけかもしれないですが、色素沈着の問題が出てきました。
例えば、剃刀負けによる傷がある状態でケノンを照射すると、その部分が色素沈着することがあるようです。

シミほど目立つものではないですが、ないほうがいいので、口髭と首髭への照射もやめようかと思っています。
手や腕などのもろもろの無駄毛は月1か、2ヶ月に1回の照射で、つるつるの状態を維持できるので、お得です。

7ヶ月目

ケノン7ヶ月目です。
髭への照射はやめる、と書きましたが、風呂上りに数回、冷却なしで照射するのを再開しました。

目に見えた効果がない、と書きましたが、私の場合、口髭には効果大で5割以上薄くなります。
顎鬚も、明らかに薄くなって剃りやすくなり、剃刀負けもしなくなっています。

これまで照射をやめていましたが、照射を再開すると効果がよくわかりました。
逆に言うと、照射を止めるともとに戻るので、永久脱毛の効果はないと言えます。

指毛やら腕毛やらは相変わらず2ヶ月に1回くらいの照射でほとんど生えてこないので、特に気にすることもなく気がついたら照射している感じです。

まとめ

7ヶ月間、ケノンを髭に照射してみてわかったのは、薄くなるものの、永久脱毛の効果はないということです。
髭以外の弱いムダ毛には効果はあるのでおすすめです。
ですが髭だけは別格の強さで、ケノンでは脱毛しきれないので、それ目的で買うのはおすすめしません。

気が向いたら予算10万くらいで永久脱毛にいきます。
永久脱毛後半年間一切髭剃りをしていない状態の画像を見たが、黒く細い気がけっこう生えていました。

あの程度の毛ならケノンも効果を発揮すると思うので、その時にまた役に立ちそうです。

ケノンやめた 使わなくなったので買取してもらった いらないと思った理由など

家庭用フラッシュ脱毛器ケノンを購入し、1年ほど使いましたが、もう必要ないと感じたので売却しました。

前の記事にも書いたように、ケノンでは髭の脱毛はとても不可能です。
湘南美容外科に行って、アレキサンドライトレーザーを照射してもらってやっと髭の永久脱毛が出来ました。

湘南美容外科で髭の永久脱毛を受けてきた感想や経過 鼻下/あご/あご下 4年間回数無制限コース
俺はここ数年、とにかく髭に関して悩んできた。 特別濃かったり、生える範囲が広いわけではないのだが(頬やもみ上げや首には生えていない)、...

ケノンでは永久脱毛は不可能

ケノンはどこの部位の毛であっても基本的に永久脱毛の効果はないように思います。

私は腕毛、指毛をよくケノンで脱毛していましたが、2ヶ月くらいでだいぶ生えてきます。
そうなったらケノンを引っ張り出して20分くらいかけて照射する必要があるわけですが、私はそれがめんどくさく感じてきました。

使わなくなったので、売却してお金にしてしまったほうがいいと考え、売りました。
やはり髭にしろ腕毛にしろ指毛にしろ、永久脱毛をしたいならケノンではなく、湘南美容外科などにいって、アレキサンドライトレーザーなどの強力なレーザーを照射してもらったほうがいいと思います。

10回くらい通って8~10万くらいなので、ケノンよりは高いです。
痛みもかなり強いですがほんとに「永久」脱毛なので良いと思います。
(もしかしたら10年くらい経つと生えてくるかもしれません。
この場合はそれも「永久」脱毛に含めます。)

ケノンは永久脱毛ではなく「2ヶ月~半年脱毛」くらいの感じです。

ケノンは公式を見ると宣伝文句として
「病院に通うめんどくささなし!」
と謳っています。
ですがやはり、病院にある、冷蔵庫みたいに巨大なアレキサンドライトレーザーの威力は確かなものです。

剃るか除毛したほうがいい

時間をかけてケノンを照射するより、風呂に入ったときなどに剃刀などで剃った方がいいと思いました。

毛は剃ると濃くなります。
それが嫌な場合は薬局で500円で除毛フォームを買って、10分ほど放置すれば綺麗に除毛できます。
個人的には剃るよりも除毛したほうが、剃刀の届かない(?)レベルの毛まで取り除けるのでおすすめです。
ただし除毛フォームはタンパク質を溶かすものなので、皮膚に負担はかかります。

どちらにしても、ケノンよりはるかに安く手軽に済みます。

まとめ

以上の理由で、私はケノンを約2年使った後、手放しました。

これからは、指毛や腕毛や腹毛は、お風呂に入ったついでに剃刀や除毛フォームでなんとかします。
指毛がどうしても気になったら、湘南美容外科の8万くらいの、手の脱毛10回コースみたいなのに行く予定です。

繰り返しになりますが、ケノンは永久脱毛の効果はないものの2ヶ月間くらいはきれいに脱毛できます。
色々と役に立ったことは間違いありません。
私はケノンを1年続けたおかげか、今も腕毛はかなり薄いです。

私は2ヶ月に1回さえもケノンで照射するのがめんどくさくなったので売却しました。
ケノンの購入は、用途とやる気に合わせて、よく検討しましょう。

やっぱりケノン買い戻したい

数年前に髭の永久脱毛を始めてから、髭がほぼ全く生えなくなって快適な毎日を過ごしています。
ですが、腋毛や乳輪毛やVIO(チン毛ケツ毛)などのムダ毛は残っていて鬱陶しいです。

この部分を書いているのは2019年05月27日ですが、やっぱりケノンを買い戻したくなりました。

上に、大体のむだ毛は剃刀と除毛フォームでなんとかなる、と書いていますが、剃刀も除毛フォームもどうせめんどくさいし、皮膚への負担が強いです。
ケノンはそれらより多少時間がかかりますが、確実に、綺麗に脱毛でき、生えてこない期間もとても長いです。

ケノンは髭、VIO、腋毛には効果は薄いですが、指毛、腕毛、すね毛、乳輪毛などには効果抜群です。
最後に照射して1年半以上経ちますが、腕毛は未だにかなり薄いです。

すね毛には照射してこなかったですが、自分はかなりすね毛が濃いので、買い戻して照射したいです。
おそらく6ヶ月程度でほぼ完全になくすことができるはずです。
脚は照射範囲が広いのでかなり面倒ですが、映画でも見ながらやればいいだけの話です。
もみあげも、カットした後が青くなるので、照射したい。

ケノンとアレキサンドライトレーザーの比較

https://onamomi22.com/wp-content/uploads/%E6%AF%9B_1550316119.jpg

私はケノンも、湘南美容外科のアレキサンドライトレーザーによる脱毛(髭)もどちらも経験しているので、比較しました。

ケノンもアレキサンドライトレーザーも使い所が重要

湘南美容外科の髭の永久脱毛4年間無制限コース(7万円)で、これまで髭にアレキサンドライトレーザーを12回照射しましたが、アレキサンドライトレーザーには『完全な』永久脱毛効果は無いように感じました。
確かに『剛毛』は一生生えてこなくなるはずですが、黒い産毛はいずれ生えてきます。

事前に予測していたように、結局それにはケノンで対応するしか無いのかなと思います。

腋毛、チン毛マン毛、ケツ毛あたりは髭とほぼ同じくらい毛根が強いため、ケノンじゃどうしようもありません。
それらにはまず病院でアレキサンドライトレーザーを6~10回ほどあて、数年後黒い産毛が生えてきたら、数ヶ月に一回家庭でケノンをあてる、というのがいいかと思います。

逆に言うと、黒い産毛程度の毛なら、わざわざ病院で数十万円を払ってアレキサンドライトレーザーを当てる必要はないということになります。

よっぽどの剛毛じゃない限り、腕毛、手毛、脚毛、足毛、腹毛あたりはそこまで毛根が強くないので、根気よくケノン打ってればほぼ無くせると思います。
その後もずっと3ヶ月~半年に1回ほどケノンを当てる必要はありますが、その頻度はどんどん下がり、いずれは年一程度でよくなるはずです。

だから、全身の毛をなくしたい場合でも、病院などで全身脱毛コース(50~100万円くらい。)をやるのはもったいないです。
上述のように、腕毛や足毛などの弱い毛はケノンで十分に半永久脱毛ができるからです。
ケノンで無くせる程度の毛にまで、高いお金を出してアレキサンドライトレーザーを当ててもらうのは色んな意味で無駄が多いかと思います。

腋毛は髭やチン毛より微妙に弱いからか、ケノンを打ちまくっていた当時はほぼなくせていました。
ですが腋毛は、腕毛や足毛よりは当然強い毛なので、今は普通に生えてきています。

ケノンもアレキサンドライトレーザーも、使い所を見極めるのが重要というのが私の結論です。

ニードル脱毛

または、高くて痛いけどニードル脱毛で毛穴一つ一つに針刺して確実に毛根を殺す方法もあります。
ニードル脱毛はやるつもりがないので詳しく調べていませんが、本当に一生モノの永久脱毛効果があるようです。

ですがかなり時間がかかるようです。

髭や腋毛ならまだ、ニードルを毛穴一つ一つに入れていってもすぐ終わりそうですが、腕毛や足毛に照射してもらうのは途方もない印象があります。
やはり私は、腕毛や足毛のように広範囲で、毛根が強くないムダ毛の場合は、ケノンでいいと思います。

湘南美容外科の腋6回コース(アレキサンドライトレーザー)は3,800円と安いので、近々髭の永久脱毛のついでに受けに行こうと思います。
追記:2019年05月27日現在、2回照射してもらいましたが、すでにかなり無くなっていて大満足です。
3,800円は破格ですし、やはり腋毛はケノンじゃなくアレキサンドライトレーザーをあてることをおすすめします。

乳輪毛は6回28,750円ですが、乳輪毛は弱く、ケノンを照射していた頃はほぼ完全になくせていたので(なぜか今は復活していますが)、ケノンを買い戻して照射しようと思います。

まとめ

風呂に浸かってるときチン毛と乳輪毛が海藻みたいに漂ってるのを見ると、なんとも言えないムカつきがあります。
チン毛ケツ毛チク毛ワキ毛ハラ毛はなくしたいものです。
というか、鼻より下の毛はすべて必要ないと考えています。

なので、最終的にはVIO(チン毛ケツ毛)も永久脱毛したいと思います。
いわゆるパイパン(この言葉、口に出したくない)またはハイジニーナ?になり、もしかしたらセックス時などに問題になるかもしれないので考えてからにしますが。

私は特別剛毛ではないですが、とにかくムダ毛というものを不快に感じる性質なので、できる限りなくしてクオリティ・オブ・ライフを上げたいものです。

最終まとめ

これが最終まとめになると思うのですが、総合的に見てケノンは素晴らしいです。
髭、腋毛、VIOなど強すぎる毛には効果が薄いというだけで、腕毛やすね毛など弱い毛には半永久脱毛レベルの抜群の効果を発揮します。

繰り返しますが、強すぎる毛は、湘南美容外科などで7~10万円程度でアレキサンドライトレーザーをあててもらえばいいだけです。
ケノンで全て完結させようとするのではなく、ケノンと病院のアレキサンドライトレーザーを適材適所で活用していくのが重要です。

自分はいずれケノンを買い戻すと思います。
さすがにその際にはこれ以上追記はしません。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

関連記事

湘南美容外科で髭の永久脱毛を受けてきた感想や経過 鼻下/あご/あご下 4年間回数無制限コース
俺はここ数年、とにかく髭に関して悩んできた。 特別濃かったり、生える範囲が広いわけではないのだが(頬やもみ上げや首には生えていない)、...
Panasonic ソイエ ES-ED61-Vで髭脱毛 感想や経過 効果なし 激痛 出血 出来物 化膿 炎症 すね毛 指毛太もも毛等も薄くならない
2ヶ月ほど前から、『パナソニック 脱毛器 ソイエ』で口髭と顎鬚の脱毛をやってみているのだが、効果があるのかないのかわからない。 とりあえず...
身だしなみ用品のレビュー(評価)  SALONIA SL004S TC395-A HC-FW26-A サラシェ ES2235PP-A ガラス製の爪やすり 等
髪 Barong ウェーブアイロン 3連バレル 19mm ここ数年、外出するときは必ずGATSBYのセット&キープというヘアスプレー...
error: