女同士(レズ、百合)の恋愛や性行為が好きなのに男根が出てこないと感情移入できないというジレンマ

何度も書くように俺は『男は糞。女は神。』という思想だ。

だから俺は女友達同士の恋愛や性行為が至高だと思っている。
なのに俺がレズビアン・ビデオやレズビアン・エロ画像をほとんど見ないのは、結局男根が出てこないからなんだろうな。

男根が登場しないと、感情移入ができない。
男は糞だし嫌いだけど、男根だけは感情移入のためのものとして必要。

ふたなりこそ至高

だから、顔、体つき、声は女なのに、男根が生えている『ふたなり』が好きなんだろう。

ふたなり×女、ふたなり×ふたなり、何にしても、女性的な見た目と精神性の交流の中に、ただ一つ男性的なものとして『男根』が登場する。
結局のところ俺が感情移入するのは男根だけでいい。
つまり、俺は男根に強烈にアイデンティティを覚えている、ただの性欲の塊だということだな。

ふたなりに関しては、『本当に女にちんぽが生えている』という意味でのリアリティを求めるので、二次元こそ至高だ。
疑似ふたなりAVはだめだ。

本当にリアルなふたなりとなると、現実に存在する半陰陽、両性具有、性分化疾患となってくるが、それらは当人が苦しんでいて、とても性の対象にしていいものではないので除外。

男根以外の男性的なものに感情移入できない

俺は男だが、AV男優や、二次元エロ画像に出てくる竿役の色黒ハゲマッチョのっぺらぼうなどの『男らしいもの』に感情移入できない。
感情移入どころか、男らしいものはこの世からなくなれと常々思っている。

それは多分、俺の思想もあるが、その思想の根底として、俺が生まれつき男らしい『見た目』に生まれなかったのもあるのかなと思う。
俺は色白だし(焼けない体質)、ガリガリだし(ハードゲイナー=食べても太れない体質)、顔も、自分で言うのもなんだがちょっと女っぽい。
それらは別に自分でそうなろうとしたわけではなく生まれつきだ。
(髭の永久脱毛や二重整形はまさに自発的にやったことだが、『顔にマッチさせるため』なのでやはり生まれつきのものが重要。)

だから、色黒マッチョなどの男らしいものには感情移入できない。
正直、劣等感を覚えるというのも大きい。

ふたなり好きとフェラチオ好きと男根

でも男根には感情移入できるので、上に書いたふたなりモノだけでなく、フェラチオものもかなり好きだ。
全体的に男らしくない俺が唯一男らしさを感じられるのが男根ということなんだろう。

だから俺にとってエロに登場する『男性的なもの』は『男根』だけでいい。
もしかしたら、ふたなり好きやフェラチオ好きの人は、俺と似た思考回路や体から、そうなった人も多いのかもしれない。
そういう意味で、ふたなり好きとフェラチオ好きは層がかぶっていたりもするかもしれない。

ちなみに百合好きの女性に言わせれば、男性的なものはすべて下品なので、ふたなり娘の介入など論外らしい。

百合カップルの間に男が入るのは論外だと言うのも、現実のビアンの人らの間でも、二次元百合好きの間でもよくきく。

百合カップルの間に男が入るなというのは同意だが、どうしてもハーレムが好きなので、レズ女二人(この場合はバイか)にWフェラされながらその女同士もキスするとかは最高だ。
性癖暴露しすぎた。

その場合は別に百合カップルを邪魔してるわけではなく、女2男1での複数恋愛(ポリアモリー)と言えるので、誰も損しないしいいじゃないかと思う。

百合好き男は究極の女好き

百合好き、レズ好きの男というのは、当然男嫌いが多いと思うが、それは逆に言うと『究極の女好き』と言えると思う。
女が好きすぎて、女だけの世界を求めている。
俺は24歳まで童貞だったし、現時点では経験人数も一人だが、潜在的には究極の女好きである。

同時に俺は常々、ふたなり娘に転生したいと思っている。
(男根以外の)男らしいものが嫌いなので、男の姿ではなく、ふたなり娘の姿で、女性と恋愛なり性行為がしたい。

だが現実でふたなり娘に転生することは無理だし、女装して女と性行為するのも、パス度が納得行くまで上がりきらなくて気持ち悪いと思う。
なので男の姿のまま、現実で、今はまだ潜在的な『究極の女好き』をなんとか顕在化させ、女と恋愛なり性行為がしたい。
きもすぎた。

まとめ

ちなみに、俺くらいふたなりへの探求を続けていると、もはや男根は男性器ではなく、『中性器』ではないかと思えてくる。
詳しくは関連記事1番目参照。

関連記事
体くらいの大きさの巨大なちんぽは男ではなく女(ふたなり)についていないと逆に違和感がある不思議 ちんぽは本来男性器ではなく中性器
男は糞。女は神。男は自由だが女は不自由で人生ハードモード 穴モテ、処女、髭林ちほ考
男は糞 世の女性の大多数が男性を好きなのが理解できない 百合至上主義、おねショタ至上主義、ふたなり至上主義

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみへのお問い合わせ
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など
髭林おなもみのTwitter

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加