男だけど男が怖いので関わりたくない 男同士の友情こそ成立しない 競争、張り合い、マウントの取り合いになる

俺は今年に入ってからやたらと、
「男は糞」
「男が嫌い」
と言いまくってきた。

俺は男だが、ここ最近本当に男が怖くて、気持ち悪くて、関わりたくないという気持ちがどんどん強まっている。

女を貶す男とは関わりたくもない

少し前に、『自己啓発的人間関係より下品なホモソーシャル的人間関係がうまくいっている』という記事で、

最近は、自己啓発などの込み入った話ができる人よりも、とても女性やフェミニストには見せられないような女性蔑視的下ネタを対等に話せる男性との関係が最も安定してうまくいっている事に気づいた。

なんていうことを書いたが、大間違いだった。

俺はその記事に出てくる男と少し前まで仲が良かったが、あまりにも女性蔑視発言がひどいので、嫌になって、今は話していない。

その男に限らず、俺の知り合いだった男の殆どは、話すとすぐに女性蔑視的になる。

男同士で話すとすぐに、
「あの女とまたやりたい」
「別に好きじゃないけど告る」
「女は便器。まんこはオナホ。」
やら、女性をモノ扱いしたような下品な会話になる。

俺は最近『女は神。男は糞。』という大前提のもとに生きているので、もうそういった話を聞くのも嫌だ。
だから最近は、一部の男性を除いて、ほとんど連絡をとっていないし、ツイッターのフォローなども外した。

彼女が出来たときなども、そういう男に報告するとどんどん女性蔑視の話に引きずられ、彼女との関係性までよくないものになっていきそうな気がする。

そういう男と縁がつながってしまっていたのも、これまで俺が女性蔑視的だったせいなのだが。
今後はそういう男を引き寄せないように気をつけたい。

男同士の友情こそ成立しない 競争、張り合い、マウントの取り合いになる

「男女の友情は成立するのか?」
という問いがよくあるが、人によってはむしろ、男同士の友情こそ成立しないんじゃないかと思う。

生物学的にも、男(雄)同士というのは雌を奪い合って競争する性だ。
どれだけ仲の良い男同士でも、同じ女を好きになったりでもしたら、お互いが敵になる。
(あくまで原則として。
エリック・クラプトンに妻のパティ・ボイドをとられても友達関係を続けたジョージ・ハリスンのような男もいるので例外はある。)

それの延長線上なのかはわからないが、経験上、男と話すとすぐにマウントを取ってこられる事が多い。

例えば、
「俺の今の彼女はかわいくて巨乳」
「ハーフの処女とやったことあるよw」
など。

そういうのを聞かされるたび、野生動物の雄が、他の劣等した雄にマウントを取り、周りのメスに自分の強さをアピールしている構図を想像する。
それの人間版が、上述のような言葉でのマウントや、学校内での男同士のいじめである。

俺は童貞時代、処女を貫通させたと話す男を見ては、胸がどす黒いきりに締め付けられたようになって苦しんでいた。
ドラクエ10をやっていた頃なんか、コミュニティ内で仲のいい男女が、俺を小馬鹿にして場をもたせるという『ひょっとこ』事案もあり、その時は俺は怒りを爆発させ大量飲酒しノートパソコンを破壊した

今は童貞ではなくなったので、上述のようなマウンティングによる苦しみはその時よりはましだが、やはり気分は悪い。

ここまでをまとめると、男と話すと、何かと気分を害することが多いということである。
最近は女性と話すことが前より増えたが、女性と話していると上述のような不愉快なことは起こらない。

『女は神。』という前提を理解していない人間は男であれ女であれ糞

もう何度も書いているので説明するのがめんどくさいが、とにかく大前提は、
『女は神。男は糞。』
ということ。

その理由は、ジェンダーの話から、精神の話から声の話から色々あるが、面倒なので割愛。

糞である男は、『女は神。』という前提を頭でわかっていようがいまいが、自然に、女という美しい存在を求め必死をこく。
斎藤さんやマッチングアプリで、大量の男が一人の女に群がる、精子戦争のような構図を見れば一目瞭然だ。

女は神と言っても、糞である男が悪いと言っているのではなく、『糞だからこそ自由』など、メリットもある。
神ゆえのつらさもある。

糞があるから神があり、神があるから糞があるという、対比の話なので、
「糞である男は存在さえもしないほうがいい」
ということではない。

ただ、
「糞であることを自覚しろ」
ということを思う。

男も女も、『女は神。』であることを理解していないと話にならない。

上述の女性蔑視男にしてもそうだが、
『糞である男が、神である女をモノ扱いしている』
というのは、根本から間違っているので気に食わない。

そして、
『自分が神だと理解しておらず、糞みたいな男に屈服してしまう女』
もまた糞だ。

『女は神。』であることを理解した女は、男という糞な存在に、少なくとも屈服はしない。
『女は神。』であることを理解した男が、女を馬鹿にできるわけがない。

よって、
『クソ男』とは、女が男より偉いということをわかっていない男のことであり、
『クソ女』とは、女が男より偉いということをわかっていない男に屈服する女

のことである。

男の目つきが怖い

先日の一日名古屋徘徊でナゴヤドームに行った時、地下鉄の駅から地上に上がるスロープに、中日ドラゴンズの選手の顔が画廊のように並べられていた。

俺は歩きながら選手一人ひとりの顔、特に目をよく見ながら、
「誰とだったら良い友だちになれるだろう」
と考えていたが、結局一人も、友だちになれそうな人はいなかった。

男の目の奥にはケモノのような攻撃性が潜んでいるように見える。
女性的な顔立ちの人もいたが、目つきはやはり男だ。

その攻撃性が、上述のような、男同士でのマウンティングや、女性蔑視につながるような気がして、恐ろしかった。
(スポーツ選手は男性ホルモン(テストステロン)が多く、特にそういう目つきの人が多いらしい。)

俺が思う、優しそうで、安心できる男性は、著名人で言うと草野マサムネさん、藤井聡太さん、りゅうちぇるさん、あたり。
3人とも、目つきが女性的で、攻撃的なものを感じない。
他にも、ミュージシャンなどにはそういった優しそうな男性が多い。

特に草野さんは、俺が思う理想の男性で、こういう人こそモテまくるべきだと思う。
正直俺が女だったら草野さんのような男性以外に全く興味がないだろう。
(実際接してみるとどうかはわからないが。)

性転換願望

同じく名古屋徘徊のときに、栄駅で、巨漢の変質者が女子高生に話しかけていて、女子高生は見るからに怯えていた。
名駅のソフマップのエロゲコーナーには、障害者一歩手前のような、性欲が人の皮を被ったようなオタクが溢れていた。

みんな、女体が恋しくて仕方がない、性欲の権化のような佇まいをしていた。

俺も女体が恋しいし、むしろ人並み以上にその欲求は強いのかもしれないが、そういう人たちのことは見ていて怖い。
知的障害者が処女をレイプした、なんていう話を聞くと、言葉に出来ないほど苦しい気持ちになる。

だから、
「男が怖い」
「男が自分に性的な目を向けていることが気持ち悪くて仕方がない」
という女性の意見はよくわかる。

別に、
「男は怖いよね、俺も男だけどわかるよ、でも俺は怖くないよ」
と言って擦り寄りたいわけではない。

俺は10代のときにタルパ(女性)を作っていた名残か、自分の中の女性人格(アニマ)が強く、それが、上述のような性欲狂の男たちに怯えているような気がする。
だから、人格だけでなく体も女性の人の恐怖心というのは半端なものではないんだろうなと思う。

いくら自分の中の女性の視点が強くても、俺の体は男なので、夜道を歩いても襲われることはまずない。
そのことをなぜか、悲しいと思う時がある。

俺は昔から、女を求めるのを通り越して、自分自身が女になってしまいたいという願望がある。
性転換願望、ふたなり娘に転生したい願望だが、それが叶わず、所詮はどこまで行っても男という糞として生きるしか無いという現実が、この苦しみを生んでいるんだと思う。

LGBT

この記事では、ホモやレズや性同一性障害など、LGBTについては触れなかった。
最近は、LGBTについてはよくわからなくなっている。

少なくとも言えるのは、『女は神。男は糞。』というのは身体性別の話ではない。
体が男でも、心が女なら神。

だからショタにも、ママーと言って甘えたい。
きもすぎた。

まとめ

以上のようなことを言いながら、俺も相変わらず女性には怖がられる事が多い。
これまで、ややこしい話ばかりして人とわかり合おうとしてきたので、どうしても口調や話の内容が対男性向けになっている。

たぶんこの記事も、興味を示すのは男で、女受けは絶対に悪い。

だが今後は、一部の上品な男性を除いて、できるだけ男性との接点は減らしていきたいと思っている。

女性と(性的なこと関係なく)普通に仲良くできる人格にしていきたい。
おそらくその方が彼女もできやすいだろう。

結局下心になってしまったが、まぁそんな感じです。

関連記事
男と仲良く出来ない男や、男友達が少ない寂しい男がモテない理由 雄として欠陥している
男は糞。女は神。男は自由だが女は不自由で人生ハードモード 穴モテ、処女、髭林ちほ考
男は糞 世の女性の大多数が男性を好きなのが理解できない 百合至上主義、おねショタ至上主義、ふたなり至上主義
精子戦争と卵子戦争 一人の女に複数の男がむらがる 女を取り合い争う 斎藤さんや出会い系など

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみへのお問い合わせ
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など
髭林おなもみのTwitter

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加