シュガーフリー(砂糖断ち)実践 1週間目 禁断症状が出てきた 氷砂糖舐めたい

前の記事
グルテンフリーに加えて砂糖断ち(シュガーフリー)も実践してみる 健康オタクは宗教的で気持ち悪いという話について

グルテンフリーに続き、今月1日からシュガーフリー(砂糖断ち)を始めた。

今日で1週間になるが、禁断症状が出てきた。
甘いものが食べたくて仕方がないという状態だ。

急に食べたくなった

開始してから5日くらいは、食べたいとも思わなかった。
普通にご飯を食べて、それ以外は水を飲んでいただけ。
お菓子を食べたいという気持ちも出てこなかった。

昼夜逆転していたからかもしれない。
昼夜逆転していて、ブログ作業にも集中していたので、食に気持ちがいかなかった。

ブログ作業が終わり、ちょうど昼夜逆転も治った。
睡眠で時間をムダにすることもなくなって、時間に余裕ができたので、食に意識が向かっている。
それで、禁断症状のようにお菓子が食べたくなってきたんだろう。

シュガーフリー1週間で出た効果

とりあえずこの1週間、砂糖を食べずにいたことで、体に少し影響があった。

舌苔が減り、口の中の気持ち悪さが減った。
俺は寒い時期になると鼻炎が悪化し舌苔やら口の中の気持ち悪さが出てくるのだが、砂糖を食べていないからかそれがだいぶましだ。

季節関係なく、甘いものを食べると口の中がざらついて鬱陶しいが、それは間違いなく無くなった。

気持ちのいいことだが、目に見えた効果はそれくらい。
睡眠時間も、寝覚めも変わらないし、精神状態も変わった気はしない。

あと、シュガーフリーを実践すれば自然に食欲が収まって大食いすることがなくなる、ときいたが、むしろ甘い物の食べたさで、実践前以上に食欲がある気がする。

1ヶ月位続ければそういったこともなくなり、もっと良い効果が出て、禁断症状のようなものもなくなるんだろうか。

まとめ

とりあえず今は、お菓子を食べるのを我慢していて、ストレスになっている。
グルテンフリーはストレスなく実践できているのでいいが、シュガーフリーは俺にはストレスになるようだ。
お菓子を食べまくるのは問題だが、ストレスを溜めるのも問題だ。

かといって、またみたらし団子やうまい棒を大量購入してどか食いするのもどうかと思うので、氷砂糖を買ってみようと思う。
氷砂糖なら安くて保存も効くし、血糖値の上昇も緩やかだそうで、眠気なども弊害も少ないはず。
結局俺は、甘いものならなんでもいいんだろう。

というわけなので、シュガーフリーは近々やめると思う。
グルテンフリーとカゼインフリーは相変わらず続けます。

関連記事
際限なく甘いものが食べたくなるので氷砂糖を舐めた メリットとデメリット
グルテンフリーに加えて砂糖断ち(シュガーフリー)も実践してみる 健康オタクは宗教的で気持ち悪いという話について

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみへのお問い合わせ
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など
髭林おなもみのTwitter

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加