執着を手放すには極限まで執着しきること 手放すのも満たすのも結果的には同じこと

人は生きている限りあらゆる『欲』がありそれが苦しみの根源だが、欲がなくなったら死んでしまうので必要なもの。

欲とは『満たされていない状態』『不足している状態』。
執着とは、欲が満たされていない状態が慢性化した状態だと個人的には思っている。

欲を抱いてすぐに叶えば苦しみは少ないが、実際なかなか叶わないからつらく、執着になり、どんどんそれに囚われていく。
だから、願望のほとんどは執着と言いかえられるんじゃないだろうか。

で、どうすればその執着の苦しみから開放されるかだが、結局は『手放す』しかない。
手放すしかないのだが、すぐに手放せたら誰も苦労はしない。

俺の経験から言うと、執着を手放す方法は『極限まで執着し切る』こと。

処女への執着

俺は人よりも欲が多い、つまり執着が多い人間だ。
中でも大きな執着はいくつかあるが、ここ最近手放せたのは『処女への執着』。

俺は14歳から10年間処女厨を続け、今年の1~3月が執着と苦しみのピークだった。

「処女とやったことあるよ」
と言う男の話を聞いては劣等感と嫉妬で胸の周りがどす黒い霧に包まれたような苦しみに苛まれたりしていた。

配信で処女について相談しまくり、やっぱりピンポイントで処女と出会うのなんか無理なんかなとか落ち込んだりしつつも、出会い系、街コン、婚活、ナンパなど、処女と出会うために行動を起こしまくった。

処女をリサーチすべきだとも思い、処女と知り合いまくったりもした。

その中の、彼氏持ちの処女に、彼氏との処女喪失セックスの話を聞かされ(自分からきいたら随時報告してくれるようになった)、
「やっとチンコ入って処女卒業したよ!」
と言われ、もう胸が張り裂けそうだった。

出会いツールによる出会いもすべてうまくいかない状態で、その処女卒業報告を聞かされた3月暮れ、あまりのショックで、本当に何かが弾けた。

「もう処女とかどうでもいいや」
と心から思えたのである。

限界まで執着しまくり、行動しまくり、苦しみぬいた挙げ句、ふっと肩の荷が降りたように、『諦めがついた』。
その感覚は今でも覚えていて、なんとも爽快なものだった。

強がりではなく、
「本当に処女とか非処女とかどうでもいいや、付き合えさえすれば良いや」
と思えたのである。

それで、執着から開放され楽になっていた矢先、実際に処女の彼女と付き合えた。
もういいやと諦めたのに、叶った。

この体験で俺は、『執着(願望)は、手放して少しした後に掴める』と確信した。

『何かを手に入れる(掴む)には、今持っている(握りしめている)ものを手放さないといけない』
と言うが、多分このことだと思う。

執着は手放すのも満たすのも結果的には同じこと

願望を実現するには、『願望を実現した状態をリアルにイメージする』ということを繰り返したほうが良いと言う。

で思ったんだが、『処女とセックスする』という願望があり、『処女とセックスした状態』をリアルにイメージするとなると、つまり『処女に執着していない状態』が浮かび上がってくる。
欲は満たすと手放せるので、『本当に処女とセックスした人は、処女に執着しなくなっている』からだ。

俺は、
『処女とセックスせずに』『処女への執着を手放した』
が、それはある意味、
『処女とセックスして』『処女への執着を手放した』状態という、願望が叶った状態を超リアルに再現していたのかもしれない。

わかりづらくなったがつまり、
『処女と実際にセックスしてもしなくても、手放してさえしまえば同じこと」
ということ。

お金で例えると、本当にお金に満たされたお金持ちというのは、お金に執着していない。
そして、お金は全く持っていないが、お金への執着を完全になくせた坊さんなども、お金に執着していない。

実際にお金持ちの状態を経験したかどうかという点では異なるが、どちらも『お金に執着していない』という点では同じだ。

『欲』ならなんでもそうだが、『欲がある状態』『執着している状態』がつらいのであって、手放せてさえしまえば、実際に叶えようが、叶えてなかろうが、平等に楽なんだと思う。
実際に叶えるかどうかは本質ではなく、『完全に手放せるかどうか』が本質なんだろう。

叶えて手放すか、叶えず手放すか

実際に叶えることで欲(執着)を手放すのが、西洋方式(願望実現方式)。
実際に叶えず、欲(執着)を手放すだけなのが、東洋方式(悟り、解脱方式)というらしい。

前者はある程度つらいが、俺は前者を選んでいきたい。
後者をやってもつまらない。
まぁどちらもバランスだが。

それに、前者のプロセスの中でも結局、俺の処女への執着のように、一度強烈に手放す時が来る場合もある。
手に入れるために死に物狂いでイメージや行動しまくった後、手放せる時が来る。

手放した瞬間というのは後者的だが、その後少しのタイムラグがあって、『実際に実現できる』ので、結局前者ということになる

ただ間違ってはいけないのは、真のお金持ちはお金に執着していないが、最初からお金に執着していなかったわけではないはずだ。
俺が処女に執着したように、死ぬほどお金に執着しきった時期があり、結果満たされ、執着しなくてよくなった、という流れのはず。

だからやはり、同じ『執着していない状態』でも、『それに至る(執着を手放すまでの)過程』が重要。
最初からお金に執着していない状態では、実際にお金持ちにはなれないと思う。

執着は手放すには極限まで執着しきる 限界を知る

結局何が言いたいかと言うと、
『手放すには、やりきる必要がある』
ということ。

特に何もやっていないのにジワジワと執着だけがあり、その状態で、苦しいから手放そうとしても、『手放しきれない』。

「もう無理だ」
というところまであがいてみた時、自分の限界を知れるのか、本当にフラットな気持ちで手放せる。

手放して少しした後に、実際に手に入ると書いたが、本当は、手に入る必要もない。

手放した時というのは、
「本当にいらない」
と思えている。

「できれば手に入ったらいいな」
とさえも思わない。

本当に執着を手放せた瞬間の感覚というのは、そんな感じだった。

でも、そんな状態に至ったときに限って、本当に手に入ってしまう。
強い願望が叶う時というのはそういった不思議な状態なんだなと。

まとめ

まぁこの話は、本当に強い願望・欲望・執着を、実際に現実世界で実現したい人のケーススタディだと思ってください。
もっとスマートに叶えられる人はいるだろう。

だがやっぱり人には、
「これだけは譲れない」
「これだけは何が何でも叶えたい」
という『執念』のようなものがないとつまらない、人生面白くない。
それは多分、『因縁』というか『業』のようなもので、人それぞれ違う。

それはめちゃくちゃ苦しいが、最近それが楽しくも思えてきた。
俺は人にはSっぽいと言われるが、そういう点に関してはドMかもしれない。

だから俺は、何かに執着しまくっている人が基本的には好きだ。

そんな感じで俺は今、また別のなにかに執着してるんですが、これも、全力でやりきり限界を知るところまでまず行ってみようと思う。

そこで手放せるか、手放した後手に入るか、手放しても手に入らないかはわからないが、どちらにせよ
『やりきる』
ことが重要。

関連記事

どうでもいいと思えるとうまくいく 執着を手放すと恐怖が消える
かなり前に 「どっちでも良いとばかりこたえる受け身の人間」 という、何して遊ぶと言った時にどっちでもいいと投げやりに答える人(主に地元の...
自分が本当にやりたいことなら本気でやる、自分を限界まで追い込む必要もある
自分で稼いで実家を出る、童貞を捨てるという二つの目標を死に物狂いで達成して燃え尽き、ココ最近はとにかく楽に、肩の力を抜いて目標を達成すること...
目標を設定した後はひたすらイメージや行動を積み重ねればいずれ必ず節目(転換期)が来て大きな出来事が起こる
タイトルの通り。 前からなんとなく気づいてたことだが、最近確信に変わった。 最初はうまくいかなくても、とにかく何度も何度も行動やイメ...

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする