目には人格が表れる 神経質/鈍感 劣等感/攻撃性 動揺しやすさ 抑圧 怒ったときの表出の仕方など

少し前、某会社の某社長のYoutube動画をある人と見ていた時に、
「某社長やその取り巻きがみんな『神経質な目』をしている」
という話になり、その後色々と考えていた。

かなり前から漠然と思ってたことだが、やはり目にはその人の人格(性格)のすべてが現れる。
目を見れば大体その人のことが判断できるし、何も隠すことができない。

目つきに人格が刻み込まれていく

一重とか二重とか、表面的な形状や美醜はどうでもよく、目つきや目の奥のようなものが重要。
長年の人格の癖、思考の癖が、目つきや目の奥に蓄積し刻み込まれていく。
その人が世界(自分を含む)をどういう目で見ているか、とも言えると思う。

だから当然、数年前と今とで人格が別人のように変わっていたり、世界の見方が変わっていたら、目つきも別人のように変わる。
(生まれつきの形状に人格が引っ張られていくという可能性もあるとは思う。)

普通、よっぽど鈍感な人間以外、人を見る時はその人の『目(目つき)』で判断しているはず。

意識に上げるかは別として、人の目を見てなにげなく、
「いい人そうだな」
「いやだな」
「今この人はこう思ってるな」
とか、感じるはずだ。

人と話すときに目を見て話すのもそういうことだと思う。
顔の美醜を判断するには、鼻や口や輪郭などのほうが重要だが、人格や精神状態を判断するには目が最も重要。

目つきでわかること

人の目について、気にしない人はほとんど気にしないんだろう。
俺のように感受性や恐怖心が強い人間は、普通以上に他人の目を観察していく必要がある。

そういうことを繰り返しているうちに、目つきを見ればその人の人格がだいぶわかるようになってきた。
昨晩、著名人やインスタの知らない人の目を、改めて色々見て試行錯誤したが、おそらくほとんど間違いはない。

写真よりも動画、動画よりも実際に会ったほうがよくわかるが、写真でも数枚あれば十分判断できる。
基本的には、無表情のときの目と、笑顔のときの目の最低二種類の写真があればいい。

鼻や口の印象に引っ張られないように、目より下を指で隠すといい。

目を見れば、大体以下のことがわかる。

・神経質か鈍感か
・他人の気持ちがどのくらい汲み取れるか
・男性的か女性的か
・人生や生活がつらそうかどうか
・傷つきやすいかどうか
・怖がりやすい(怯えやすい)かどうか
・動揺しやすいかどうか
・執着しやすいかどうか
・コンプレックス、劣等感の強さ
・攻撃性の強さ
・自己主張するほうか自己犠牲するほうか
・性欲の強さ
・怒りやすいかどうか
・怒った時にどういう表出の仕方をするか

・(それら、攻撃性やつらさや傷ついたことや動揺を)表出するタイプか、抑圧するタイプか
・そういう自分を認めているかどうか

やたら項目が多くなったが実際はもっと細かく色々あり、複雑に混ざり合っている。
神経質なのに他人の気持ちは汲み取れないとか、鈍感だけど執着しやすいとか、過去にはああだったとか、親がどうとか。

それらはほとんど直感やフィーリングでわかる。
多分過去に見てきた人物の目が無意識の膨大なデータベースに蓄積されていて、そこから判断してる部分もある。

初対面でも、目を見たときの直感はだいたい正しい。
話してみてあれこれ装ったり誤魔化したりしていても、話している言葉じゃなく、目や声にフォーカスを合わせればだいたい本心がわかる。

好きな目、嫌いな目 目と目の相性

当然人には好きな目と嫌いな目がある。

この場合も、一重とか二重とか上辺の形状はどうでもよく、
『この目つきをしている人の人格が好き』
という観点で判断する。

俺の場合は、草野マサムネさんと藤井聡太さんと松坂桃李さんの目が好き。
女性の場合は、どうしても美醜で判断してしまうので難しい。
この女性の目が好き、と断言できる人がすぐには出てこない。
男ならドンピシャで草野マサムネさんなんだが。

女性の目は平均的に、男性よりも神経質な人が少なく、攻撃性も少ない。
なんというか、似ている目が多い。

男性の目は平均的に、神経質で攻撃的で自己主張気味で、疲れている感じ。
(俺は男なのでフィルターがかかってる部分もあると思うが。)

男性でも女性的な目の人はいるし、女性でも男性的な目の人はいる。
(草野さんの目はけっこう女性的だと思う。)

ちなみに俺の目(SNOWで加工済み)は多少女性的かつ、苦しみやしんどさを通り越して虚無感のある目だと思う。
二重に整形しようが変わらない。

俺は目と目にも相性があると思っていて、長年連れ添ってる夫婦や長年の友達同士の目を見比べると、そういう関係になるだけの目同士という感じがある。
これは今まで意識的に見てこなかったので判断が難しいが、この目の人にはこの目の人が仲良くなりやすい、敵対しやすいというのはあると思う。
そういうことも、漠然とでいいからわかると便利かもしれない。

他にも赤ちゃんの目、盲目の人の目、人形の目、アニメ(漫画)キャラの目、草食動物の目、肉食動物の目の話など色々あるが長くなるので割愛。

『声』と『目』を知らなければその人のことはわからない

俺の人生はこれまでネット漬けだったので、人間関係はほとんどネットのものばかりだった。
つまりチャットやツイッターなど文字でのコミュニケーションということになるのだが、結局それではその人のことがよくわからない。

どうでもいい相手や、その人の人格自体が重要ではない場合は文字でもなんでもいい。
だが、本当に深くわかりたいと思った相手の場合は、顔を見せてもらうか、通話するか、リアルで会ったほうが絶対にいい。

1年くらい前から付き合いのあるネットの女友達の恋愛相談を最近もきいている。
彼氏とは最初からかなり不健康な関係に見えたが、最近あまりにも度が過ぎているように感じてきた。

その女友達の精神状態も、文字だけでもわかるくらい異様な感じになってきたので、気になって通話を持ちかけた。

昔はだらだらと作業通話などをしていて楽しかったが、最近は、人の時間を奪うのもまずいかと思い、
「5~10分だけでも話しませんか?」
と持ちかけるようにしている。

が、それ以降返事はない。
長く話してきたが、俺とは通話はしたくないのかもしれない。

女友達とのがこれで終わるなら終わるで別にいいのだが、最後に『声』が気になった。

声をきけば、大体の人格がわかる。
それに関する細かいことは別の記事にも散々書いた。

女性で内筋が強かったり、あまりにも裏声的すぎたりなど、傾向によって大体パターン分けできる。

それによって、文字だけで推測していた人格と照合でき、俺の中でだいたい納得がいったりする。
答え合わせのようなもので、それをしなければいつまでも文字からの推測の域を出ない。

百聞は一見にしかずというが、その前に、百チャットは一通話にしかず。
通話厨(?)と思われたらいやだが、チャットではなかなか相手の人格が汲み取れない。

俺はこれから、チャットだけしていても、気になった人には、5~10分の通話を持ちかけようと思う。
ネットの関係といえど相手は人なので、文字という無機質なものより、できる限り『身体』に則した情報を得たい。

分析と美醜

上述のように目にも人格が表れるので、顔写真はできるだけ見たい。

顔写真見せてもらえますかというと、顔の美醜を値踏みされると思うのか、拒む人は多い気がする。
昔は俺も顔の美醜が気になって顔写真が見たくなったことがあったが、今は違う。

とにかく『目』が見たい。

鼻や口など美醜に関わる部分はどうでもいいので、目だけ切り抜いた画像でもいいから見たい。

声とか目とか言ってるが、正直、髪型、化粧、服装、体つき、などにも当然人格は出るのだが、ネットで簡単に確認するなら『声』と『目』の二つがいい気がする。
どちらか片方でもいいが、両方ならほぼ間違いなく相手を把握できる。

最近思うが、『相手の人格を掌握(または分析)する』とか言うと、なにか恐ろしいものを感じるが、何も恐ろしいことではない。
ただ、事実に近い情報を知って安心したいのと、相手との距離をちゃんと図って、良好な関係を続けるなり、円満に別れるなりしたいだけだ。

俺は最初、自分の声や顔を分析されるのが恐ろしくて仕方がなかったが、今はほとんどそうは思わない。
勝手にしてくれれば良いと思う。

むしろ、極端に顔を見せたがらない人、声を聞かせたがらない人のほうが怖い。

まとめ

目に加えて『声』も判断材料に加えれば、さらに外れないと思う(記事下部の関連記事参照)。
できるだけ声や顔をさらしてくれる人と接したい。
とりあえず、チャットだけの関係が不健康で不確実なのは間違いないと思う。

ただ、この記事に書いてあることは、独断とか偏見とか直感とか感情論に基づいていて、信憑性や根拠はない。
あくまで俺が勝手に経験から判断していることなので、鵜呑みにはしないでください。

すごいことを言っているようで、ただ今まで自分が出会ってきた人間や観察してきた人間のサンプルを引っ張り出して投影してるだけで、ゆがみまくっているかも知れない。
勝手に過去の人物を重ね合わせて、勝手に相手に悪い印象を持って、無意識に関係を悪くしてしまう可能性もある。

ただ、外れた経験はほぼない。
人相学などを学べばもっと詳しくわかるんだろうか。

昨晩インスタで知り合いを含む一般人の目を色々見ていて思ったが、俺は今後、自分が好きな目をしている人としか関わらないでおきたい。

目を見たり、声を聞いて、直感的に、
「あ、いやだな」
と思った人とは、実際に関わってみてもやっぱり自分にとって嫌な人だ。

男の目は本当に怖い。
攻撃性が強い人がかなり多い。

今後は自分の好きな目や声の人と関わっていく。

追記:
精神科医ラカンの『対象a』という用語の代表格4つの中に『まなざし』と『声』が含まれていて面白いので、興味がある人は読んでみてください。
対象aとは – はてなキーワード

関連記事

顔が嫌いな人間の人格(性格)を好きになることはない 人相学やソンディテスト
前に、 『声が嫌いな人間の人格を好きになることはない』 という記事を書いたんだが、結局声と人格のつながりに関して明確な答えは出なかった。...
声と人格の関係性 地声と裏声のバランスと仮声帯ノイズ 幼少期の影響 ものまねや変顔ができる可動範囲 等
俺は、声はその人の『人格』そのものだと思っている。 男性と女性 自己主張と自己犠牲 仮声帯ノイズと魅力的な人格 地声(内筋)が強い人...
湘南美容外科の二重整形埋没法(湘南二重術)受けてきた感想 笑気ガス 麻酔 痛み 腫れ 経過 等
湘南美容外科の二重整形埋没法(湘南二重術)受けてきた感想と経過を紹介します。 俺は左目が奥二重、右目が一重(奥二重の幅が狭い)で、今ま...

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: