恋愛は休息 母性の強い女性に癒されたい 感傷や酒との関係

最近年下の女性の恋愛相談をきいていて、またショックというか、精神的ダメージを負ってしまった。
本人は無自覚だが彼氏に依存していて、その隠れオラオラ系(?)で、アブノーマルなセックスを強要してくるとかどうとか。
で、たぶんそのアブノーマルなセックスも受け入れてしまうんだろう。

その事で、処女卒業報告のときほどではないものの、つらくなってしまい、またカップ焼酎をイッキしてぶっ潰れていた。
ぶっ潰れていた時に、何かが弾けた。

結局、俺が求める理想の恋愛とは『休息』であり、ただただ、母性溢れる女性に癒されたいということ……。

子宮と安息

他の記事にも何度も書いているが、俺は彼女に
「ママー」
と言って甘えたい。

正直言って俺は慢性的に人生に疲れている。
小5から独我論と虚無感に苛まれている。

早く安住したい、安息したいという欲求が常にある。
何も気にせずに永久に、癒やしと安らぎに包まれていたい。

オタクが、年齢の低いアニメキャラに『バブみ』を感じて、ママと呼んだりするのが流行ったが、ああいうのを見ていても、現代人は疲れていて、安息を求めているんだなと思う。

俺は究極の安息の場所とは女性の『子宮』だと思っている。
自分が元いた場所だし、たぶん最後はまたそこに帰るんだろう。

子供は、母親のお腹(子宮)から出てくる時、母親との融合(一体化)が解除されることにとてつもない苦痛を味わうらしい。
子宮という安住の場所から追い出される苦痛でもあると思う。

そのことを最近いつも考えていて、女性を見るたびに、
「子宮を所持してるんだなあ」
と思ってしまって自分がキモすぎる。

まぁ彼女が出来ても、その子宮は俺が入る場所ではなく、赤ちゃんが入る場所なのだが……。
(その事については関連記事の、子供に妻を取られるという記事参照。)

結局、現世では子宮のような安息の場所は無いという絶望感が常につきまとうんだろう。

感傷(センチメンタリズム)

楽しく生きている人はきっとそんなことは気にしない。
だが、俺のように過去ばかり思い出す感傷(センチメンタリズム)的な人間は、気にせずにはいられない。

最近も、寒くなってきて、外にいると寂しくて仕方がない。
人肌恋しい。

そんな時に、また過去(主に10代の頃)が思い出されたりして、センチメンタリズムに陥る。
それは辛いのだが、同時に気持ちよくもあるから、なかなかやめられない。

そんで部屋に帰ってカップ焼酎をイッキして母性溢れる女性に抱きしめられている妄想にふけって、潰れて、朝が来る。

ここ数年も外に出ては感傷、酒を飲んでは感傷、という感じで、自分が気持ち悪くなってきたし、進歩もないので、とりあえず感傷はやめる。
酒は飲んでもいいが、飲みながら、未来のことを考える。

ただ抱きしめあって寝たい

昨日、俺が求める恋愛はただ『休息』でいいと気づいてから、セックスやエロいことをあまりしたいと思わなくなった。
キスもしなくていいかもしれない。

ただ、抱きしめあって寝たい。

人に言ったら、
「それ恋愛じゃないじゃん」
ということも言われた。

でも俺にとっては恋愛だ。

前に、自分が本当にやりたいこと(=仕事)をやり通すのは、どうしても疲れると書いた。
それは人生の最優先事項であり、それがなくなったら生きていけなくなるようなことであり、ときには自分を本気で追い込む必要もある。

それをやって疲れ果てた自分を癒やす、休息として、恋愛があるというのが、俺には理想だ。

どうしても恋愛は最優先事項にはできない。
恋愛は仕事ではない。
何度も言うが恋愛は、仕事での疲れを癒やす休息であってほしい。

セックスと比較

そう考えると、セックスは疲れそうだ。
『休息』からは程遠く感じる。

自分に自信がない俺は、セックス中でさえも、あとになって、うまかったとか下手だったとか、他の男と比べてしまう。
相手が比べなくても、自分が勝手に、知り合いの男を想像して比べてしまう。
処女厨時代は、処女なら俺のセックスを他の男と比べられないから安心と思っていたが、別れたら、未来の男と比べられるから同じである。

セックスもキスも二人の世界なのに、終わった後に、第三者を持ち出して比較しだすんだと思うと、『休息』や『癒やし』からは程遠い。
セックスで主に色々しないといけないのは男なので、その点つらいと思う。

それにセックスは、男が女を犯すという暴力的行為だと前から思っている。
セックスをする以上どうしても、母性や子宮を攻撃し、屈服させるという構図からは逃れられない。
男である以上俺もそういった欲求はあるが、最近それが後ろめたい。

俺はただ、母性溢れる女性に抱きしめられて眠っていたい。
酒が入ってればなおいい。
酒が入っていればチンコも勃ちにくいし、不純な気持ちにもなりづらい。
俺の場合、緊張も解けやすい。

彼女と宅飲みして、お互い酔っ払って、抱きしめ合って寝る、それだけでいい……。
最近そんな妄想ばかりしている。
きもすぎる。

俺はプラトニックにはなれないが、とにかく最近はハグのほうがしたいと思えてきた。
ハグならうまいも下手を比べられることもないだろうし。

比べてしまってつらいなら、セックスはしないほうがましだ。
まぁ、比べられても気にしないほどうまくなろうという気持ちもあるんだが。

まとめ

こうやって自分の欲求ばかりにフォーカスして書いているが、そろそろ女性がどう思っているか真剣に考えようと思う。

例えばこの記事の内容だと、女性は、俺のような男を母性で包みたいと思うんだろうかとか。
女性にどういう理があるんだろう。
自分の子供なら母性で包みたいだろうが、彼氏や旦那を母性で包む必要があるんだろうか。

そんな事を考えているとつらくなってくるが、俺は諦めるつもりはない。
恋愛相談をきいてつらくなったことがきっかえで、俺にとっての理想の恋愛を導き出すことが出来たし、今後はそれを追い求めていく。

関連記事

自分が本当にやりたいことなら本気でやる、自分を限界まで追い込む必要もある
自分で稼いで実家を出る、童貞を捨てるという二つの目標を死に物狂いで達成して燃え尽き、ココ最近はとにかく楽に、肩の力を抜いて目標を達成すること...
子供に妻を取られる気がするので子供が欲しくない 父親と息子は争うという固定観念
子供が欲しくない理由は他にも色々あるが、ここ最近特にタイトルのようなことを思った。 男の子が出来たら男嫌いを発揮してしまいそう 特に...

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

error: