エネルギーは人間関係の中からしか生まれない 一人孤独になると感傷や過去志向に陥る

名古屋に引っ越してから1年経つが未だにリアルで遊べる友達がいない程度に孤独で、タイトルのようなことを思った。
思ったというか思い出した。

人間関係がすべて

結局、行動するエネルギー、何かをしたいというモチベーションなどは、人間関係の中からしか生まれない。
この世は縁起であり、他力本願、絶対他力本願の世界なので、あらゆるエネルギーは人間関係がないと生まれない。

友達がいっぱいいると、
「あれやろうぜ!」
とかいう話も出てくる。

友達に、
「あれやってみせてやりてえ」
とかも思ったりする。

せまいコミュニティ(共同体)でイキるのはダサいが、エネルギーが湧いてくるということだけはどんな人間関係でも共同体でも同じ。

もちろん、気の合う人達がいいし、好きなコミュニティがいいが、自分をいじめてくるようなろくでもないコミュニティでも、怒りや憎しみといったエネルギーは出てくる。

とにかく、人と人とが触れあえば、正であれ負であれ、エネルギーは必ず生まれる。

一人になると必ず感傷的になる

前からそうだが、最近特に感傷(センチメンタリズム)と過去志向がひどいなと思ってたが、原因は人間関係だ。

外をぶらつくとつらくなるのも、一人だからだ。

人と触れ合ってるときは、自分の過去を思い出して感傷に浸ったりはしにくい。
特に、気が合う人と一緒にいると、自然に、未来のことを語ろうと思えてくる。

正直、感傷や過去志向は、未来の目標を達成するのに殆ど役に立たない。
達成速度を遅くするだけだ。

過去の何かが、目標達成への強烈なエネルギーとなったり、過去の何かを目標達成の材料に出来るならいいが、感傷は停滞だ。
いや、感傷は休息だとすると、目標達成のためにハングリーになりすぎたときのために必要かも。

まぁとりあえずバランスが重要。
感傷に浸りっぱなしでは目標達成は絶対無理だ。

で、一人になると感傷的になりやすいなら、やはり人とつながったほうが良い。
もちろん目標達成に関係ある人というか、自分の好きな人とつながる。

ただ、一人で打ち込まないといけないこともあり、そこをうやむやにして、常に人と癒着するのも違う。

まとめ

大きなことを成し遂げる人、例えば芸能人やミュージシャンや経営者などは、やはり知り合いが多いと言うか、スタッフなど関わる人が多い。
自分ひとりのエネルギーで成し遂げられることなんか、高々知れている。

やはり、ある程度大きなことを成し遂げたいなら人間関係は必要だ。
どうしても一人でいたい、大きなことを成し遂げたくない、というのが目標ならどうでもいいことだが。

とりあえず俺はある程度大きな目標があるのにもかかわらず、それに対して孤独すぎ、感傷もひどすぎるので、もう少し人とのつながりを増やそうと思う。

関連記事

外出して街を見渡すと寂しくて虚しくて疲弊するのでインドア(引きこもり)を極める
一つ前の記事に書いたように、この2ヶ月間は家に引きこもってブログ作業をしていた。 別にブログ作業をしてなくてもひきこもってるんだが、彼女と...
ママ(母性が強い女性)が恋しい 真のマザコン男にとって恋愛は休息 子供に妻を取られる気がするので子供が欲しくない
最近年下の女性の恋愛相談をきいていて、またショックというか、精神的ダメージを負ってしまった。 本人は無自覚だが彼氏に依存していて、その隠れ...


このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に目標達成法に関する記事の内容は、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: