ハードゲイナー(外胚葉型)や病弱な男や喧嘩の弱い男は雄として欠陥している

ずっと前から頭の隅で常にそういうことを思っている。

そういった、『身体の弱い男』や『病弱な男』や『身体の能力の低い男』というのは、武器や文明の利器を全く使わない、全裸での喧嘩をしたら、巨漢や強靭な男にすぐ殺されるんじゃないかとか。
ディスカバリーチャンネルの番組のように、無人島でサバイバルをしたら真っ先に死に、女とセックスできず、子孫を残せないんじゃないかとか。

この時代はそんなことをさせられることもないが、どこまでテクノロジーが発達しても、人間も本来は動物だ、という思考が常に脳裏にある。
結局、体が弱い男や喧嘩が弱い男が生き延びられているのは、法律という非野生的なものに守られているからだという後ろめたさがある。

体の弱さ

野生の世界においては、単純に喧嘩が強かったり体が強いことが、雄として優秀である条件だと思う。

喧嘩で強くなるには色々方法はあるだろうし、あらゆる武術があるが、結局体が弱いとどうにもならない。
ガタイも大きいほうがいいに決まっている。

俺はハードゲイナー(外胚葉型)という、食べても太らず、筋肉がつきづらい、色白でガリガリな体質だ。
これは生まれつきのものであり、体質というより骨格が影響してるらしい。
(片手の親指と中指で輪を作って、もう片手の手首を余裕を掴んだ時に、掴んだ方の手の親指と中指が重なればハードゲイナー。)

身長も168cmしかなく、脂肪も筋肉もないのでもちろん喧嘩は弱い。
ハードゲイナーは疲れやすい体質でもある。

病弱ではないが、花粉症、果物アレルギーなどがある。

もし無人島でサバイバルをしたら

もしいきなり、男女10人ずつで、全裸で無人島でサバイバルをしたとする。
男同士が殺し合い、とにかく一人でも女を捕まえてセックスできれば勝ちという条件で。
もちろん一人の男が複数の女とセックスしても良い。

そんなことが行われたら、身体の能力の低い俺は、真っ先に殺されて誰ともセックスできないんじゃないかと思ってしまう。
何度も言うように現代においてはそんな状況はありえないんだが、もしも、もしも、と考えてしまう。

俺のようなケンカの弱い人間だけでなく、常備薬がないと生きていけない人や、身体に障害がある人なども、無人島でのサバイバルでは真っ先に死ぬ。
人間以外の動物を見ていても、身体の弱い個体はまっさきに死ぬか、邪魔なので間引かれる。
もちろん、子孫を残すことも出来ない。

人間社会では、法律に守られるから生きて伸びていけるだけだ、とどうしても思ってしまう。
法律や薬や器具や機械などがあるのは人間の社会だけだし、自然界から見ると不自然に思えて仕方がない。

男らしい男がやはりモテる

現代ではサバイバルなんかする必要がないのは事実だが、それでも、男らしい男や、野性的な男はモテる。

身長が175~200cmくらいあり、体力もあり、病気やアレルギーや障害はなにも持っておらず、喧嘩が強い。
あと色黒。
テストステロンという男性ホルモンの値が高くて、多少暴力的で、細かいことを気にしないような男。
それがまさに優秀な雄の形であり、実際に現代でもそういう男はモテているはず。

DV男もまさにそういう感じだが、雄として優秀でさえあれば、女は放っておかない。
そして子供も作れる。

男性ホルモン値が高いと不倫しやすいらしく、それは言い換えれば複数のメスに種付けして自分の子孫を増やせるという、雄として優秀な証拠だ。
男らしければ男らしいほど不倫する。

でもそれだけ体が強くても、種無しなら子孫を残すことは一切できない。
でも500人くらいの女とセックスできたらやっぱり優秀と言えるんだろうか。
(『テレゴニー』というか、結局女が付き合った男の人格の『影響』を受けて、それが子供に『遺伝』するという『縁起的』なことを考えると。)

それとも多くの女性とセックスしまくるという行為はただの子作りの真似ごとの延長線でしかないんだろうか。
もうわけがわからなくなってきた。

筋トレ

とにかく、俺はこの記事で書いたようなことを中学くらいから考えていて、何度も筋トレに挑戦したが結局挫折した。
長渕剛さんや、三島由紀夫さんあたりも、そういったことを思って、年取ってから体を鍛えだしたんじゃないかと思う。

関連記事にも書いたように、ハードゲイナーに筋トレはかなりきつい。
それに、筋トレして強くなってイキりちらかすのはそれはそれでダサい。

ちなみに、俺が最も好きな男性である草野マサムネさんも、俺と同じようなことを考えているんじゃないかと思える発言があった。

草野さんはイケメンで発声が高度で、天才的なソングライティング能力まであるが、喧嘩は弱いかもしれない。

どうであれ草野さんには計り知れない魅力があるので、もうこのことは考えても無駄だという結論に、最近はなってきた。

まとめ

現代では顔が良かったりお金持ちならモテるし子孫を残すことは出来る。
喧嘩の弱さ、野生で生き残れない、ということはあまり考えないようにしようと思う。

関連記事

ハードゲイナーの筋トレ デブ活による糖尿病や添加物は大丈夫なのか
俺は10年前から身長168cm 体重48~52kg BMI18~20程度の完全なるハードゲイナーだ。 酒を飲んでつまみを食いまくってた時は...
ハードゲイナー(外胚葉型)とグルテン過敏症(不耐症)の関係
前の記事↓ ちょっと前に、小麦粉焼きを食ったら眠気や火照りなどが出て体調が悪くなったと書いた。 この時点で俺はたぶんグルテ...
黒髪ロン毛色白眼鏡より短髪色黒マッチョに、潜在的にはなりたいのかもしれない。
前の記事↓ 俺がこれだけ男らしさを嫌悪したり、 「身体性別が男だからって男らしさを強要するな!」 とわめき散らす裏には、 ...
精子戦争と卵子戦争 一人の女に複数の男がむらがる 女を取り合い争う 斎藤さんや出会い系など
数ヶ月前、リアルの友人の食ったるの男に、『斎藤さん』というアプリを勧められて、数年ぶりにインストールして起動してみたら、仕様がだいぶ変わって...

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: