吸気地声の効果 閉鎖筋群と内筋の混合を解消し、呼気圧迫せずに裏声や地声を閉鎖できる 軽い声の発声に重要

最近、
「男が軽い声で楽に高音を出すには伸展!後上!」
と言いまくってたが、それだけでは全く足りなかった。

十分に伸展した後に、十分に閉鎖しないといけなかった。
呼気に頼らず、内筋を巻き込まずに。

そのためには吸気地声の練習が最も効果があることがわかった。

吸気地声をやると重くなる?軽くなる?

「吸気地声やったら重くなる」
っていう意見が多い。

だが俺の場合、吸気地声をやって呼気に頼らない閉鎖の感覚を掴むことで、呼気の地声も裏声も、息の勢いに頼って内筋巻き込んで閉鎖する癖を解消できるから軽くなる。

もしそうなら吸気地声や吸気シュナルを鍛えまくれば、歌で使う軽い声の質が間違いなく上がる。
声が重くなるとはすなわち前下(内筋)が発動しているということ。

俺の場合、一般男性より伸展は強いが、閉鎖と内筋を混合しているせいで、張り上げないと高音がでなかった。
しっかり閉鎖だけ単体でできれば、軽い声は出せる。

そこから声を重くしたり張ったりするにには、内筋を足していく。
その場合も、閉鎖単体で鍛えるのと同じように、内筋単体で鍛える必要がある。

吸気地声の努力性とガバりが下がるほど、うまく閉鎖できているということなので、呼気のあらゆる声の努力性が下がって軽くなるはず。
つまり呼気の地声は密度が増し、なおかつ出しやすくなり(呼気に頼らなくてもよくなり)、裏声も閉鎖できて地声っぽく聞こえ、軽い声が出せるはず。

今の所、俺は裏声は吸気のほうが努力性が低く、地声は吸気だとかなり出しづらい。
地声も吸気のほうが出しやすい、となった頃には、おそらく呼気の軽い声がかなり安定しているはず。

前上(閉鎖筋群)と前下(内筋)ほど混合しやすいものはない

『十分に伸展してないと十分に閉鎖できず内筋巻き込んで無理やり閉鎖しようとしてしまう』
(後上が弱いと前上がちゃんと発動せず前下を巻き込む、と言い換えられる。)
というのは大前提だけど、
『伸展強くてもちゃんと閉鎖できない場合も、内筋を巻き込む』
ということがすっかり抜け落ちていた。

『伸展さえ強ければ勝手に楽に閉鎖できる』
と思ってたけど、閉鎖も単体で鍛えないと、結局内筋巻き込んだ閉鎖をしてしまい軽い声が安定しない。

『前上(閉鎖筋群)と前下(内筋)ほど混合しやすいものはない』
と言い換えられるかもしれない。

「苦しそうに喉上がる。」

ちなみに女性によくある、
『地声と裏声が楽につながって高音は出せるけど、高音が裏声っぽく聞こえて仕方がない』
という人も、吸気地声で閉鎖を鍛えれば解消できる可能性がある。

ベルティングはすべての結果

声を出すために重要な順で言うと、
伸展→閉鎖→内筋

だから、ベルティングっていうのは伸展の質も閉鎖の質も静的に含んだ最後の結果みたいなものだから、各質が問われそう。

伸展→閉鎖(+僅かな内筋)がちゃんとできる人は軽い声が出せるので、閉鎖と内筋が分離できている真のベルターは軽い声も出せないとおかしい。

男性に一番よくある『声を張り上げないと高音が出ない』という人は間違いなく閉鎖と内筋を混合してる。

吸気地声ほど閉鎖単体で鍛えられるものはない気がする。
軽い声を出すために裏声を閉鎖すべく、呼気5番やっても、そもそもの伸展が弱い人は内筋巻き込む。
耳が悪いとそれもわからずむしろ逆効果かもしれない。
閉鎖と内筋がどんどん混合する。

多分1番も内筋過多になるはず。

とにかく呼気に頼る(呼気圧迫)癖がある人は吸気(特に地声)をやりまくるしかない。

内筋よりも閉鎖を鍛えたいなら、多分、吸気の3aじゃなく吸気の1がいいと思う。

まとめ

呼気地声は喋り声として多くの人が出してるし、吸気裏声は引き笑いとかで出してる人は多い。
呼気裏声はテンション上がってフォーと叫ぶ時くらいしか出す機会ないし 吸気地声なんかまず出す機会がない。

普段出さない声や、今まで出してこなかった声を出さずに声を変化させることは難しい。

みなさんも吸気地声をやりまくりましょう。

注意点としては、吸気発声はホコリや汚い空気をもろに吸い込んでしまい、呼気よりも喉へのダメージが高い場合があるということ。
それを防ぐには、口を閉じてハミングでやるといい。
吸気地声は音がうるさすぎる場合が多く、それも、ハミングでやれば音量を抑えられる。

関連記事
男性が軽い地声で高音を出すには後上で十分に伸展させてから前上で閉鎖しないと前下(内筋)と混合する
伸展が弱い状態で声を張ると閉鎖筋群で十分に閉鎖できず内筋を巻き込み呼気圧迫になる
吸気発声はなぜ効果があるのか 真声帯がハの字型→逆ハの字型(呼気に抵抗しやすい形)に徐々に変わるから説

はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。


このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に自己啓発と発声訓練に関する記事は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみへのお問い合わせ
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など
髭林おなもみのTwitter

↓LINE登録↓

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

error: