上を向いて仮声帯発声や吸気地声を出したあとの効果 声が軽くなる 努力性が下がる

2chのミックスボイス判定スレだかに、
「上を向いても普通に声が出ればミックスボイス」
みたいなことが書いてあったせいで、
『上を向いて声を出す』
ということは無意味だし練習にもならない、と思っていたが、何らかの効果はあるようだ。

普通に出す声の努力性が下がる、裏声も出しやすくなる

別の記事にも書いたように最近は吸気地声と、アンザッツ4+仮声帯ノイズとアンザッツ5+仮声帯ノイズをメインにやっている。

吸気地声は3aと1をやっているが、どちらかというと1をやっている。

吸気1でF4~A4くらいまで引っ張り上げているのだが、その際に、思いっきりのけぞって、これ以上上を向けないくらい上を向いて出そうとすると、めちゃくちゃ出しにくい。

音が上がりきらないか、裏声にすっぽ抜けるのどちらかになる。
上を向いた状態でいきなり出そうとすると、立ち上がりが間抜けな裏声になったりする。

それでも無理やり、前を向いた状態から声を出して徐々に上を向いたりして、(筋トレの)背筋みたいな動きをしながら、出来る限り真上を向いて出るようにしていった。

すると様々な効果が現れた。

まず吸気でそれをやったあとは、前を向いて普通に出す地声が出しやすくなる(努力性が下がる)。

呼気だと、地声が軽くなり、低音を含め出しやすくなるのはもちろん(吸気やった後は閉鎖しやすくなるのでこれは共通)、軽い地声(地声と裏声の中間の声)も出しやすくなり安定感が増す。
さらに、アンザッツ4+仮声帯ノイズ、アンザッツ5+仮声帯ノイズもかなり出しやすくなり、パリパリ感が高まる。

上を向いて仮声帯発声してみた効果

上を向いて仮声帯ノイズを出したあとは、呼気のアンザッツ4+仮声帯ノイズ、アンザッツ5+仮声帯ノイズがすごく出しやすくなり、軽くなり、パリパリ感がすごくなって楽しかった。
なので、今度は呼気のアンザッツ4+仮声帯ノイズとアンザッツ5+仮声帯ノイズも、上を向いて出してみた。
これもかなり出しづらく、音が上がりきらないか、息の量を増やさないと仮声帯ノイズがパリっと鳴ってくれなかった。

口を開けて出すとあまりにもうるさいので、ハミングで出した。
(ハミングだと甲状舌骨筋が働きやすくなるのだったか、アンザッツ4+仮声帯ノイズよりアンザッツ5+仮声帯ノイズのが出しやすくなるイメージ。)

なんとか頑張って、前を向いて普通に出し続けながら徐々に上を向く、とかを繰り返し、吸気のときと同じく背筋みたいな動きをしながら、完全に上を向いた状態で出すために頑張ってみた。

それをやったあとの効果は、さらに声が軽くなったという感じ。

これまでにないくらい軽い声が安定した。

高負荷トレーニング?

なぜ上を向いて声を出すと、以上のような効果があるのか。

多分だが、喉頭を引き上げる筋肉が鍛えられるからじゃないだろうかと思う。

真上を向くことで外喉頭筋群が可動しづらくなる。
その状態で、それに抗うように1や5などの、喉頭を引き上げる必要がある声を出す。

体ごと外喉頭筋群が不自由になっているのに対して、喉頭だけ頑張って上に引っ張る。
これが、高負荷トレーニングとなり、喉頭を引き上げる筋肉が強烈に鍛えれるということなんじゃないかと思う。

すべて憶測です。

追記

上を向いて声出すと、吸気・呼気・地声・裏声問わず、音程が上がりきらない。
『上を向いた状態で出せる最高音が今の静的バランスで出せる純粋な最高音』じゃないかという仮説も出てきたので、また検証します。

追記:検証した結果、
『上を向いた状態で出せる最高音が今の静的バランスで出せる純粋な最高音』
かどうかはわからないままだが、少なくとも上を向くと外喉頭筋群の自由度が下がるのは間違いないので、高音も当然出づらくなるはず。

まとめ

声を変化させるには、今まで出してこなかった声、普段出さない声を出すのが重要。
そう考えると、真上を向いて声を出す、ということは普段しないし、効果があるのも納得できる気がする。

筋肉的に負荷がかかってしんどいが、声帯に対して危険な感じはしないし、目に見えた効果もある。
今後も吸気アンザッツ1、アンザッツ3a、呼気アンザッツ4+仮声帯ノイズ、アンザッツ5+仮声帯ノイズをやっていくが、その際には上を向いて出す練習も取り入れていこうと思う。

ちなみに自分はタングトリルが苦手で、真上を向かないとなぜか出来ないので、以下の記事のタングトリル+仮声帯ノイズは真上を向いてやりました。

追記:この記事で書き足りなかった、首の可動と外喉頭筋群の発動しやすさを以下の記事に書きました↓

声と姿勢(首/背骨)と人格の関係性 顎を引いた発声と真上を向いた発声
これまでいくつか、 『首の角度(下向いたり上向いたり)と外喉頭筋群の発動のしやすさ』 に関する記事を書いてきた。 色々試した結果、...

関連記事

リップロール+仮声帯発声とタングトリル+仮声帯発声の音源
リップロール+仮声帯発声 タングトリル+仮声帯発声 これをやって何の意味があるのかわかりませんが、遊びとして楽しいの...
吸気地声の効果 閉鎖筋と内筋の混合を解消し、呼気圧迫せずに裏声や地声を閉鎖できる  軽い声の発声に重要
最近、 「男が軽い声で楽に高音を出すには伸展!」 と言いまくってたが、それだけでは全く足りなかった。 十分に伸展した後に、十分に閉...

はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。


このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に自己啓発と発声訓練に関する記事は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: