男の知り合いとの会話やSNSでマウンティングするために彼女を欲しがっている自分に気づいた

このブログでの彼女募集は相変わらず続けているし、他にも彼女を作る方法を模索したりしているし、相変わらず彼女は欲しい。

なんで彼女が欲しいのか、という理由はいろいろあるが、その一つに
『男の知り合いとの会話やSNSでマウンティングを取るため』
というのが、どうしてもあるということに気づいてしまった。

まぁ前々から気づいていたが、あえて取り上げていなかったので取り上げる。

周りにひけらかす必要性

そもそも『恋人がほしい』という欲求自体がおかしなもので、本来は、『好きになってしまったから、その人と恋人関係になりたい』というのが最も自然なはず。
百歩譲って『恋人がほしい』という欲求は良いとしても、その理由に『人に自慢するため』というのが含まれているのは相当おかしい。

男性女性問わず、
『相思相愛の異性がいる』
『強い信頼関係で結ばれた異性がいる』
(話がややこしくなるのでLGBTは除く)
というのは、人間全体としての価値が高いと感じられると言うか、自己肯定感が半端ない。

それはわかるが、その『優越感』を男の知り合いとの会話やSNSで自慢するのはどう考えてもよくない。

恋人のことが大切とか、大好きとか、そういうことは、胸に秘めているだけだったり、二人っきりで共有してるだけでも、十分価値のあるものだ。
それをなぜ、SNSというオープンな場でひけらかさないといけないのか。
男の知り合いという、関係のない他者になぜ自慢しないといけないのか

そうやってひけらかしたり、同性に自慢して優越している人間は多くいるが、そういうのを見ていると、
『二人きりの世界ではなにか物足りないのではないか』
と思ってしまう。

周りにひけらかして気持ちをブーストさせたり、臨場感を上げないと、物足りない関係なのではないかと。

つまり、精神的に未熟、または不健康な、個人またはそのカップルの関係性なのではないかと思ってしまう。

男の知り合いが少ないので自慢のしようがない

男同士はマウントの取り合い、メスを取り合うための苛烈な争い、ということは以前散々書いてきた。

その事に気づいてからというもの、俺は一部の誠実な人を除いて、男性とはほぼ会話していない。
話すのはいつも女性だ。
(これも自慢になっているかもしれない。)

『男同士は競争』
ということを念頭に置いて、過去のことを思い出してみると、俺が起こしてきた揉め事の殆どは、男が俺にマウントを取ってきたことに起因する。

そういえばあれも、これも、ひょっとこ事案も、男が俺に、俺はお前よりも雄として優秀だ、と優越してきたことが根幹にあった、とわかる。

たぶん人間に限らず『雄』というのは、本能的にそういうことをしたがるんだろう。

だが俺はそういうことをされる苦しみは十分に知っているし、そんなことをしてつかの間の優越を得たくないので、自分はしないと決めた。

冒頭に書いたように、恋人がほしい理由の一つに、自慢やマウントはあるが、あると認めた上で、ちゃんと抑制する。
自分がされて嫌だったことはしない。

というより、男の知り合いが少なくなりすぎて、しようがないのだが。
マウントを取ってくる男を拒絶し切っていった結果、マウントを取れる男もいなくなってしまった。

いやたぶんこれでいいんだろう。
マウントを取られることは不快だが、マウントを取ることも、相手の気持を考えると、楽しいものではない。

異性の友達に、恋人のことを話すのは多くの場合に自慢に当たらないと思うので、そこはうまく考えてやっていく。

SNSでの独白

ただ、SNSで独白はやはりしてしまうかもしれない。
もちろんこのブログでの独白も。

前に彼女がいた時、フェラしてもらったあと、口移しで自分のザーメン飲んだらまずすぎた、というようなことをつぶやいたことがある。


単純に経験として面白かったから書いたのだが、もちろん、不特定多数に自慢したいという気持ちが多分にあった。

美味しいご飯を食べたり酒を飲んだ時も、やっぱりツイッターやインスタに投稿してひけらかしてしまうし、それはやめられそうにない。

まぁそれは一個人にターゲットを絞って自慢をしているわけじゃないし、スルーしてくれればと思う。
独白してるものに対して不快感を覚える人はリムーブするだろうし。

何人食った

昔の男の知り合いは、
「20代で経験人数一人っていうのも恥ずかしい」
などと言って、マッチングアプリで適当にヤれそうな女を探しているようだ。

恋人ができたらSNSでひけかしてしまいそう、という俺だが、その男に関しては、そんなことをしてなにになるんだと思ってしまう。
何人とセックスしたという『数字』を、大勢にひけらかして意味があるんだろうか。

または、ひけらかさないにしろ、自分の中で保持して、なにか達成感があるんだろうか。
(これは、俺も多くの女性とヤりたい、という願望の抑圧かもしれないので深くは掘り下げないが。)

俺はもう処女厨ではないので『処女と結婚して添い遂げる』というような願望はないが、やはり、強い信頼関係で結ばれた一人の女性と長く一緒にいたいと思う。
必然的にその人とばかりセックスすることになる。

というかオフパコとかの話をきいてても思うが、初対面の女性や、素性をよく知らない女性とセックスできる男がわからない。

かなり個人的な価値観だが、俺はそういったよく知らない女性には、前戯をするのがとても億劫になると思う。
まんこにちんこを入れて腰をふるだけなら誰が相手でもできるが、前戯は女性が気持ちよくなるための重要な下準備なので、愛情を込めてやる必要がある(と俺は思う)。

だから、好きでもない相手にはまるでやる気が起きない。
しんどくてしかたがない。

本当に好きな、信頼できる女性が相手なら、しようと思える。
結局俺も、愛情がない状態で身体を重ねることには抵抗があるんだろう。

ただ、フェラだけは、こちらは何もしなくていいので、どんな女性にもやってもらってもいいかなと思う。
噛んだり、病気を持ってない人に限るが。
きもすぎた。

まとめ

とりあえず、恋人ができようが自慢する男友達はいないので、
『人にひけらかさないと物足りない関係性』
に陥る可能性は少し下がる。

SNSで独白はしてしまうかもしれないが。

モノアモリー的な恋愛をする以上、『二人きりの世界』が重要になってくるし、関係ない第三者への自慢やマウントを必要とする恋愛関係は糞だ。

というか最近は、彼女以前に、リアルで会える女友達がほしいと思い始めている。
下心なしで、普通に女性と話がしたい。

多くの男の下品でゲスな価値観より、女性的な価値観のほうがよっぽど興味があり、学びにもなるので。

彼女がどうとか必死にならず、フラットに付き合える女友達をまず探そうかと思う。

関連記事
男だけど男が怖いので関わりたくない 男同士の友情こそ成立しない 競争、張り合い、マウントの取り合いになる

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみへのお問い合わせ
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など
髭林おなもみのTwitter

↓LINE登録↓

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

error: