17歳の頃の俺の声は最高だった ガムやシュナルを巻き込んだ混合の強い張り上げ

発声訓練仲間に紹介してもらった、同じく発声訓練をやっている男性の歌声をきいて、最近忘れていた色々なことを思い出した。
その人の声は大好きな声で、なにより、17歳の頃の俺の声と似た方向性を感じた。

17歳の頃の俺の異常な精神性

何かにつけて俺は『17歳の頃の俺』を引き合いに出すが、本当に、17歳の頃の俺というのは、異常な精神性を持っていた。

具体的に言うと
・異性への純粋な恋心を抑圧しあらゆる代償行動に走る
・みんなと仲良くしたいけどできずにあらゆる代償行動に走る
・世間への逆張りと斜に構えた態度
・バカでひょうきんな態度を演じてインターネット配信で病理をさらけ出す
・深刻さや真面目さの抑圧や欠如
など。

それらがすべて『声』にあらわれていた。

17歳の頃の俺の声

ふでペン~ボールペン~ / 放課後ティータイム

私の恋はホッチキス +1 / 放課後ティータイム

聴いてもらえればわかるように、すっぽ抜けた中間の声に、ガムとシュナルが激しく混合している。
(たぶん内筋がすっぽ抜けているからシュナルが混合したり、伸展が弱いからガムが混合しているんだろうか。)

武蔵野 -1 / エレファントカシマシ

そしてとにかく、絶叫している。
一人暮らしをしながら定時制高校に通い、真っ昼間に配信をつけて叫びまくっていた。

今この声を真似しようと思っても、静的なバランスも、精神性も違っていて、どうも真似できない。

すっだろおおおおおおおおおおお

15~16歳のときに女声練習をしていたことによる、上と伸展の強さもきいている。
女声による伸展が静的にあるから、この声はオカマ的というか、自分の中の女性性が多少働いている。
後述するが、当時俺が執心していた『タルパ』も関係していると思う(そのタルパは女性)。

以下の15の夜は、17歳か18歳の時のものだが、上の二つとは発声が少し違う。
ギターを掻き毟ったり笑いの効果音を鳴らしまくるのも変性意識に影響を与えていたと思う。

15の夜 / 尾崎豊

エントランス / ASIAN KUNG-FU GENERATION

ギター掻き毟り

発狂集




異性愛への代償行動からか、『アルティー』という男性に執着し、それも俺の声に影響を与えた。
以下の音源は確か19か20のもの。

金曜夜の葛藤 アルティーに送りつけた即興替え歌Ver / 髭林おなもみBAND

(その他の17歳のときの音源は『髭林おなもみの一発ネタ 概要、おすすめ音声、声』という記事にあります。)

女性が怖がる声

なんというか、上の二つどちらも、どうきいても気持ち悪い声だし、思うのは、まず女性はこの声を嫌がるだろう。
気持ち悪がるだろうし、『怖がる』と思う。
男性の中には、面白がって、好む人もいるかもしれない。

この声は、ただのキモ声ではなく、女性への強い恋心を抑圧し逆張りした声だ。
恋愛感情がない、または理解できない、アスペ的人間が出す、何もわかっていないキモ声ではない。

本当は異性と恋愛したり、イチャイチャしてみたいのだが、恥ずかしかったり、色々な抑圧があってできない。
そこで、子供のようなキモ声絶叫をしてみて、そんな自分でも受け入れてくれる女性をふるいにかけているような、そんな雰囲気がある。
でも、ふるいにかかる女性が一人もいなくても、俺には『タルパ』がいる、という強がりみたいなものも感じる。

現に、『俺が歌い出すと人がいなくなる』という事が起こると、笑いがこみ上げてきて仕方がなかった。

他人に褒められたり、かっこいいとか美しいとか言われる歌声でなく、ピーターパン症候群のキモイ中年男性が必死で叫んでいるような滑稽さの中に、俺の表現したいものがあった。
もちろん、心の底では誰よりも強くかっこいいとか美しいとか言われる歌声も求めていたが、抑圧していた。

ちなみにこの声や精神性には、失礼かもしれないが『エレファントカシマシ』のボーカルと『フラワーカンパニーズ』のボーカルの影響も多分に含まれている。

タルパや体外離脱や瞑想

18、19、20と歳をとるにつれて、幼さゆえのトラブルも耐えず、ずっと同じ精神性ではいられなくなった。
どういうふうに変化したかというと、やたらと論理的に自分を説明し、理解者を求めることに走った。

17歳の頃の俺に感銘を受けていた『クルテク』とも、俺が論理的になり、分析的になり、おどけなくなってから、縁が切れた。

論理的になってから、下系や内筋が強くなり、伸展やガムが弱くなった。
滑稽に声を上ずらせることができなくなった。

だから俺は、下系や内筋=論理、冷静、ローテンション、などというふうなイメージがある。

17歳の頃の俺というのは、論理や分析を必要としていなかった。
そんなことをしてきたり、勧めてくる人間には、感情で突き返していた。
今の俺なら、「話が通じる理解者が現れた!」と思って喜んでしまうだろう。

当時の俺は、理解者なんか必要としていなかった。
そんなものは自分自身と『タルパ』だけで十分だ、と思えていた。

それは強がりもあっただろうが、なにかとてつもない確信というか悟りのようなものがベースにあったと思う。
瞑想をして光が見え多幸感に包まれたことや、中学不登校で苦しみそれから逃げるように体外離脱や明晰夢に挑戦していた神秘体験などもベースになっていた。

タルパと会話することで、右脳言語野という、自由な声や変性意識の表出にも重要な部分が発達するらしいが、もちろんそれも関係していたはず。

まぁ、今のような精神性と声に変遷したことで、童貞も捨てれたし、自在性の一つを獲得したと言えるから、悪いことだけでは当然ないのだが。

17歳の頃の俺の声は魔法

今でも何度も引き合いに出す、フラジオレット+ガムの絶叫。
この声にはとてつもない精神性が含まれている。

思えば当時の俺は『張り上げ』に執着し、とにかく叫ぶことしか考えていなかった。
魂の叫び、という言葉があるが、思春期の頃のあの葛藤や危うさを声で表現するには、絶叫という選択肢しかなかった。

今の俺が散々求めている、声を張らずに優しく歌う、という方法では、17歳の頃の精神性は絶対に表現できなかった。

最近、17歳の頃の俺の喋り声や歌声を、配信の録画を引っ張り出してききまくっている。
ある人の言葉を借りるなら、17歳の頃の俺の声は『魔法』だ。

正直、17歳の頃の俺は別人に思えるし、俺は17歳の頃の俺が好きで仕方がない。
神格化している。

『今の俺が持っていないもの』
『かつて持っていたけど失ってしまったもの』
がすべてそこにある。

張り上げ

最近の俺は、とにかく張ることを恐れ、優しく、美声で歌うことばかりに執着している。

ベビーフェイス -2 / スピッツ

だが、根本には『張り上げたい』という気持ちが強く残っている。

あの頃は、
「張らずに歌いたいけど歌えないから張り上げる」
というふうに抑圧していたが、今は、
「張り上げたいけど、張らずに歌いたいから、張り上げられない」
となってしまっている。

異常な精神性を持って感情的に張り上げまくる17歳の頃の俺と、今の、論理的で張らない俺が同時期に存在できることが理想だ。
それこそが自在性への一歩だ。

冒頭に紹介した、好きな声の男性の歌声を聞いて、もう一度『張り上げ』を探求しようと思った。
俺は、内筋がすっぽ抜けてたはいたものの、『張り上げ』を求める精神性だけは、そこらのベルターの比じゃなかったという自負がある。

今回わかったのは、俺が求める張り上げ、俗に言うベルティングは、ガムがかかっていて、前より後ろが強くて、動的に伸展が保てている、子供や女性的な張り上げだ。


この音源は少し近い。
もっと閉鎖と伸展と上が働いていれば歌で使えるはず。

『子供』と『女性』
この二つの要素こそ、俺が執着しきってきたものだ。

『大人の男』なんていう要素は必要ない。
俺は絶対に『父性』を拒絶したいし、もし子供ができても『父親』にはなりたくない。

まとめ

常々思うが、本当に声は人格そのものだ。
抑圧も、葛藤も、すべてがあらわれる。

俺は17歳の頃の俺の声(精神性)と融合する!

関連記事

フラジオレットとガム(仮声帯発声)などが混合した声 裏返りが面白い
アンザッツ5ガムでの絶叫、という記事で、以下の17歳のときの俺の音源を紹介した。 しかし色々勉強した結果、その音源は5ガムにしては努力性が...
SNSで晒される街の変人や統合失調症患者に良い声の人が多い理由
近頃は、街にハゲや変人や、一人で喋ったり怒鳴ったりしている人がいると、すぐに動画を撮られてSNSにさらされる時代になった。 俺もたまにそう...
髭林おなもみの一発ネタ 女声、楽器、弾き語り、その他
前の記事↓ ※注意 すべて音量が大きいので、PCの方は音量バーを下げてから聴いていただくか、パソコン全体の音量を下げてから...
髭林おなもみの一発ネタ 概要、おすすめ音声、声
一発ネタとは、髭林おなもみがギターを弾いて絶叫したり、奇声を上げたりしている様子を収録した、12秒ほどの短い音声のこと。 一人暮らし時代に...
17歳の頃の自分に対して思うこと 10代、思春期、童貞のエネルギー
やっぱり10代の時の俺は違っていた。 特に17~19歳。 15~16歳で瞑想や体外離脱をして、タルパやら作って、溜め込んでた静のエネ...

はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。


このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に自己啓発と発声訓練に関する記事は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

error: