無声練習(声を出さない発声訓練)で外喉頭筋群を鍛える方法

これまで、
『歌を歌う前に一時的に地声と裏声のバランスを変えたい』
などと言って、取り急ぎの『発声練習』メニューを色々と考えてきた。
(例えば俺に合ったものだと、5ガム、ニャースの真似、吸気地声、とかとにかくいろいろ。)

で迷走もしてきたが、その過程で、
『声を出せなくても一部の外喉頭筋群を鍛える方法』
を見つけた。

少なくとも俺には明らかに効果があり、それをやった後、声の出しやすさや音色が明らかに変わる。
おそらく効果があるのは俺だけではないと思うので、興味がある人は試してみて欲しい。

無声で前上(甲状舌骨筋)を鍛える方法

まず、前上(甲状舌骨筋)を鍛える方法。
とてもシンプルで、
『限界まで真上を向いて、その状態で若干顎をしゃくれさせながら唾を飲み込む』
だけ。

それでも足りない場合は、かなり不格好になるが、
『限界まで真上を向いて、その状態で顎を若干顎をしゃくれさせながらベロを限界まで天井に垂直に突き出して上の歯を舐めようとする』
という方法もある。
俺の場合前者では足りず、後者を思いっきりやらないと効果が薄い。

やってみると分かると思うが、めちゃくちゃ苦しい。
唾を飲み込もうとしてもなかなか飲み込めないと思う。

だがその苦しい動作を3~4回繰り返すだけで、明らかに前上が鍛えられている。
それをやり終わった後、声を出してみると明らかに上系が働いた声が出しやすい。

一応、前上(甲状舌骨筋)を鍛える方法と書いたが、もしかしたら後上(茎突咽頭筋、口蓋咽頭筋)も鍛えられている可能性がある。

それらはどちらかというと
『前を向いた状態で眉毛を上げのどちんこを広げる』
という方法によって鍛えられるはずだが、まだよくわからない。

ちなみに俺はこの練習をやった翌日、顎の下が痛くなった。
危険な痛みではなく、よくある筋肉痛の痛み。
もし甲状舌骨筋が筋肉痛になっているのだとしたら面白い。

無声で前下(胸骨甲状筋)を鍛える方法

次に、前下(胸骨甲状筋)を鍛える方法。
これは、
『姿勢を正して、口を閉じて限界まで顎を引き、その状態で口を開けてさらに喉仏をアゴの圧力で下に押し込む』
だけ。

または、
『口を半分開けた状態を維持しながら限界まで下を向くように何度も頷く動きをする』
という方法もある。

そうすることで、下に引く前下(胸骨甲状筋)が鍛えられているようだ。

それをやった後に声を出してみると、明らかに太い声や下が発動した頃が出しやすいはず。

これも上系と同じで、前下だけでなく後下(輪状咽頭筋)も鍛えられているはず。

上と下は分離しやすい

というか最近思うが、前上だろうが後上だろうが『上』が発動したり鍛えられている以上は、どちらもある程度は巻き込んでいるはずなので、上系二つとも鍛えられている。
下ももちろん同様。

下は重さ(安定、苦しさ、良い声)
上は軽さ(不安定、楽さ、間抜けな声(面白い声))
というイメージ。

後下でも前下でもいいからとにかく下に引かないと、ヒョロヒョロで間抜けな声になる。
上に引くほど軽くなって高音出しやすいけど歌に使えない。
そもそも上に引かないと声が重すぎて高音に持ち上がらない。

結局は下と上の引っ張り合い。

上と下の分離というのはやりやすいはず。
逆に言うと、融合しにくい。
引っ張り合うさじ加減がむずかしい。

前と後の分離や融合(混合)

後と前の分離というのがよくわからない。
つまり混合しやすいということじゃないだろうか。

後は裏声感、前は地声感、というイメージは間違いないと思う。
前と後は、無声での練習では鍛えられそうにない、ということもわかる。

追記:『フラジオレットを出そうとして声だけ出さない状態』をやると、無声でも伸展や外筋が鍛えられるようなので、前や後というか内喉頭筋群も、無声で鍛える方法はいくつかあるかも。

まとめ

結局のところ歌で使う(求められる)声のほとんどは『(自在性としての)アンザッツ3b』であり、それは瞬間的にすばやく外喉頭筋群を好きな方向に引っ張れることだとわかりはじめた。
その外喉頭筋群を長期的に鍛えていくのがフースラーメソードという発声訓練法のはずなので、この無声練習もひとつの有効な手段のはず。

とりあえずこの無声練習は、歌う前に『上と下の可動範囲』を整えるのにも使える。 
すばやく、そして静かに行えるので便利。
これこそ、俺が前々から試行錯誤してきた『発声練習(歌う前の準備)』そのものである(この場合は無声だが。)

発声練習でもあるし、長期的な発声訓練でもあるので、今後もこの無声練習を続けていく。

ちなみに、限界まで上を向いたり下を向いたりしながら、無声じゃなくちゃんと声を出す練習も色々と有効なはず。
それに関しては前と後の発動や分離の感覚に重要な気がするが、書かないといけないことが一気に増えるので、また別の記事で書きます。

関連記事

上を向いて吸気地声やガム等の声を出したあとの効果 声が軽くなる 努力性が下がる
2chのミックスボイス判定スレだかに、 「上を向いても普通に声が出ればミックスボイス」 みたいなことが書いてあったせいで、 『上を向い...
吸気地声の効果 閉鎖筋群と内筋の混合を解消し、呼気圧迫せずに裏声や地声を閉鎖できる  軽い声の発声に重要
最近、 「男が軽い声で楽に高音を出すには伸展!後上!」 と言いまくってたが、それだけでは全く足りなかった。 十分に伸展した後に、十...
男性が軽い地声で高音を出すには後上で十分に伸展させてから前上で閉鎖しないと前下(内筋)と混合する
ここ最近迷走しまくってたけど、女性の歌声を聴きまくっていたら、タイトルのようなことが重要なんじゃないかと気づいた。 女性のバランス ...

はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。


このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に自己啓発と発声訓練に関する記事は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

error: