内筋と外筋(シュナル)は反比例する 混合しやすい

少し前に発声訓練仲間と話していて初めて知ったのだが、内筋(内側甲状披裂筋)と外筋(外側甲状披裂筋)は反比例するらしい。
これはかなり重要な気づきだった。

つまりどういうことかと言うと、
『内筋が入れば入るほど外筋は入らなくなり、外筋が入れば入るほど内筋は入らなくなる』
ということ。

『内筋と外筋は混合しやすい』
とも言える。

外筋が入っている分、内筋が抜ける

具体的な事例だと
『高音で内筋がすっぽ抜けた物足りない声になった時、シュナル(つまり外筋)が混じってしまいやすい』
など。

俺もそれは本当によくあった。

『伸展が足りず、ゆえに閉鎖筋群で閉鎖できず、かといって内筋も入り切らないから収縮でも閉鎖できず、外筋で閉鎖しようとする』
と、そうなるのだろうか。

多くの男性がそうだが、喋り声にシュナルが混じっている。

シュナルが混じっているということはすなわち、その分内筋が抜けているということなので、いい声からは遠ざかるはず。

良い声から遠ざかる

『以前、高音発声時に物足りない声にはぎりぎりなっていないものの、シュナルが混じっている人の発声は危ない』
と言っている人がいたが、意味がやっとわかった。

シュナルが混じっているということは、その分内筋が入っていないという意味であり、それが意図的でない場合、混合がひどいということだ。

『閉鎖と内筋はとにかく混合しやすい』
とこれまで書いてきたが、内筋と外筋も混合しやすいんだろう。

内筋をしっかり入れていくためには、外筋が勝手に入ってしまうのを防ぐ必要がある。
分離する必要がある。

まとめ

『内筋と仮声帯は反比例する』
そして、
『内筋と外筋も反比例する』
とすると、外筋と仮声帯の関係はどんな感じなんだろうか。

シュナルにも大きく分けて上系や下系があるし、純粋な地声(内勤)を出すにはまず下系のシュナルを出してから声を大きくしていくという方法もあるし、まだまだわからないことが多い。

とにかく、
『外筋が入っている分、内筋は入らなくなる』
『内筋と外筋は混合しやすい』
ということだけは覚えておきたい。

はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。


このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に自己啓発と発声訓練に関する記事は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

error: