声真似や女声の及第点とスタンス 耳と声のレベルは連動している

最近ニャースの声真似を投稿した。
女声は以前投稿していたが、既存のキャラの声真似を投稿するのは初めて。

ニャース

ニャースの声真似

ニャースの声は内筋が入った5って感じで、男女ともにできる声な気がする。
音域が広く使えるので、ちゃんと一曲歌い通せる。

女性ボーカルを地声出してる感覚で楽に歌えるのはけっこう感動だった。

ニャースの声真似をしまくったあとは相当混合して、最大の伸展ができなくなっている感覚がある。

及第点

声真似ってどのくらいを自分の中の及第点にするかが難しい。
『アテレコしても違和感ないレベル』とかを追求しだすとしんどくなる。

一晩寝かせると聴こえ方が変わったりもする。
数ヶ月~半年とか経つともっと変わる。

女声もそうで、実際の女性の口から出てそうかイメージしながらきいてみたりすると、コレジャナイ感が出てきたりする。
でも実際の女性には意外と男の裏声みたいな人も多いから、わけがわからなくなる。

俺の女声は以下。

がアぁ

なんだ!

コンバンハ

自作曲のミックス作業やってるときも何が正しいのかわからなくなって苦しんだ。
ピンクフロイドも、メンバー数人で地下室に何ヶ月もこもってミックスしてるときに、何が正しいのかわけがわからなくなり外部の人間を呼んで確認してもらったりしたらしい。

音は目に見えないものだけに明確な答えがないようなものだからきつい。

声真似やものまね

今回のニャースの声真似は及第点だったので投稿した。
前述のように、数カ月後聴こえ方が変わる可能性も高い。

基本俺の声真似や女声の閾値はかなり高いほうなので、なかなか投稿できない。
他の声真似レパートリーである、中島らも、浜田省吾、桑田佳祐、ソーナンスあたりは及第点じゃないので投稿できない。

声真似もものまねも、純粋であればあるほど評価が深刻になる。

例えば細かすぎて伝わらないモノマネ選手権などのような、笑い混じりのものなら、雰囲気さえ似てたらいい。
おもしろさのほうが重要だ。

俺は声真似で笑いをとれないので、似てるかどうかの一点に評価が集中する。

俺はものまねを見るのが大好きだけど、プロのものまね芸人を見ていると、似てないものもバンバン公開している。
気にしぃな俺には無理だ。

俺は人との会話の中でいきなりものまねを振られるのが苦手だが、それは『恥ずかしいから』よりも『似てないものまねを晒したくないから』というのが大きい。
(例えば、大山版ドラえもんの声真似ができるようになりたいのだが、現時点では全く似ていないので振られても絶対やりたくない。)

まぁ結局、似てる似てない、面白い面白くないなど、評価基準がいくつあろうが『人の心が動けばいい』んだと思うが。

大衆の耳

あと、昔俺は『多くの人は耳が悪い(正しく声を判別しづらい)』と言ってきたが。
聴こえ方も、似てる似てないの基準も、千差万別のようだ。
ただ、基本的には耳が悪い人が多いのは間違いない。

とりあえず他人に声真似をきいてもらうと自分では気づかなかった『似てない成分』に気づけることはわかった。

耳と声のレベルは連動している

発声訓練において重要なのは、声を鍛えることと同時に耳を鍛えること。

今自分がどういった声を出しているか、正確に把握できる良い耳が必要。
もちろん他人の声を分析するときも同じ。

声を鍛えるには耳を鍛える 逆も然り

究極的には、自分が出せない声のことは、耳で聞いてもよくわからないはず。

だから、耳を鍛えるには結局声も鍛えないといけない。
逆も然り。

出したこともないような変な声、出せなかった理想の声が出せるようになってくると、初めて耳も成長する。
声を出さずにひたすら理想の声をききまくるだけでは足りない。
ちゃんと声を出さないと耳は成長しない。
耳が成長しないと声も成長しない。

他人に声を聞いてもらえば意見をもらえるというが、自分と同じような声や自分以上の声を出せる人でないと、正しく分析はできない。
だから、指導者を付ける場合は、自分の理想の声(に近い人、似た人)を出せる人がやはり良いと思う。

ボイストレーナーに歌の巧さを求めすぎるなという話もあったが、耳と声のレベルが連動しているとすると、やはりある程度は必要だ。
まぁボイストレーナーの場合その他あらゆる知識などが必要だが。

あと、自分が他人の声を分析する場合は、まずその声を真似して自分が出せるようになってからやらないと、的はずれな分析になってしまう可能性が高い。

何が言いたかったかと言うと、自分で独学でやって耳と声を成長させるのもいいけど、やはり優秀なボイストレーナーのもとでやったほうが安全かつ早いいうこと。
早いというのは、急ぐ・焦る・重要なことを抜かしたからではなく、無駄な迷いや間違いがなくなるので良い意味でスムーズってことです。

まとめ

ニャースの声は練習しなくてもすぐ出せたから、静的なバランスが似てたんだろう。
今のバランスで手っ取り早く似せれる声から声真似レパートリーに追加したい。

でも、今のバランスで出せるってことは進歩しないってことでもある。
俺は伸展がまだまだ弱いので、伸展の利いた声のキャラを真似するのが良さそう。

自分の及第点、閾値を超えられる声真似が完成したらまた投稿します。

関連記事

女声の出し方(練習法) ひたすら伸展と閉鎖を鍛える 外筋と仮声帯によって内筋の発動を抑える
男性が女性らしい声で歌ったり喋ったりするにはどうすればいいのか。 声の低い女性が、もっと女性らしい声で歌ったり喋ったりするにはどうすればい...
元の声から男声(オッサン声)/イケボ/少年声/成人女性声/萌え声/ロリ声などを出す難易度の傾向
元の声(骨格や声帯の長さという意味じゃなく普段のバランス)から、タイトルに上げたような声を出す難易度を考えてみた。 簡単に言えば『伸展...
最近ニャースの声真似を投稿した。女声は以前投稿していたが、既存のキャラの声真似を投稿するのは初めて。ニャースニャースの声真似ニャースの声は内筋が入った5って感じで、男女ともにできる声な気がする。音域が広く使えるので、ちゃんと一曲歌い通せる。
髭林おなもみの一発ネタ 女声、楽器、弾き語り、その他
前の記事↓ ※注意 すべて音量が大きいので、PCの方は音量バーを下げてから聴いていただくか、パソコン全体の音量を下げてから...


はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。

地声と裏声とアンザッツの概要や発動する筋肉名
地声系アンザッツ 地声とは ・定義は内筋 ・重い ・分厚い ・低音発声に重要 ・男性的 ・閉鎖筋(間筋、側筋)の発動によっ...
内喉頭筋群と外喉頭筋群(喉頭懸垂機構)の筋肉名と略称 働きや役割について
このブログでよく登場する喉の筋肉名を、内喉頭筋群と外喉頭筋群(喉頭懸垂機構)に分けて、その名称と働きについて記しました。 内喉頭筋群は...
発声訓練時に用いる言葉(用語)や表現について 定義 感覚の共有 イメージの食い違い 等に注意
このブログで用いている言葉一覧 発声訓練 ※1 発声練習 ※2 地声 裏声 中声 ※3 女声 ※4 美声 ...
発声訓練を実践する際の基本的な考え方
この記事では、俺自身が独学で発声訓練を実践するにあたって基本スタイルや、考え方などの注意事項を記します。 声の可能性 ・すべ...

このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に発声訓練に関する記事の内容は、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: