身体にきく「体癖」を活かす整体法 著者:片山洋次郎 書評、レビュー(感想)

これまで声で人格がわかる、目でわかる、16タイプ性格診断でわかる、数秘術でわかる、と来て、『体癖』というものでも色々とわかることを知ったので、『身体にきく―「体癖」を活かす整体法 (文春文庫)』を読んだ。

この本は各体癖の種類への言及より、身体への具体的な施術が多かった。
自分ではよくわからないし継続もできなさそうなのでその部分はあまり役に立たなかった。

でも全体的に同意できたし(人それぞれ体癖が違うから向き不向きがあるなど)、体癖による親子関係、家族関係など参考になる部分が多かった。

個人的な評価は★★★★☆

まとめ

体癖を用いれば、俺の身体の不調がなんで全部右側に出るのかとか、上から数えて2個目の背骨?が右に微妙にずれてるのかとかわかるんかと思ったが、この本には書かれてなかった。

お腹の緊張具合などで体調がわかる、などのことが書いてあった。
体全体は繋がっていて、一部が全体に作用するというのは東洋医学の基本中の基本だ。
ツボや、陰と陽や気功など、東洋医学こそ正しいと思うし、この本に書いてあることも多分正しいのだと思うが、日常で実践するのは俺には難しそうだ。
日常の中で自分に施術するのが面倒なので。

実際に、体癖に理解のある整体師と定期的に会えれば、もっと理解を深められそうなのだが。

整体などの施術にしても、身体が向かいたい方向というのがあり、それには抗わないという考えは正しいと思った。
ちょっと運命学?とも通じる気がする。
流れに逆らわないと言うか。

というか本質的には、流れに逆らうことなんか結局できないんだろう。

体癖

俺の体癖だが、実際に体を動かして診断する方法をやってみても自分ではよくわからなかった。
文字での説明と自分の人格を照らし合わせた感じ、1種傾向がかなり強いように思う。

サブの体癖の可能性としては、3、9、11のどれか。
メインが1であることは間違いないが、サブがなにかわからない。
奇数系であることは間違いない。

体癖は16タイプ性格診断などと違って、骨盤や腰椎で決まっているので、体癖に理解のある整体師に体を見てもらえればすぐにわかるはず。
近場で調べて、近々行きたいが、体癖に理解のある整体師はなかなかいないようだ。

ちなみに1種は3種や8,9,10種と相性がいいらしい。
まぁ、相性がいいと、ぴったりハマりすぎて変化に対応できない、ということも書いていた。
ぴったりハマりすぎると『遊び』がない、と。
『遊び』というのは本当に重要だ。

距離感

身体同士の反応は何より強烈であり、基本的には抗えない。

体癖による違いを積極的に受け容れよう、家族であっても反応が強すぎてどうにもならないことがあると繰り返し言ってきたのは、性格以前の身体同士の反応とはそれだけ強力なものだからです。
体癖は、自分でこうしよう、あるいはこうしないようにしようと考える以前にそうなってしまう無意識の傾向です。

できることは『ベストな距離感』で接することだと書いていて納得。
相性の悪い体癖の人相手でも、距離感さえなんとかすれば、大事にはならない。

合わない相手とも、合わないことを認めて「位置取り」を変えてみることでずいぶん楽になることを覚えておいてほしいと思います。
距離が近いとどうにも耐え難い相手でも、少し物理的に距離をとるとパートナーとしてうまくいくことも多い。

家族との距離感というのはあまりにも近い。
近すぎる。

人と人との距離感が最も近いのは、親子関係です。
親子の距離感は、しばしば互いに身体を共有し合っているといってもいいほど近くなったりします。

家族関係が密であることが「なぜ悪いのか」と思う人もいるかもしれません。
身体というものは、近づきすぎるとそこに緊張感が生まれます。
話すときに相手が近寄りすぎると圧迫感を感じるのと同じです。
そんな密着した距離感はエネルギーを圧縮する方向に向かいやすく、それが高じるとお互いが身動きできなくなり、何かの形で爆発します。

俺は多分、父親と、体癖的にも相性が悪いんだろう。
なにをするにもタイミングが悪いし、近くにいるだけでこちらが疲れ果てる。

自立して、距離をとってみたら、楽になった。

母親はたぶん3種なので、1種である俺と相性は悪くないはず。
だがやはり距離感はだいじで、近すぎないほうがいいはず。

父親は俺と相当相性が悪い体癖のはず。
もう一緒に住むことはないが、生きている間に父親の体癖は知っておきたい気もする。

その他

運命数、体癖、16タイプ性格診断、星座、声、目つき、色々あったら結局どれを信じればいいんだよと思ったりはする。
結局どうでもいいということにもなってきそうだが。
一番信憑性あるものを信じたい。

まぁ、面白ければなんでもいいという部分もある。

ところで、体癖の相性、つまり身体の相性って、セックスの相性とモロ関係ありそう。
俺は今までも、恋人同士や夫婦でセックスの相性つまり体の相性が悪いと絶対に良くないと思ってたが、体癖について学んでみると、なおさらそう思った。

あと、気功師とか整体師ってとんでもなくセックスうまそう。
特に、挿入よりも前戯が。
触ってほしい場所とか手に取るようにわかるんだろうな。

アダム徳永のスローセックス入門も『気』の話だった。
体癖とセックスの関係について言及した本とかないんだろうか。

まとめ

とりあえず、次は野口晴哉氏の体癖の本を図書館で借りてきて読む。


身体にきく―「体癖」を活かす整体法 (文春文庫)

今まで読んだ本の一覧はこちら↓

読んだ本
好きな小説(好きな話) 酔歩する男(玩具修理者 収録) 失われた過去と未来の犯罪 忌憶 哲学的ゾンビもしくはある少年の物語(...

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: