内筋と外筋と閉鎖筋群の関係と『内側で閉じる』『外側で閉じる』について

昔見かけた、
『内側で閉じる』
というのは閉鎖筋群と内筋で閉じるということで、
『外側で閉じる』
というのは外筋で閉じるということかな。

何度も書いているように、
『外筋だけで閉じるほど内筋は抜けていく』
ので密度が低く聞こえ、いい声からも遠ざかることは間違いない。

外筋は閉鎖筋群による閉鎖をサポートする

じゃあ
『内側で閉じれば閉じるほど外筋が抜けていくのか』
と思ったけど、
『閉鎖筋群と外筋に関しては、内筋と外筋のように反比例するんじゃなく、外筋が閉鎖筋群をサポートする』
ように思う。
(だから5番には閉鎖という意味でも伸展という意味でもフラジオレットが重要という話に繋がるんだが、まだよくわからないので割愛。)

『閉鎖と収縮を分離するために、閉鎖をサポートできて、なおかつ内筋と相性悪い(内筋と反比例する)外筋が入ってくる』
とも言えると思う。
(この部分は知人の意見を参考にしました。)

内筋の発動は閉鎖筋群で閉じきれない真ん中を閉じる程度が基本

内筋つまり収縮は、
『閉鎖筋群で閉じきれない真ん中を閉じる役目がある』
らしいが、
『閉鎖筋群で閉鎖できてないのに内筋だけ強く発動してもどこか密度の低い声になる』
はず。

それはつまり、
『内筋が強く発動しすぎると伸展が減るわけだから、閉鎖筋群による閉鎖も必然的にできなくなっていく』
ってことじゃないか。

『前下(内筋)が強く発動する→収縮する→伸展が減る→閉鎖筋群による閉鎖ができなくなっていく』
ということを踏まえると、
『内筋は内側閉鎖の要』
とは言い切れないはず。

内側閉鎖の要はあくまで閉鎖筋群なはず。

つまり『内側閉鎖』とは、
『閉鎖筋群と内筋による閉鎖』
というより、厳密には、
『閉鎖筋群+真ん中を閉じる程度の内筋(つまり内筋が少し抜けるということなので少しの外筋が入り(自動で入るわけではないはず)閉鎖筋群を促進する)』
ということのはず。

野原しんのすけ声

いわゆる野原しんのすけ声は、女性にしては下がだいぶ強く、地声にきこえるけど、閉鎖は内側閉鎖じゃなく外側閉鎖の印象。

どういうことかと言うと、聴覚上の印象はもちろんだが、そもそも、
『閉鎖筋群が最も強く発動するのは上(厳密には前上=甲状舌骨筋)』
なので、
『下が強すぎる以上必ず内筋or外筋で閉じるしかない方向になる』
はず。

そう考えると、しんのすけ成分がある人(男性に多い)は、外側閉鎖の要素がある、つまり内筋は少なからず抜けてるってことで、なおかつ閉鎖筋群も対して促進されてないということだから、伸展が不十分という傾向ではあるはず。

密度

『上下』と『密度』を大雑把にまとめると、
『上に行くほど内側閉鎖が促進され密度が上がる』
『下に行くほど外側閉鎖が促進され密度が下がる』
って感じかな。

追記:上は間違いで、『上』とか『下』に行くほど~じゃなく、後下⇔前上が内側閉鎖、前下⇔後上が外側閉鎖な気がする。

『ぴっちり閉じる』

迷走しているように見えると思うが、基本スタンスは変わっていない。

ただひたすらに、
『ぴっちり閉じる』
ということが重要ということだと思う。

伸展も閉鎖も外筋も内筋も、すべてその一点のためにあると言いたい。

もちろん、表現によってあらゆる閉じ方ができるようになるべきだが『基本』は『ぴっちり閉じる』ということ。
軽くしか歌えない、張り上げることしかできない、という状態は不完全。

『十分に伸展し、まず閉鎖筋群と、最低限の内筋と、閉鎖筋群をサポートする程度の外筋で閉鎖』
すれば、普通のメロディーは努力性低く軽く歌え、内筋を鍛えて任意の場所で入れられるようにすればベルティングも出来る、ということ。

そういう意味でやっぱり俺は重い声じゃなくてぴっちり閉じた声が好きなんだな。
yasuさん、中川晃教さん、Toshiさん、VIP店長、Pentatonixのミッチ・グラッシ。

ぴっちり閉じれてるってことはつまり伸展強いので上記の男性はある程度中性的~女性的に聞こえる。
草野さんと小野さんは上記の男性に比べると、しんのすけ成分が強いほうなので、カテゴリーが少し違うような気がする(時期にもよるが)。

まとめ

以上です。

関連記事

内筋と外筋(シュナル)は反比例する 混合しやすい
少し前に発声訓練仲間と話していて初めて知ったのだが、内筋(内側甲状披裂筋)と外筋(外側甲状披裂筋)は反比例するらしい。 これはかなり重要な...
後下(輪状咽頭筋)への引きがある声とは 支え、張り、ハスキーボイス(サラサラ声)、野原しんのすけ声との関係
けっこう前から、 「後下への引き」 という言葉の意味がよくわからず、考えてきたが、やっとわかってきた。 多分、声の支え(安定)、張...
十分な伸展がない状態でのベルティング(張り上げ)の魅力と危険性
俺は基本的に、十分な伸展がない状態での張り上げが好きではない。 裏声の弱い男子のカラオケでの汚らしい絶叫とかも聴きたくない。 なので...
伸展が弱い状態でベルティングすると閉鎖筋群で十分に閉鎖できず内筋を巻き込み呼気圧迫になる
裏声(伸展)が弱いのに声を張っている、張り上げ好き男性に危なさやしんどさを感じるのは、 十分に伸展していないから閉鎖筋群でしっかり閉鎖...

はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。


このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に自己啓発と発声訓練に関する記事は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業、経歴、趣味など』
を参照し…

シェアする

error: