いなばの深煮込みカレーという缶詰カレー(100円)がうますぎる 味、レビュー(評価)、感想、口コミ

少し前、近所のよく利用しているスーパーに『いなば 深煮込みカレー』という缶詰カレーが100円で売っていたので購入した。
レトルトカレーはよく食べてきたけど、缶詰カレーはほとんどなかったなーと思いながら、ひとくち食べてみると、あまりのうまさにびびった。

店のような味

食べてみてまず思ったのは、店で食べるような味だということ。
これまで100~500円くらいのパウチ式のレトルトカレーを食べてきたが、どれも、なんともいえない『レトルト感』のようなものがあった。
冷凍食品の『冷凍臭さ』のようなもので、言葉では説明しづらいが、レトルト特有の香りのようなもの。

だがこの深煮込みカレーは、そういった感じがほぼ全くない。
理由はわからないが、缶詰だからだろうか。
パウチの詰めるのと、缶詰に詰めるのとで、そういった感じが発生するしないがどう違ってくるのかは謎だが、昔食べた同じくいなばの『バターチキンカレー』も、やはりレトルト感は全然なくとてもおいしかった。

甘さと辛さのバランスがちょうどいい

そして味だが、基本は甘めで、スパイスの辛さが利いている感じ。
俺は辛いものが苦手だが、深煮込みカレーの辛さはちょうどいい。

ココナッツミルクがベースになっているので、日本のカレーと、タイカレーの中間のような感じ。
俺は結構前から、コンビニなどの出来合いのココナッツミルク飲料でなく、ココナッツミルク原液(?)を買って牛乳で割っていたくらいココナッツミルクが好きなので最高だ。

欧風(デミグラス風?)な感じはない。

グルテンフリー

そして何より、深煮込みカレーには小麦粉が入っていない。
おかげで、グルテンを気にする必要がない。

レトルトカレー(というかカレー粉もカレールーも)のほとんどは大量の小麦粉が入っており、俺みたいなグルテン過敏症の人は、食べた後めちゃくちゃ眠くなる。

それもあって深煮込みカレーを買ったが、小麦粉が入っていないので全く眠くならない。

素晴らしい缶詰カレー

ここまでおいしくて、グルテンフリーで、値段が100円なんだから本当に驚く。
普通に、300~500円のレトルトカレーよりおいしい。

いなばの缶詰カレーシリーズ

深煮込みカレーは新発売のシリーズらしく、他にも同時に出たいなばの缶詰カレーが色々ある。
商品情報 | カテゴリ | カレーシリーズ | いなば食品株式会社

深煮込みカレーをそのまま辛くした感じの、スパイシーカレーというのも食べたが、これは俺には辛すぎた。
でも、辛いのが好きな人は深煮込みカレーよりスパイシーカレーのが合うかもしれない。

そして、完熟トマトカレーというのもあったので、わざわざ探し回って買った。
トマトカレーはかなり好きなのだが、いなばの完熟トマトカレーはトマトの味があまりしなかった。

赤ワインカレーというのも買ってみたが、さらさらで、赤ワインの風味は感じなかった。
さらにチキンとタイカレーの赤と黒も食べたが、量が少なく、チキンに味もあまり染みていない感じで微妙だった。

どれも辛さは深煮込みより控えめで、総合的には深煮込みカレーがやはりいちばんおいしい。

ちなみにそれらいなばの新発売の缶詰カレーシリーズは、まだ十分流通していないのか、売っている場所が少ない。
本社に問い合わせたところ、基本的にはローソンストア100に売っているようだ。

知り合いによると、ドン・キホーテにも売ってたとか。

俺は近所のスーパーでいつも変えると思っていたが、新商品というかお試し入荷(?)だったようで、売り切れてしまってもう買えない。
少し歩いてローソンストア100まで行って買うしかないようだ。

Amazonでも買えるが、少し割高になる。

まとめ

いなばの缶詰カレーといえばバターチキンカレーやタイカレーシリーズが有名なので、見たことある人も多いと思う。
(バターチキンカレーはとてもおいしかったが、タイカレーシリーズは辛くて苦手だった記憶がある。)

深煮込みカレーはそれら二つより量も多く、なによりめちゃくちゃおいしくて安いので、もし見かけたら一度食べてみてほしい。


いなば 深煮込みカレー 3缶パック×2個


いなば スパイシーカレー (165g×3缶)×2個

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: