声と姿勢(首や背骨)の関係性 上を向いて発声することで成長速度が上がる 無声練習ができる 等

これまでいくつか、
『首の角度(下向いたり上向いたり)と外喉頭筋群の発動のしやすさ』
に関する記事を書いてきた。

色々試した結果、やはり首の向きと声には大いに関係があることがわかった。

結論から言うと、
真上を向くと、外喉頭筋群が不自由になる傾向があるように感じた。
どちらかというと収縮してしまいやすく、高音が出にくくなる。
かといって低音が出やすいわけでもない。

声と首と姿勢

これ見ても顎を引くと喉頭位置の低い声が発動しやすいことがなんとなくわかる。

多分多くの人は顎を引くと二重あごになると思うが、顎の肉で喉頭が下に押し込まれ、下がりきる。

これは、太った人に歌が上手い人が多いことに関係してるんじゃないかと前から思っている。
顎肉が喉頭を下げ、喉頭位置の低い声が発動しやすくなると、地声の場合は内筋が入れやすく良い声になり、裏声の場合は最大限の伸展がしやすくなりピッチもよくなる。

実際に声を出してみる

実際に試してみてほしい。

真上を向いて、高音が出しにくく、声自体出しづらくないだろうか?
二重あごになるまで顎を引くと、伸展・閉鎖しやすく(高音が出しやすく)、声自体出しやすくないだろうか?

真上を向いてアンザッツ5+仮声帯ノイズやアンザッツ6+仮声帯ノイズやホイッスルボイスを出してみてほしい。
ホイッスルボイスは特に難しく、音が立ち上がらないと思う。

逆に言うと、ホイッスルボイスや6など、伸展が強い声を出そうとすると、自然と顎を引いてしまわないだろうか?
人間は無意識に、出したい声の発動する外喉頭筋が発動しやすい首の向きをするように思う。

ちなみに、ハイトーンボーカリストとして有名な小野正利さんや稲葉浩志さんも、基本的に顎を引いて歌っている。
オペラ歌手もみんな顎を引いて歌っている。

苦しそうに内筋で持ち上げようとすると、無意識に顎が前に突き出たり、上を向いてしまう人が多いと思うが、顎を引いたほうが内筋は入れやすいのでよくわからない。

負荷がかけられる

前の記事で、真上を向くとアンザッツ5+仮声帯ノイズが出しづらいが、がんばって出した後は、普通の姿勢になった時にめちゃくちゃ出しやすくなる、などと書いた。
それは、真上を向くという、外喉頭筋群が不自由になる条件の中で、喉頭位置だけを引き上げようとすることで、負荷がかかり、効率的に筋肉が鍛えられるということじゃないだろうか。

声と首と姿勢

首の角度というのは姿勢と大きく関係する。
なので、姿勢によって、特定の外喉頭筋が発動しづらくなったりするはず。

例えばストレートネックやクレーンネック(冒頭の画像参照)の人は、上向き気味、顎突き出し気味になるので、外喉頭筋群が不自由になるので喋りにくくなったり歌いにくくなったりするはず。
逆に、顎を引いてる人(そうすると必然的に反り腰になる。骨盤や背骨も関係するので後述)は、外喉頭筋群がある程度自由になので喋りすかったり歌いやすかったりするはず。

真上を向く・顎を突き出すというのはストレートネック・クレーンネックなどの『悪い姿勢』という方向だが、顎を引くのは、一般的に悪い姿勢とは言われない。
短絡的だが、やはり『良い姿勢だと声も出やすい』ということなんだろうか。

これまで『声』と『人格』の関係性について考えすぎなほどに考えてきたが、今回『声』と『姿勢』がつながった。
そして姿勢とは、結局は骨盤と背骨(特に腰椎1~5番)と関わってくる。

さらに、ここ最近俺が学んでいる野口晴哉氏の『体癖』をあわせて考えると、『背骨』は『人格』にも関わってくる。

つまり、『声』『姿勢(背骨)』『人格』は、すべて関係しあっている。

そのことでわかるのはつまり、
『その3つのどれかを変えてしまえば、他の2つに影響する』
ということである。

具体的なものから変えるのが確実

ただ法則があり、『具体的なもの』を変えたほうが『抽象的なもの』は変えやすいということ。
上の3つで言うと、『背骨』という物理的で具体的なものから変えたほうが、声や人格に影響がでやすい。

声や人格という抽象的なものから変えようとすると、背骨という物理的で具体的なものに阻まれやすい。
これは実体験からも間違いない。

俺は何十年もパソコンの前に座って過ごしてきて、姿勢が悪く、どちらかというと顎が前に出ている。
だから、外喉頭筋が不自由になって、呼気圧迫やすっぽぬけ気味でしか歌えなかったという感じだろうか。

最近は、軽い声で歌うときは顎を引いて歌っているが、相当声が出しやすい。
出しなれてないこともあり、上を向き気味、顎を突き出し気味にするとすぐに収縮してしまう。
だが、具体的にどういう姿勢を軸にして歌えばいいかわかったことは大きい。

俺の知り合いは、ずっと前に俺の声を聴いただけで俺の姿勢が悪いことを見抜いた。
たぶん声のバランスから、顎が突き出ていて、自由度が低くなっていることがわかったんだろう。

結局は背骨(腰椎)

顎を限界まで引くと、腰は反るはず。
そして、真上を向いたり顎を突き出すと、背中や腰は曲がる。

これらはまさに体癖論でいうところの『腰椎』が関係しているはず。

腰椎1~5番のどこに偏って生まれてきたかで人格(嗜好やこだわりなどあらゆるもの)がある程度決まる、というのが野口晴哉氏の体癖論だ。

腰椎何番かが硬い→背中が曲がる(顎が突き出る)→自由度の低い声になる
腰椎何番かが硬い→背中や腰が反る(顎を引く)→声を出しやすくなる
というようなことが有り得そうだ。

声と人格も、声と姿勢(背骨)も、姿勢(背骨)と人格も、すべてつながっていて、相互作用しているということになる。

追記:しゃくれと下唇

下唇を下の歯に少しかぶせると喉頭位置の低い声とか喉頭位置の低い仮声帯ノイズが出しやすくなり、高音で喉頭位置が上がってしまいそうになるときに低い喉頭位置を保てる。

アゴをしゃくれさせても同じような効果ある。

つまり、アゴをしゃくれさせたり下唇を下の歯にかぶせると喉頭位置の低い裏声が出しやすい。
とにかく、喉頭位置が強制的に上がりづらくなる。

ハイトーンボーカリストにアゴしゃくれ気味な人が多いのと多少関係あると思う。
小野正利さんとか稲葉浩志さんとかKODAIさんとか。

草野マサムネさんもアゴしっかりしてるほうだし、ライブでは頻繁に下唇を下の歯にかぶせたような口の開け方をする。

この動画の1:33など。
ちなみに草野さんは喉頭位置の低い裏声がかなり強い。

骨格が声に影響するというのは、声帯の長さや共鳴云々より、外喉頭筋群をどの方向に引きやすい首周りの形をしてるかが重要な気が最近はする。

まとめ

このことは個人的に目からウロコなんだが、どこまで正しいかはわからない。
とりあえず腰椎はおいておいて、真上を向く、顎を引く、という風に首の角度を変えてみて、声がどう変わるか、どんな声が出しやすく、どんな声が出しにくくなるか、試してほしい。

書き忘れたが、
顎を引くと腰が反るといっても、体ごと下を向いて顎を引く(体ごとを前めりにさせる)
というのもあるし
上を向く・顎を突き出すと背中が曲がるといっても、体ごとを後ろにのけぞらせて上を向く
というのもあるので、そこらへんについては今後検証します。

上を向いて仮声帯発声や吸気地声を出したあとの効果 声が軽くなる 努力性が下がる

2chのミックスボイス判定スレだかに、
「上を向いても普通に声が出ればミックスボイス」
みたいなことが書いてあったせいで、
『上を向いて声を出す』
ということは無意味だし練習にもならない、と思っていたが、何らかの効果はあるようだ。

普通に出す声の努力性が下がる、裏声も出しやすくなる

別の記事にも書いたように最近は吸気地声と、アンザッツ4+仮声帯ノイズとアンザッツ5+仮声帯ノイズをメインにやっている。

吸気地声は3aと1をやっているが、どちらかというと1をやっている。

吸気1でF4~A4くらいまで引っ張り上げているのだが、その際に、思いっきりのけぞって、これ以上上を向けないくらい上を向いて出そうとすると、めちゃくちゃ出しにくい。

音が上がりきらないか、裏声にすっぽ抜けるのどちらかになる。
上を向いた状態でいきなり出そうとすると、立ち上がりが間抜けな裏声になったりする。

それでも無理やり、前を向いた状態から声を出して徐々に上を向いたりして、(筋トレの)背筋みたいな動きをしながら、出来る限り真上を向いて出るようにしていった。

すると様々な効果が現れた。

まず吸気でそれをやったあとは、前を向いて普通に出す地声が出しやすくなる(努力性が下がる)。

呼気だと、地声が軽くなり、低音を含め出しやすくなるのはもちろん(吸気やった後は閉鎖しやすくなるのでこれは共通)、軽い地声(地声と裏声の中声)も出しやすくなり安定感が増す。
さらに、アンザッツ4+仮声帯ノイズ、アンザッツ5+仮声帯ノイズもかなり出しやすくなり、パリパリ感が高まる。

上を向いて仮声帯発声してみた効果

上を向いて仮声帯ノイズを出したあとは、呼気のアンザッツ4+仮声帯ノイズ、アンザッツ5+仮声帯ノイズがすごく出しやすくなり、軽くなり、パリパリ感がすごくなって楽しかった。
なので、今度は呼気のアンザッツ4+仮声帯ノイズとアンザッツ5+仮声帯ノイズも、上を向いて出してみた。
これもかなり出しづらく、音が上がりきらないか、息の量を増やさないと仮声帯ノイズがパリっと鳴ってくれなかった。

口を開けて出すとあまりにもうるさいので、ハミングで出した。
(ハミングだと甲状舌骨筋が働きやすくなるのだったか、アンザッツ4+仮声帯ノイズよりアンザッツ5+仮声帯ノイズのが出しやすくなるイメージ。)

なんとか頑張って、前を向いて普通に出し続けながら徐々に上を向く、とかを繰り返し、吸気のときと同じく背筋みたいな動きをしながら、完全に上を向いた状態で出すために頑張ってみた。

それをやったあとの効果は、さらに声が軽くなったという感じ。

これまでにないくらい軽い声が安定した。

高負荷トレーニング?

なぜ上を向いて声を出すと、以上のような効果があるのか。

多分だが、喉頭を引き上げる筋肉が鍛えられるからじゃないだろうかと思う。

真上を向くことで外喉頭筋群が可動しづらくなる。
その状態で、それに抗うように1や5などの、喉頭を引き上げる必要がある声を出す。

体ごと外喉頭筋群が不自由になっているのに対して、喉頭だけ頑張って上に引っ張る。
これが、高負荷トレーニングとなり、喉頭を引き上げる筋肉が強烈に鍛えれるということなんじゃないかと思う。

すべて憶測です。

追記

上を向いて声出すと、吸気・呼気・地声・裏声問わず、音程が上がりきらない。
『上を向いた状態で出せる最高音が今の静的バランスで出せる純粋な最高音』じゃないかという仮説も出てきたので、また検証します。

追記:検証した結果、
『上を向いた状態で出せる最高音が今の静的バランスで出せる純粋な最高音』
かどうかはわからないままだが、少なくとも上を向くと外喉頭筋群の自由度が下がるのは間違いないので、高音も当然出づらくなるはず。

吸気5+仮声帯ノイズで最高音まで上昇しながら、背筋みたいな動きしながら限界まで真上向いていくと引き上げが下品なほど鍛えられる 筋トレ並

引き下げもないと間抜けになるので、上向きながら限界まで喉頭位置を下げて6+仮声帯ノイズやフォールスコードやチェストベースをやると引き下げの筋トレになるかと。まだそんなに試してないけど開大にかなり利く感じがある。

引き上げにしても引き下げにしても、限界まで上を向いてやったほうが、通常より負荷がかかって筋トレ的効果が高いというのは間違いないと思う

まとめ

声を変化させるには、今まで出してこなかった声、普段出さない声を出すのが重要。
そう考えると、真上を向いて声を出す、ということは普段しないし、効果があるのも納得できる気がする。

筋肉的に負荷がかかってしんどいが、声帯に対して危険な感じはしないし、目に見えた効果もある。
今後も吸気アンザッツ1、アンザッツ3a、呼気アンザッツ4+仮声帯ノイズ、アンザッツ5+仮声帯ノイズをやっていくが、その際には上を向いて出す練習も取り入れていこうと思う。

ちなみに自分はタングトリルが苦手で、真上を向かないとなぜか出来ないので、以下の記事のタングトリル+仮声帯ノイズは真上を向いてやりました。

無声練習(声を出さない発声訓練)で外喉頭筋群を鍛える方法

これまで、
『歌を歌う前に一時的に地声と裏声のバランスを変えたい』
などと言って、取り急ぎの『発声練習』メニューを色々と考えてきた。
(例えば俺に合ったものだと、アンザッツ5+仮声帯ノイズ、ニャースの真似(アンザッツ5+仮声帯ノイズ+内筋)、吸気地声など。)

その過程で、
『声を出せなくても一部の外喉頭筋群を鍛える方法』
を見つけた。

少なくとも俺には明らかに効果があり、それをやった後、声の出しやすさや音色が明らかに変わる。
おそらく効果があるのは俺だけではないと思うので、興味がある人は試してみて欲しい。

喉頭位置を上げる筋肉を鍛える方法

まず、喉頭位置を上げる筋肉を鍛える方法。

とてもシンプルで、
『限界まで真上を向いて、その状態で若干顎をしゃくれさせながら唾を飲み込む』
だけ。

それでも足りない場合は、かなり不格好になるが、
『限界まで真上を向いて、その状態で顎を若干顎をしゃくれさせながらベロを限界まで天井に垂直に突き出して上の歯を舐めようとする』
という方法もある。
俺の場合前者では足りず、後者を思いっきりやらないと効果が薄い。

やってみると分かると思うが、めちゃくちゃ苦しい。
唾を飲み込もうとしてもなかなか飲み込めないと思う。

だがその苦しい動作を3~4回繰り返すだけで、明らかに喉頭を引き上げる筋肉と、閉鎖する筋肉が鍛えられている。
それをやり終わった後、声を出してみると明らかに閉鎖が働いた声が出しやすい。

ちなみに俺はこの練習をやった翌日、顎の下が痛くなった。
危険な痛みではなく、よくある筋肉痛の痛み。

もし甲状舌骨筋が筋肉痛になっているのだとしたら面白い。

喉頭位置を下げる筋肉を鍛える方法

次に、喉頭位置を下げる筋肉を鍛える方法。
これは、
『姿勢を正して、口を閉じて限界まで顎を引き、その状態で口を開けてさらに喉仏をアゴの圧力で下に押し込む』
だけ。

または、
『口を半分開けた状態を維持しながら限界まで下を向くように何度も頷く動きをする』
という方法もある。

それをやった後に声を出してみると、明らかに太い声や下が発動した頃が出しやすいはず。

前と後の分離や融合(混合)

後と前の分離というのがよくわからない。
つまり混合しやすいということじゃないだろうか。

後は裏声感、前は地声感、というイメージは間違いないと思う。
前と後は、無声での練習では鍛えられそうな気もする。

追記:『ホイッスルボイスを出そうとして声だけ出さない状態』をやると、無声でも伸展や外筋が鍛えられるようなので、前や後というか内喉頭筋群も、無声で鍛える方法はいくつかあるかも。

自在性と可動範囲

結局のところ歌で使う(求められる)声のほとんどは『(自在性としての)アンザッツ3b』であり、それは瞬間的にすばやく外喉頭筋群を好きな方向に引っ張れることだとわかりはじめた。
その外喉頭筋群を長期的に鍛えていくのが某発声訓練という発声訓練法のはずなので、この無声練習もひとつの有効な手段のはず。

とりあえずこの無声練習は、歌う前に『上と下の可動範囲』を整えるのにも使える。 
すばやく、そして静かに行えるので便利。
これこそ、俺が前々から試行錯誤してきた『発声練習(歌う前の準備)』そのものである(この場合は無声だが。)

発声練習でもあるし、長期的な発声訓練でもあるので、今後もこの無声練習を続けていく。

まとめ

ちなみに、限界まで上を向いたり下を向いたりしながら、無声じゃなくちゃんと声を出す練習も色々と有効なはず。
それに関しては前と後の発動や分離の感覚に重要な気がするが、書かないといけないことが一気に増えるので、また別の記事で書きます。

関連記事

声と人格の関係性 地声と裏声のバランス 仮声帯 骨格や幼少期の影響 ものまね ギャグ 変顔ができる可動範囲 等
俺は、声(特に歌声)は本当にその人の人格そのものだと思っている。 最近は具体的には地声と裏声のバランスと、仮声帯が気になる。 男性と...
アンザッツ5+仮声帯ノイズの絶叫、という記事で、以下の17歳のときの俺の音源を紹介した。しかし色々勉強した結果、その音源は全く純粋なアンザッツ5+仮声帯ノイズではない。ホイッスルボイスが大きく関与しているし、その記事はタイトルを変更した。こ


はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。

地声と裏声とアンザッツの概要や発動する筋肉名
地声系アンザッツ 地声とは ・定義は内筋 ・重い ・分厚い ・低音発声に重要 ・男性的 ・閉鎖筋(間筋、側筋)の発動によっ...
内喉頭筋群と外喉頭筋群(喉頭懸垂機構)の筋肉名と略称 働きや役割について
このブログでよく登場する喉の筋肉名を、内喉頭筋群と外喉頭筋群(喉頭懸垂機構)に分けて、その名称と働きについて記しました。 内喉頭筋群は...
発声訓練時に用いる言葉(用語)や表現について 定義 感覚の共有 イメージの食い違い 等に注意
このブログで用いている言葉一覧 発声訓練 ※1 発声練習 ※2 地声 裏声 中声 ※3 女声 ※4 美声 ...
発声訓練を実践する際の基本的な考え方
この記事では、俺自身が独学で発声訓練を実践するにあたって基本スタイルや、考え方などの注意事項を記します。 声の可能性 ・すべ...

このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に発声訓練に関する記事の内容は、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: