声と姿勢(首/背骨)と人格の関係性 顎を引いた発声と真上を向いた発声

これまでいくつか、
『首の角度(下向いたり上向いたり)と外喉頭筋群の発動のしやすさ』
に関する記事を書いてきた。

色々試した結果、やはり首の向きと声には大いに関係があることがわかった。

結論から言うと、
真上を向くと、四方向すべて不自由になる傾向があるように感じた。
どちらかというと収縮してしまいやすく、高音が出にくくなる。
かといって低音が出やすいわけでもない。

声と首と姿勢

これ見ても顎を引くと喉頭位置の低い声が発動しやすいことがなんとなくわかる。

多分多くの人は顎を引くと二重あごになると思うが、顎の肉で喉頭が下に押し込まれ、下がりきる。
(後下に引くには喉頭を下げきる必要がある。)

これは、太った人に歌が上手い人が多いことに関係してるんじゃないかと前から思っている。
顎肉が喉頭を下げ、喉頭位置の低い声が発動しやすくなると、前下の場合は内筋が入れやすく良い声になり、後下の場合は最大限の伸展ががしやすくなりピッチもよくなる。

逆に、限界まで上を向くと後下が前下に引っ張られすぎて動けなくなるから、伸展できなくなるんじゃないだろか。

実際に声を出してみる

実際に試してみてほしい。

真上を向いて、高音が出しにくく、声自体出しづらくないだろうか?
二重あごになるまで顎を引くと、伸展・閉鎖しやすく(高音が出しやすく)、声自体出しやすくないだろうか?

真上を向いて5ガムや6ガムやホイッスルボイスを出してみてほしい。
ホイッスルボイスは特に難しく、音が立ち上がらないと思う。

逆に言うと、ホイッスルボイスや6ガムなど、後下の発動が強い声を出そうとすると、自然と顎を引いてしまわないだろうか?
人間は無意識に、出したい声の発動する外喉頭筋が発動しやすい首の向きをするように思う。

ちなみに、ハイトーンボーカリストとして有名な小野正利さんや稲葉浩志さんも、基本的に顎を引いて歌っている。
オペラ歌手もみんな顎を引いて歌っている。

苦しそうに内筋で持ち上げようとすると、無意識に顎が前に突き出たり、上を向いてしまう人が多いと思うが、顎を引いたほうが内筋は入れやすいのでよくわからない。

負荷がかけられる

前の記事で、真上を向くと5ガムが出しづらいが、がんばって出した後は、普通の姿勢になった時にめちゃくちゃ出しやすくなる、などと書いた。
それは、真上を向くという、四方向すべて不自由になる条件の中で、前上を発動させようとすることで、負荷がかかり、効率的に筋肉が鍛えられるということじゃないだろうか。

声と首と姿勢

首の角度というのは姿勢と大きく関係する。
なので、姿勢によって、特定の外喉頭筋が発動しづらくなったりするはず。

例えばストレートネックやクレーンネック(冒頭の画像参照)の人は、上向き気味、顎突き出し気味になるので、外喉頭筋群が不自由になるので喋りにくくなったり歌いにくくなったりするはず。
逆に、顎を引いてる人(そうすると必然的に反り腰になる。骨盤や背骨も関係するので後述)は、外喉頭筋群がある程度自由になので喋りすかったり歌いやすかったりするはず。

真上を向く・顎を突き出すというのはストレートネック・クレーンネックなどの『悪い姿勢』という方向だが、顎を引くのは、一般的に悪い姿勢とは言われない。
短絡的だが、やはり『良い姿勢だと声も出やすい』ということなんだろうか。

これまで『声』と『人格』の関係性について考えすぎなほどに考えてきたが、今回『声』と『姿勢』がつながった。
そして姿勢とは、結局は骨盤と背骨(特に腰椎1~5番)と関わってくる。

さらに、ここ最近俺が学んでいる野口晴哉氏の『体癖』をあわせて考えると、『背骨』は『人格』にも関わってくる。

つまり、『声』『姿勢(背骨)』『人格』は、すべて関係しあっている。

そのことでわかるのはつまり、
『その3つのどれかを変えてしまえば、他の2つに影響する』
ということである。

具体的なものから変えるのが確実

ただ法則があり、『具体的なもの』を変えたほうが『抽象的なもの』は変えやすいということ。
上の3つで言うと、『背骨』という物理的で具体的なものから変えたほうが、声や人格に影響がでやすい。

声や人格という抽象的なものから変えようとすると、背骨という物理的で具体的なものに阻まれやすい。
これは実体験からも間違いない。

俺は何十年もパソコンの前に座って過ごしてきて、姿勢が悪く、どちらかというと顎が前に出ている。
だから、外喉頭筋が不自由になって、呼気圧迫やすっぽぬけ気味でしか歌えなかったという感じだろうか。

最近は、軽い声で歌うときは顎を引いて歌っているが、相当声が出しやすい。
出しなれてないこともあり、上を向き気味、顎を突き出し気味にするとすぐに収縮してしまう。
だが、具体的にどういう姿勢を軸にして歌えばいいかわかったことは大きい。

俺の知り合いは、ずっと前に俺の声を聴いただけで俺の姿勢が悪いことを見抜いた。
たぶん声のバランスから、顎が突き出ていて、自由度が低くなっていることがわかったんだろう。

結局は背骨(腰椎)

顎を限界まで引くと、腰は反るはず。
そして、真上を向いたり顎を突き出すと、背中や腰は曲がる。

これらはまさに体癖論でいうところの『腰椎』が関係しているはず。

腰椎1~5番のどこに偏って生まれてきたかで人格(嗜好やこだわりなどあらゆるもの)がある程度決まる、というのが野口晴哉氏の体癖論だ。

腰椎何番かが硬い→背中が曲がる(顎が突き出る)→自由度の低い声になる
腰椎何番かが硬い→背中や腰が反る(顎を引く)→声を出しやすくなる
というようなことが有り得そうだ。

声と人格も、声と姿勢(背骨)も、姿勢(背骨)と人格も、すべてつながっていて、相互作用しているということになる。

まとめ

このことは個人的に目からウロコなんだが、どこまで正しいかはわからない。
とりあえず腰椎はおいておいて、真上を向く、顎を引く、という風に首の角度を変えてみて、声がどう変わるか、どんな声が出しやすく、どんな声が出しにくくなるか、試してほしい。

書き忘れたが、
顎を引くと腰が反るといっても、体ごと下を向いて顎を引く(体ごとを前めりにさせる)
というのもあるし
上を向く・顎を突き出すと背中が曲がるといっても、体ごとを後ろにのけぞらせて上を向く
というのもあるので、そこらへんについては今後検証します。

関連記事

声は人格そのもの 地声と裏声のバランスと仮声帯発声 自己主張と自己犠牲
俺は、声(特に歌声)は本当にその人の人格そのものだと思っている。 最近は具体的には地声と裏声のバランスとガムが気になる。 男性と女性...
後下(輪状咽頭筋)への引きがある声とは 支え、張り、ハスキーボイス(サラサラ声)、野原しんのすけ声との関係
けっこう前から、 『後下への引き』 『後下に引いた声』 という言葉の意味がよくわからず、考えてきたが、やっとわかってきた。 簡単...
無声練習(声を出さない発声訓練)で外喉頭筋群を鍛える方法
これまで、 『歌を歌う前に一時的に地声と裏声のバランスを変えたい』 などと言って、取り急ぎの『発声練習』メニューを色々と考えてきた。 ...
上を向いてガムや吸気地声等の声を出したあとの効果 声が軽くなる 努力性が下がる
2chのミックスボイス判定スレだかに、 「上を向いても普通に声が出ればミックスボイス」 みたいなことが書いてあったせいで、 『上を向い...
声と姿勢(首/背骨)と人格の関係性 顎を引いた発声と真上を向いた発声
これまでいくつか、 『首の角度(下向いたり上向いたり)と外喉頭筋群の発動のしやすさ』 に関する記事を書いてきた。 色々試した結果、...

はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。


このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に自己啓発と発声訓練に関する記事は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする