スタンディングデスク+バランスボードで作業効率は上がるのか 健康への効果など レビューと感想

パソコンの前での生活がとにかく長い人生なので、作業環境には拘ってきた。

去年夏から地べたに座って作業していたのだが、20歳前後からの持病である坐骨神経痛がひどいことになったので、これはやばいと思い、スタンディングデスクを試すことにした。
以前も試したのだが、その時はステッパーもバランスボードも使っていなかったので、足が膠着して疲れ果てすぐにやめてしまった。

今回は『IODOOS パソコンデスク 昇降式テーブル ガステーブル 立ち机 スタンドデスク 幅62×奥行43cm 高さ73~108cm ストッパー付きキャッスター (ホワイト) 31A』というちゃんとしたスタンディングデスクと『バランスボード ダイエット 体幹トレーニング用 Everymile 滑り止め 直径40cm 運動不足 エクササイズ 持ち運びやすい コアマッスル 丸形 運動 健康 リハビリ ケガ予防』を買った。

今日投稿した記事はすべてスタンディングデスク+バランスボードの環境で書いたものだが、その二つの環境とは比べ物にならないほど集中できて作業が捗る。

追記:
この記事は、作業環境の変化によるテンションの高さもあって、過剰に絶賛してしまっています。
『体癖』を踏まえると、この作業環境は危険かもしれないので注意してください。

体癖については以下の記事をご覧ください↓

体癖論の概要 性格分析/診断方法/特徴に関する記事まとめ
体癖(たいへき)とは、野口整体の創始者である野口晴哉がまとめ上げた、人間の感受性の癖を表す概念。 身体の重心の偏りや腰椎のゆがみと個人の感...

作業効率と健康への効果

今この記事もスタンディングデスク+バランスボードで書いている。
立っている状態で作業に集中できるのか、と思ったが、むしろかなり集中できる。

立っていると言うより、厳密にはバランスボードの上で『バランスを取り続けている』。
これはただ棒立ちしているのとは違い、止まっている用に見えても全身のあらゆる筋肉を使っているようだ。

人間の体は同じ姿勢を保つことが最も危険で不健康らしいが、バランスボードの上に立てば、止まっているだけでも筋肉(インナーマッスル?)が使われ、たまにステッパー的動きもできるのでかなり良い。
ステッパーよりは動きは少ないが、片足で乗るなど、ステッパーにはできないことができる。

バランスボードに立って作業していると、坐骨神経痛の疼痛が出ることもほぼ全くない。
右肩の肩コリもだいぶましだ。

ただ、上半身が少し固着しそうな感じがある。
作業しながらバランスボードの上で動いたりするのだが、下半身が主に使われていて、上半身はあまりほぐされていないかもしれない。

重力がある以上、座っても立ってもどこかしらに負担がかかるものだが、俺の骨格の場合、足よりも上半身、特に背中に負担がかかっている感じがする。

なので、数十分か1時間に1回くらいはバランスボードから降りて部屋を歩いたり、上半身のストレッチをしようと思う。

座ることはとにかく危険

俺は名古屋に引っ越してからはイス+デスクだったのだが、坐骨神経痛がひどくなったのでバランスボール+イスにし、それでもよくならないので、去年の夏から地べたに座るようにしたが、坐骨神経痛が最大級にひどくなった。

地べたに座っていた時は最悪で、常に坐骨神経痛の疼痛に苛まれ、夜寝る時も続いていた。
バランスボールイスは少しマシだったが、背中が丸まって右肩が肩コリになった。

座り続けていると死亡リスクが何10%か上がるという研究結果は有名だし、実際に間違いないと思う。
じゃあ棒立ちするのがいいのかというと、まぁ座るよりはいいのだが、結局同じ姿勢を保っているなら体に悪い。
棒立ちも座るのと同じく、同じ姿勢を続けがちで、血液や疲労物質が溜まってしまう。

一番いいのは、歩き続けることだと思う。
メンタリストのDAIGOさんも言っていたが、座っているより立っているほうが意思決定数5~30%上がり、歩きながら勉強や読書をすると記憶力もあがるとか。

座っている状態は、寝ている状態と立っている状態の中間と言える。
寝ている状態は文字通り睡眠を取るのに適した形だし、立ったり歩いたりしている状態は『活動』している状態だ。

正直、日中起きて活動している時は、外を歩くときだけじゃなく、パソコンや事務作業をしているときでも、ステッパーなどで歩く動きをし続けるのがいいんじゃないだろうか。
バランスボードはステッパーと違い、歩いている動きからは遠いが、いろんな筋肉が動いているので、棒立ちよりは遥かに良い。

各態勢の精神状態

野口晴哉氏の体癖論を学んだことで、『身体(特に骨盤・腰椎)』と『精神(人格含む)』の関係性がわかってきて、特にそう思う。

よく言われることだが、体を動かしていると基本的には暗い考えになったりしづらい。
鬱の人も、体を動かせば治るとよく言われている。
それはホルモンや脳内物質も関係あるだろうが、やはり腰椎の動きが精神に影響を与えているように思う。

地べたに座っていた時は、腰椎何番が活性化しているのかはわからないが、なんとなく考え過ぎたり、やる気が出きらない感じだった。
バランスボールに座っていた時は、なにか落ち着かず、集中がしづらかった。

バランスボードに立つと更に集中しづらくなるのかと思いきや、おそらく一番集中できている。

俺は記事を書いたり絵を描く時はどっしりと腰を据えたいので、地べたに座っていた。
(バランスボールを背もたれにして、足を放り出す座り方。)

寝ているみたいで楽な気はしたが、あまりにも腰に悪いし、椅子に座るより死亡リスクも高いように思う。
坐骨神経痛がシャレにならないほどやばくなったし、この態勢を続けていてたら臓器系にもいずれなにか起こるんじゃないかと感じた。

地べたに座るのは確かに腰が据わる感じがあったが、エンジンがかかるのは遅かった。

スタンディングデスク+バランスボードの場合は、すぐにエンジンがかかる(着手できる)かつ、集中できる。
キッチンなど別の場所に移動する時も、バランスボードから降りるだけで、地べたやイスに座っている時のように立ち上がる必要がなくシームレス。

これはマジで最強なんじゃないかと思う。

まとめ

ちなみにスタンディングデスク+バランスボードという環境では、食事とお絵描き(ペンタブ作業)はまだ試していない。
その二つは、さすがにバランスボードからは降りて、普通に床に立った状態で行おうと思っている。

食事くらいイスとテーブルでとれば、と思うかもしれないが、食事さえも、立って行ったほうが体に良い・消化に良いらしい。
諸説あるかもしれないが、立っていると腹筋に力が入るし、正しい情報かと思う。

あと上述のように、歩くことは重要だし、バランスボードだけでは運動不足解消には微妙な気がするので、いずれステッパーも買いたい。
どちらも取り回しのしやすいものなので、数時間ごとにステッパーとバランスボードを交代交代にして作業してもいいかもしれない。

買ったらバランスボードと比較してまたレビューします。


IODOOS パソコンデスク 昇降式テーブル ガステーブル 立ち机 スタンドデスク 幅62×奥行43cm 高さ73~108cm ストッパー付きキャッスター (ホワイト) 31A


バランスボード ダイエット 体幹トレーニング用 Everymile 滑り止め 直径40cm 運動不足 エクササイズ 持ち運びやすい コアマッスル 丸形 運動 健康 リハビリ ケガ予防


グリーンハウス 液晶ディスプレイアーム 2軸 クランプ式 GH-AMC02

次の記事

スタンディングデスク+バランスボードという作業環境を2週間試した結果
前の記事↓ スタンディングデスク+バランスボードという作業環境にしてから2週間経つので、どういった効果があったか書いていきます...

関連記事

IODOOS スタンディングデスク 昇降式(ガス式)テーブルのレビュー(評価)、感想、口コミ、使用感
去年の夏から地べたに座っていて、20歳前後からの持病である坐骨神経痛がかなりひどくなり、これはやばいと思って、スタンディングデスク+バランス...
バランスボード Everymileのレビュー(評価)、感想、口コミ、使用感
地べたに座ったり、バランスボールに座って作業していたら坐骨神経痛がひどくなったので、スタンディングデスク+バランスボードで作業すべく『バラン...
グリーンハウス 液晶ディスプレイアーム  GH-AMC02 2軸 クランプ式のレビュー(評価)、感想、口コミ、使用感
『IODOOS パソコンデスク 昇降式テーブル ガステーブル 立ち机 スタンドデスク 幅62×奥行43cm 高さ73~108cm ストッパー...

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: