融合(混合)は勝手にしていくので分離を優先すべき

発声訓練においては、
分離(純化)・確立(強化)・融合
という工程が重要。

もう何度も書いているが、声だけでなく精神も自然界も宇宙も、
『放っておいても勝手に融合(混合)に向かう』

だから、『分離』を優先するくらいでちょうどいい。

バランスの法則

人間の体は暑くなったら汗をかいて体温を下げるし、寒くなったら震えて体温を上げようとする。

これが、自然界は放っておいても融合(混合)しようとする(中間に寄ろうとする)法則の一例。
バランスの法則とも言える。

声の場合は、しゃべったり歌ったりするだけでも勝手に混合していく。

だからこんなにも声も精神も混合している人が多い。

声も精神も、融合(混合)は放っておいても勝手にするから、人が優先すべき意識や行動は『分離』だ。

3bが最も危険

何事も『中間』『中庸』というと安定しているように見えるが、極端なことができないという致命的な欠陥を抱えている。
人生でもなんでも、極端なことや、やったことがないことや、強烈な体験などをしなくなると、成長しなくなる。

可動範囲がどんどん狭まり、自在性がなくなり、固着していく。

声でいうと3b(中間の声)が一番危険だ。
地声には伸展が混合し、裏声には収縮が混合するようになる。

それはつまり地声も裏声もしょぼくなっていく、喪失していく、純粋性がなくなっていくと言える。

中間への偏り

中間というと『どこにも偏っていない』ように感じるかもしれないが、実際は『中間に偏っている』。

地声が左端、裏声が右端、3bが中間だとすると、
『中間(3b)に偏ると、端が弱くなっていく』
と言える。

これをなんとかするには、徹底的に分離して純粋性を取り戻してから、一つ一つを確立(強化)していくしかない。
確立(強化)は、『(端の)拡大』と言えるかもしれない。

端の弱い中間は弱い。
つまり、分離と確立が出来ていない状態(一つ一つが弱い状態)での融合(混合)はしょぼい。

偏ることも偏らないこともできるようになることが『自在性』だ。

『音色としての3bは地声と裏声の中間(混合・融合)』
『機能としての3bは自在性』

だとすると、『機能としての3b』は『分離も融合も包摂する』と言える。

まとめ

以上です。

関連記事

融合(混合)よりも分離のほうが難しい バランスの法則
声においても精神においても、融合(混合)よりも分離のほうが難しい。 声を混ぜること自体は、程度に差はあれど、大多数の人間が意識的、無意...
中間の声に偏って(混合して)端が弱くなり地声も裏声も喪失に向かっている例
久々にnanaに投稿して、その楽曲を17歳のときも歌っていて良い比較ができたので記事にします。 クリーンと中間の声(+ガム+エッジボイ...
「本気でやる」「半端にやる」「やらない」の全部ができるようになる必要がある
前の記事で、人生における目標の達成も、声や歌の向上も、極めるつもりで思いっきりやらないと分離の感覚が掴めず不完全に融合(混合)する それでは...
何事も中途半端な下手の横好きや器用貧乏は混合しやすい気がする
俺は何をやるのも中途半端な、下手の横好きだ。 器用貧乏とも言う。 広告収入事業、エッセイ(このブログ)、お絵描き、音楽制作、歌唱、映...

はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。


このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に自己啓発と発声訓練に関する記事は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする