開大(後輪状披裂筋)はキモ声成分 虚脱との関係

内喉頭筋群の働きには、大きく分けて、
伸展・開大・閉鎖・収縮
とあるわけだが、中でも『開大』は謎が多い。

開大に関して現時点で思ったことを書く。

結論から言うと、開大って虚脱にも近い気がするし個人的には一番キモ声に思える要素だ。

開大への印象

以前、
『外筋は内筋(良い声)と反比例するからキモ声になりがち』
と書いたが、外筋は閉鎖筋群をサポートし、ぴっちり閉鎖するのに使えるから美声に必要な気がする。

だが、開大は閉鎖と相反するし、どちらかというとキモ声要素じゃないかと思う。

(個人的な定義として、
伸展が利きまくった声(閉鎖も含む)を『美声』
収縮が利きまくった声を『良い声』
としている。)

いわゆる『虚脱した』声というのもすべて、開大筋が関与している気がする。

男みたいな声の女性には二種類あると思ってて、
内筋入って低い声・少年声になってる人(いわゆる酒焼けの人にも多い)
と、
伸展が足りなくて閉鎖できず、開大した裏声・男の裏声みたいな声で喋ってる人。

どちらにしても、女性らしさに何よりも必要なのは伸展ということ。

開大と収縮はセット?

よくわからないのは、
伸展⇔閉鎖(後下⇔前上)
がセットということは、
開大⇔収縮(後上⇔前上)
はセットのはずだということ。

前者は、
伸展しないと閉鎖できない
ということだが、なら、
開大しないと収縮できない
ということなんだろうか。

手のひらを合わせて例えてみるとわかるが(そう単純なものじゃないかもしれないが)、収縮させると真ん中が開くし、おそらく合っているはず。

伸展だけしていてあまり閉鎖はしていない声(ソプラノ声?)
があるから、
開大だけしていてあまり収縮はしていない声(ゾンビ声?)
もあるんじゃないだろうか。

よく考えたら両方とも
ある程度伸展してある程度開大した声
だろうか?
よくわからない。

少なくとも、
開大だけしていてあまり収縮はしていない声
は、大体の場合キモ声である。

開大だけしていて収縮はしていない声
というのは、
閉鎖(美声)
が弱く、
収縮(良い声)
も弱いということで、、キモ声と言っていいんじゃないかと。

伸展だけしていて閉鎖はしていない声
は、かなり伸展しているなら、ソプラノ歌手みたいな美声であるはず。

ちなみに、後ろが原因で前が結果だから、閉鎖している声は必ず静的に伸展している。
なら、収縮している声は静的に開大しているはず。

まとめ

現時点では開大にはやはり謎が多い。
開大筋(後筋)は伸展(前筋)をサポートするという役割もあるらしいのでよくわからない。

上にも書いたが、外筋は内筋と反比例するものの、閉鎖をサポートするので、美声に必要な要素ではある。
開大こそキモ声に近いはずで、どう扱っていいかわからない厄介なものという印象。

関連記事

外喉頭筋群 拮抗の関係は後下⇔前上と後上⇔前下 グラデーションの関係とは
これまで1年ほど、主にフースラメソードの外喉頭筋群(前後上下)と内喉頭筋(伸展や閉鎖)を軸にして、発声訓練の記事を書いてきた。 基本的には...
内筋と外筋と閉鎖筋群の関係と『内側で閉じる』『外側で閉じる』について
昔見かけた、 『内側で閉じる』 というのは閉鎖筋群と内筋で閉じるということで、 『外側で閉じる』 というのは外筋で閉じるということか...
内筋と外筋(エッジボイス)は反比例する 混合しやすい
少し前に発声訓練仲間と話していて初めて知ったのだが、内筋(内側甲状披裂筋)と外筋(外側甲状披裂筋)は反比例するらしい。 これはかなり重要な...

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする