女声の出し方(練習法) ひたすら伸展と閉鎖を鍛える 外筋と仮声帯によって内筋の発動を抑える

男性が女性らしい声で歌ったり喋ったりするにはどうすればいいのか。
声の低い女性が、もっと女性らしい声で歌ったり喋ったりするにはどうすればいいのか。

そのために必要な、いわゆる女声の出し方や訓練法を、アンザッツや、喉頭懸垂機構(外喉頭筋群)を用いて、現時点でわかっていることを説明します。

結論から言うと、女声を出すのに必要な、鍛えるべき喉の筋肉は前筋(輪状甲状筋)閉鎖筋(間筋、側筋)です。

追記:この記事の内容だけでは説明不足なので、以下の記事も参照してください。

女声の出し方(練習法) ひたすら伸展と閉鎖を鍛える 外筋と仮声帯によって内筋の発動を抑える
男性が女性らしい声で歌ったり喋ったりするにはどうすればいいのか。 声の低い女性が、もっと女性らしい声で歌ったり喋ったりするにはどうすればい...

伸展と閉鎖が重要

伸展、つまり前筋が最も強く働くのは喉頭が引き下がって、輪状咽頭筋が強く発動した時で、アンザッツでいうと6。
あとは純粋な裏声も、伸展を鍛えられる。
純粋な裏声は、裏声系すべて、または声すべての判断基準としても重要。

女性の声というのはとにかく声帯を薄く使っている。
男性が女性の声を出す場合、とにかく前筋を働かせ声帯を伸展し、薄く薄くしていく。

純粋なホイッスルボイスを出し、下降していくとセグメントがあるが、そこでブレイクせずに下げられるとかなり薄くて軽い裏声になるが、それも女性的な声に重要。
つまり、女性の喋り声くらいの高さの裏声でも、静的にホイッスルボイスを発動させ、とにかく薄く軽くしていくということ。

さらにアンザッツ6とホイッスルボイスとそれらが繋がった声を出せば、さらに最大限の伸展が鍛えられる。
そのためには結局ソプラノ歌手のマネしまくってればいいんじゃないかと。

それはつまり、喉頭位置の低いホイッスルボイスとも言えるかもしれない。
吸気でやってから、呼気でやってみることをおすすめします。

閉鎖筋による閉鎖

しっかり伸展させた後は、閉鎖筋でしっかり閉鎖しないといけない。
しっかり伸展させないとちゃんと閉鎖できないが、伸展出来ているから必ず閉鎖できるとは限らない。

ちなみに俺の女声は以下。
今は出せないし、この記事に書いてあることを実践して出したものじゃないので注意。

なんだ!

以下は少し開大してます。

コンバンハ

閉鎖筋が最も働くのは、喉頭を引き上げて、甲状舌骨筋が発動した時で、アンザッツで言うと5番、次に1番。
呼気圧迫を防ぐため、地声系であるアンザッツ1は吸気でやるほうがいい。

あとは、呼気吸気問わずエッジボイスもいい。
あらゆる喉頭位置でやるといいが、基本は高め。
とにかく内筋を抜ききる。

※閉鎖筋による閉鎖と、外筋(エッジボイス)による閉鎖は違いますが、長くなるのでここでは割愛します。
気になる方は、外筋に関する記事を参照してください。
外勤による閉鎖はあくまで補助であり、あくまで閉鎖筋による閉鎖が基本です。

仮声帯発声(抵抗の点)

女声で喋ったり歌うには、声帯が呼気の勢いに負けないようにする必要があるので、仮声帯発声が重要。

伸展と、閉鎖筋による閉鎖に深く関係するのは、アンザッツ5+仮声帯ノイズ。
アンザッツ5+仮声帯ノイズの良いサンプルは、『ボーカリストのための某発声訓練』の付属CDのトラック86 アンザッツ5+仮声帯ノイズ(女性)。
【ダウンロード】ボーカリストのための某発声訓練 付属CD

または、ポケモンのニャース(犬山イヌコさん)の声真似。
男性で、ニャースの声真似がそっくりに、なおかつ楽に出せれば、だいぶ仮声帯が鍛えられていると判断していいと思う。

ただしニャースの声は純粋なアンザッツ5+仮声帯ノイズではなく、そこそこ内筋が入っているので注意。
やりすぎると伸展できなくなってくる。

やはり内筋がほぼ入ってない純粋なアンザッツ5+仮声帯ノイズが一番良いと思う。

前提として、閉鎖筋で閉鎖させる前には、喉頭を引き下げて輪状咽頭筋で最大に伸展できる必要がある。
喉頭を引き下げて思いっきり伸展させるには、上にも書いたようにアンザッツ6や純裏が良い。

結局は中声

加えて、低音ではほんのわずかに内筋を入れれば、女性の地声っぽく聴こえるはず。
しっかり伸展し、喉頭を引き上げ、閉鎖筋を発動させられていても、内筋は入れるのが苦手という女性は多い。
女性的にするには、ほんの僅かに入れるのがポイント。

内筋がわずかに混合したアンザッツ5番というのは、定義の上では、初期段階の中声(3b)と言える。
男性が自由に自然な女声でしゃべるには、結局3bを出せるようになる必要がある。

ほとんどの女性は内筋がほとんど発動していない。
つまり、ドスのきいた低い声が出せない。

逆にほとんどの男性は内筋が発動しまくっている。
女声を出したい男性は、内筋の発動を抑える必要がある。

あと、女性的な抑揚や節回しは、女性を真似したり、自分が思う理想の女性のイメージを練り上げていくしかないと思う。

まとめ

俺の場合、俺の出したい声(女性的な中声)から見て、伸展が足りないことが改めてわかった。

俺は男だから(男性のモラルセンスに普通に影響を受けてきたから)内筋は元々そこそこ強いが、女声を出すには内筋の発動を抑える必要がある。

女性的な中声(や女声)を出すには、徹底的に伸展させまくるのが大前提。
その後、呼気に頼らずしっかりと閉鎖し、内筋を少しだけ入れる。
何度も書くが、そのためには外筋(呼気吸気、あらゆる喉頭位置のエッジボイスとホイッスルボイス)もかなり重要。

身体のストレッチと同じで、声帯もほっといたら内筋で収縮していき、地声に固着していく一方。
伸展は意図的に鍛えていかないといけないので、女性が男声を出すより、男性が女声出すほうがむずかしいと感じます。

外筋と仮声帯によって内筋の発動を抑える

今まで、男性が中性~女声を出すには、『伸展』と『閉鎖筋閉鎖による閉鎖』を鍛えることが最も重要であり大前提だと書いてきた。
(その方法に関しては前の記事を読んでください。)

さらに、その『伸展』と『閉鎖筋による閉鎖』をサポートするために、
『外筋(エッジボイス)による閉鎖』
と、
『仮声帯ノイズ』
をしっかり発動させる必要があるということに最近気づいたので書いていく。

喉頭位置の高いエッジボイス(外筋)

男性が女声を出すには、エッジボイス(外筋)の自由さが必要になる。

これまでも散々書いてきたが、外筋と内筋(=収縮=男声成分)は反比例する。
なので、女声を出すにあたっては、伸展を鍛えるのと同時に、内筋を抜くために、外筋を発動させることも重要になる。

まず、男性が思いっきり内筋を抜くには、呼気で喉頭位置の高いエッジボイスを出して、お婆さんのような声になったらいい感じ。
喉を狭め、仮声帯を少し内転させるのもポイント。
お婆さんじゃなく、声が高くて汚い萌え声女性に聞こえてもとりあえずOKかと。

喉頭位置が上がりきらない時は、舌をべーっと出してやってみるとうまくいきやすい
(うまくできない場合、先に吸気エッジボイスをやってみるといいかもしれない。)

呼気でそのお婆さんの声に裏声を混ぜると中性的~女性的な軽い地声になるはず(ある程度伸展が強く、裏声が自在なことが前提)。

以下は、普段の喋り声→外筋を発動させて内筋を抜き少しトーンを上げた。
俺はこのくらい低いほうが喋りやすいが、喉頭位置は上がりきっていない。
※別録りのため録音環境が違います。

お婆さん声に混ぜる感じでもいいし、お婆さん声を出しまくった直後に裏声を出してみても良い。

ちなみに、お婆さん声を出しまくった後は内筋がかなり抜けるので、純粋な裏声が出しやすいはず。

※この記事では『喉頭位置の高い外筋』のことばかり書いているが、喉頭位置が低くても、外筋が発動すればそれに比例して必ず内筋は弱まるので、女声ではあらゆる高さの外筋の発動が重要。
上の音源のように、アニメ声じゃなく、一般女性風の低い声を出す場合は喉頭位置は多少低いほうがいいかもしれない。

喉頭位置の高い仮声帯発声

その声のままでも歌うことはできると思うが、声を張りにくいはず。

女声を出したい男性でも、精神性が収縮・呼気圧迫で、テンション上がるとどうしても内筋が入って収縮しすぎてしまう(男声になってしまう)という状態ではうまくいきづらい。

声を張る・呼気量が増えるに伴って内筋が強まる(つまり外筋が弱まる)。
すると、喉頭位置の高さ(閉鎖筋と外筋)を維持できなくなる。

その場合に、喉頭位置の高い仮声帯発声が重要。

仮声帯を発動させることで『抵抗の点』で息の勢いを受け止めることができ、内筋の入り過ぎを防げる。
加えて、外筋による閉鎖も維持することができるようだ。

アンザッツ5+仮声帯ノイズ、赤ちゃんの鳴き声

喉頭位置の高い仮声帯発声の練習には、アンザッツ5+仮声帯ノイズが最適。
喉頭位置は上げきり、可能な限り内筋を入れないようにする。
そのためには、ホイッスルボイスや純粋な裏声も必要。

アンザッツ5+仮声帯ノイズの良いサンプルは、以下でダウンロードできるCDのトラック86 アンザッツ5+仮声帯ノイズ(女性)。
【ダウンロード】付属CD

内筋が入ってない純粋なアンザッツ5+仮声帯ノイズは、あえて言うなら赤ちゃんの泣き声かもしれない。

ニャース

喉頭位置の高い仮声帯発声にはニャースの真似も有効だが、純粋なアンザッツ5+仮声帯ノイズに比べて喉頭が上がりきっておらず、そこそこ内筋が入っているので注意。
やりすぎると伸展できなくなる。

そもそも自然な女性の声は極限まで喉頭位置が上がっているというわけではなく、そこそこ内筋が入っているので、そういうバランスの練習にはニャースの真似は有効。

女声は基本的に喉頭位置が高い(内筋が抜ける傾向)ので、この記事では喉頭位置の高い仮声帯ノイズとエッジボイスをメインに書いているが、キンキンしすぎないためには喉頭位置の低い外筋+少しの内筋や喉頭位置の低い仮声帯も必要。

当たり前のことだが、いざ女声を出す際には外筋も仮声帯も、
『ノイズが鳴らない程度』
に発動させることが重要。

喉頭位置の高い状態での自由度

俺が、『軽い声を出す前に準備が必要』と言って悩んでたときは、喉頭位置の高い仮声帯ノイズと喉頭位置の高いエッジボイスを混合しててよくわかっていなかった。

準備として前者ばかりやってたが、前者は後者を包摂するはずなので大きく間違ってはなかったはず。
そもそも喉頭位置の高い仮声帯ノイズとエッジボイスは聞き分け・出し分けが難しい。
仮声帯の発動によって外筋が強く働くのか閉鎖筋が強く働くのかはとても複雑でよくわからないので割愛します。

追記:上記のアンザッツ5+仮声帯ノイズやニャースに加えて、デスボイスに近くなってくるが『エッジボイス+仮声帯ノイズ』というものを発見した(名前は忘れた)。
上述のように、お婆さん声的なエッジボイスも、ノイズが鳴らない程度に仮声帯が内転していると思うが、それの仮声帯ノイズを顕在化させた版。
喉頭位置は高くても低くても出せるが、アニメ声的女声には当然高いほうが重要。

いかに内筋(収縮)を抜くか

女声の基本(喉頭位置高め)をまとめると、
伸展を徹底的に鍛え(前の記事参照)、
伸展⇔閉鎖を維持するために喉頭位置の高い外筋を発動させ、
喉頭位置の高い外筋を維持するために喉頭位置の高い仮声帯を発動させる、
ということ。

伸展と閉鎖(女声)を、お婆さん(喉頭位置の高いエッジボイス)とアンザッツ5+仮声帯ノイズまたはニャース(喉頭位置の高めの仮声帯ノイズ+内筋)でサポートするとも言える。

とにかく、伸展を維持する(または内筋(収縮)を抜いていく、少しだけ入れる)のは手間がかかる。

女声というのは、潜在的にお婆さん声とニャース声に支えられている。
※上にも書きましたが、女性は喉頭位置の低い外筋や仮声帯も発動しているので、この限りではありません。

追記:実際の女性の声は外筋や仮声帯に支えられているというパターンより、えげつないほど伸展(前筋)が強いのに加え、収縮(内筋)がかなり弱く、外筋と仮声帯はあまり入っていないというパターンが多いと思う。
男性が出す、とりあえずパス度が高いと言えるレベルの女声は、伸展を外筋と仮声帯で『支える』という印象があるので、上のように書いた。

男性が女声でベルティングをする難しさ

ちなみに、男が女声に意図的に収縮を入れていくのは高等テクだと思う。

男性はもともと内筋(収縮)が女性に比べてかなり強いので、女声の際には『意図せず発動してしまうもの』『意図せず発動しすぎるもの』になってしまうことが多い。

伸展が足りない人がベルティングしようとすると、当たり前だが男の地声になってしまう。

逆に言えば、
『女性に聴こえる程度の伸展を保ったまま意図的に内筋(収縮)を入れていける』
『多少収縮したくらいでは、伸展(女声成分)が崩れない』
という場合はかなり伸展してると言えると思う。

女声を保ったままベルティングができる男性は本当に高度だ。
VIP店長とか。

ただ、そういう人はそもそも、男性にしては『内筋が弱い(収縮ができない)』という可能性が高い。
だから最大まで内筋を入れてベルティングしても男性っぽくならない、と言える。
(Disっているわけでは全くありません。VIP店長の歌声は五本の指に入るほど大好きです。)

ちなみに、当然『少年声』も同じくらい難しい。
『女声でベルティング』も『少年声』も、伸展が恐ろしく強い+内筋が弱いという静的なバランスじゃないとできない。
(『(その二つができる男性は)声帯が小さい』という可能性は真っ先に考えるべきかもしれないが、声帯が大きくてもかなりのところまではいけると俺は思っているので、このブログでは基本的に声帯の大きさは加味しません。)

とにかく、
『オッサン並の収縮』
と、
『女性ソプラノ歌手並の伸展』
を持ち、なおかつ、
『その中間を”思いっきり”発動させることができる』
(※中間と言っても、女声ベルティングの場合はどちらかというと伸展寄り。)
というのは至難の業だと思う。

追記:オッサン声~女声までを両立させている、かなり自在な男性を見つけました。

おまけ 多少開大させた女声の例↓

コンバンハ

追記 女声に呼気3a不要論

どのタイプの女声や軽い地声でも、3aや江田島平八タイプの仮声帯ノイズは全く練習しなくて良い気がする。
色んな喉頭位置と呼気吸気で純裏、ホイッスル、エッジボイス、1、5、3b+各仮声帯ノイズと、ニャース、お婆さん、ニャンちゅう、野原しんのすけ、平泉成、明石家さんま、中島美嘉あたりの真似が大事。

3aやるなら吸気じゃないと危ないという感じがする。
吸気3aは安全かつ女声にも大事かもしれない。

呼気3aや江田島平八タイプの仮声帯ノイズは、男声出したい女性がやると良いのかも。
声にどんどんドスが利いてくる。

中性~女声への憧れ

俺は歌唱力とかはどうでもよくて、ひたすら中性的~女性的な声で安定して淡々と歌えるようになりたい。
結局俺は某発声訓練の中で男性が女性の声を出すのに重要な部分だけを取り入れてる感じだ。

伸展の利いた声(女性的な声)は、ピッチや滑舌が良かったり高音が楽そうだったりして聴きやすい・歌いやすいから好きだ。

まとめ

以上のことに気づいてから、軽い声はほぼ準備なしで出せるようになった。
これで自由に張れるようになったらnana投稿しまくったりカラオケを楽しめる。

勘違いされると困るが、女声を出して斎藤さんでオッチャンを釣りたいわけではない。
俺の中の女性性がもっと軽い声を出せと囁いているだけだ。

関連記事

外甲状披裂筋(外筋)の働きや役割 仮声帯や開大筋と相性が良い 内筋と反比例する 地声と裏声を繋ぐ 色んな声に混合しやすい 等
少し前に発声訓練仲間と話していて初めて知ったのだが、 『内筋(内側甲状披裂筋)』 と 『外筋(外側甲状披裂筋)』 の働きは反比例する...
声真似や女声の及第点とスタンス 耳と声のレベルは連動している
最近ニャースの声真似を投稿した。 女声は以前投稿していたが、既存のキャラの声真似を投稿するのは初めて。 ニャース ニャース...
元の声から男声(オッサン声)/イケボ/少年声/成人女性声/萌え声/ロリ声などを出す難易度の傾向
元の声(骨格や声帯の長さという意味じゃなく普段のバランス)から、タイトルに上げたような声を出す難易度を考えてみた。 簡単に言えば『伸展...
男声の出し方や訓練法 声帯の筋肉で説明
女性が男性らしい声で歌ったり喋ったりするにはどうすればいいのか。 声の高い男性が、もっと男性らしい声で歌ったり喋ったりするにはどうすればい...
髭林おなもみの一発ネタ 女声、楽器、弾き語り、その他
前の記事↓ ※注意 すべて音量が大きいので、PCの方は音量バーを下げてから聴いていただくか、パソコン全体の音量を下げてから...

以下の文章は現在整理中です

俺は喚声点誤魔化すのがうまいだけだな 中声でA4そこそこベルトできるようにならんと使い門にならん 呼気吸気たけし、吸気5仮声帯、タラちゃんの使える音程Expandせんなん

俺の中声がMtFっぽい自然さなのは、喚声点ぼやかしから始まってるからかも アニメ声(高音)で、地声とつながらない(地声にひっくり返る)タイプではない なんにしても『自然にベルトできる音域』をExpandしないといけない

俺は(MtF的自然さの中声は)結局地声がベースなのかもしれない。

中声で安定してA4までベルトできればそれより上は裏声にしても違和感ないはずだし、かなり歌える曲が増える。そのためには下品なほど伸展する必要があるので、吸気ホイッスル仮声帯も必要。

ベルトするにしても、喉頭位置高いベルトが重要みたい。店長も軽めのベルトなら喉頭位置高い状態でやってる感じ。店長は引き下げより引き上げがだいぶ強いので、引き上げが基点になってるベルトかと。俺はまだ引き下げが強い。だからベルトするならまず引き上げからで、引き下げベルトは難いから後回し

だから最初は、遠藤たけしやボーちゃんや永沢君より、明石家さんまが重要なはず。喉頭位置の高い伸展と閉鎖と(外筋で少し緩和した)内筋
最近、伸展とか閉鎖とか外筋ばかり言ってたから、喉頭位置のこと完全に失念してた 喉頭位置たかい内筋は重要。

喉頭位置高いほうが外筋発動しやすいし、つまり内筋抜けやすい。だから喉頭位置高いほうが、呼気増やして、ベルトしようとしたときも重くなりすぎない。喉頭位置低いと外筋発動させにくく、したがって内筋暴発しやすいので、やるのは高等テク。

yasu、中川晃教、小田和正、Toshi、VIP店長の5人、yasuさん除いてベルトする時喉頭位置高めな気がする。

「I will always love you」 中川晃教 – YouTube

小野正利さんもそうだけど、ベルトする時に喉頭位置を下げようとしすぎるタイプの人は声を失いやすい気がする。
多くの場合、しんのすけ化していく。
草野マサムネさんは、しんのすけ化してない代わりに声が軽くなりすぎてきた。
上の5人の中だとyasuさん以外の4人は最近も声がほぼ変わってない。

松村さんのたけしものまね、女声でベルトするのに多分重要だな。これ、基点は遠藤たけしじゃなくてたぶんミックスドファルセットじゃないかと思う。ミックスドファルセットに遠藤たけしを足す。

苦しそうに喉上がっちゃう原因が、伸展がその他に負けているから

平泉成みたいな声でBまで上がるのと、吸気での5+仮声帯ノイズ、全然出せない上に、出せるようになる必要なんかないと思ってたが、この2つが軽い地声や女性的声に重要かもしれないことがわかって面白くなってきた

俺には全然出せないけど逆に得意な人もいる、という声は取り急ぎ形だけでも出せるようにしておきたいというか
今出せる声の精度を上げるより、出せなかった声を出せるようになるほうが、圧倒的に全体のバランスを変えられる気がするというか

逆に、俺が得意なニャンちゅう的な3a+仮声帯ノイズが全然出せない人もいたり、しかもそれが軽い地声や女性的声出すために重要な可能性もあったり。吸気ですらニャンちゅう的な仮声帯内転ならノイズ鳴らせる

吸気で仮声帯内転させる必要性ないだろと思ってたけど、吸気ですら仮声帯内転させられる=そのタイプの仮声帯の寄せ方が相当得意、静的に強い、吸気で出すことでさらに鍛えられる、ということかもしれない
つまり例えば5+仮声帯ノイズがうまくなりたい場合は吸気でもやると早いということになってくる

しんのすけ声は単体だとキモ声だけど、軽い地声でキャーとかいやあああとならずに張るために重要だし、声に安定感出るし、成分的にはかなり重要なので、平泉成声もなにかに必要なはず

平泉成や明石家さんまや中島美嘉の真似をしまくってたらケンケン的なカスカスの笑い声の芽が出てきたかもしれない
ケンケンの笑い声はサラサラとキンキンだな パリパリもウオウオもほぼ存在してない
ザコシさんの笑い声ケンケン

ハスキーな男性やほとんどの女性の声に乗ってるサラサラな高次倍音(非整数次倍音?)ビートたけし、明石家さんま、平泉成あたりの声真似をいろんな音程と喉頭位置でやりまくれば鳴るようになってくるな

女声で歌ってるときのほうが活き活きしてるねってみんなに言われた。体の骨格は1種だけど、1種は歌を歌うのに向いてないし絵を描くのにも向いてない。顔の骨格が3種なんだから歌は3種で歌うべきだ。つまり女声である。

パス度じゃなくてyasuさんかVIP店長のバランスになれたらそれでいいという感じだな

なんかパス度あげようとしてるように歌いたくないのにまだうまくいかない 1種基点で3種を目指すとそうなる 内筋→伸展になっている 3種基点で1種を発動させれば、女声でバカヤローと言える

吸気たけしがでるようになったら女声はだいぶ精度があがるはず パス度があがるかはしらんが(あげるつもりもないが)、とりあえず自在度や安定感があがればそれでいい

呼気でたけしさんの真似やるとどうしても遠藤たけしになる 松村さんなみにうまくなりてえ 相当伸展がいるのかな

女声には、まぁ純裏とか1,3b,5とか当たり前のは置いといて、呼気や吸気で明石家さんまとビートたけしとニャンちゅうとニャースが重要なんや。

女声っていう言い方やめるか yasuさんは女声ではないしVIP店長のことも女声とカテゴライスするのは失礼かもしれない 女声という名称には、パス度を上げることに執心してますというニュアンスがある

軽い地声といえばいいのか、中性声と言えばいいのか。

前筋を”Strengthening”し、外筋と仮声帯の強靭さ維持せよ。

多分今の方向性の練習をやり続けたら最終的に内筋喪失してきて、普段の喋り声にも女成分が入ってくるかもしれない。まぁそのほうが滑舌よくなって喋りやすくなるし、やる気ない感じや攻撃的な感じも減るだろうからそれでもいいや

女声でベルティングは、ひっくり返るリスクが限りなく低い安確ベルティングである

男声を出してもどこか女声に聞こえるようになってきた。
女性の声がみんな男性が出した女声に聞こえる状態は今もあるけど、逆はないと思ってたけど、喉が育ってくると逆もあるのか

VIP店長のような歌い方をするには、『地声寄りの中声』と『裏声または裏声よりの中声』の強調対比が相当うまくなる必要があると思う。当然だが前者でベルトできる必要もある。

松村さんってザコシさんみたいに絶叫しないけど発声能力かなり凄そう

nanaで女声探してみてるけど、ベルトできるくらい女声がうまい人は逆に男声が出ない・低音が出ないというパターンが多い
または低音が男声じゃなく女性が出した少年声に聞こえる

静的に伸展が強い皆様。もっともっともっっと!伸展してもいいんですよ?伸展してくださいね?

意図せず外筋が絡んでガバるの(特に吸気)、ちゃんと閉鎖できてないってことだからつまり伸展が弱い

吸気エッジボイスやりまくったあと吸気3aが下品なほどガバるの、静的に伸展が強まればなくなるかな

ある程度の高さまでは女性的なバランスの軽い声で歌ってるのに、高音では内筋入れまくってベルティング、なんてことをするとどうしても伸展が崩壊してきて、その後の軽い声が不安定になると思うので、やっぱり軽い声の人は高音で仮声帯と外筋巻き込んでギャー!と叫ぶのは当然というか。

ギャー!っていう叫びってノイズ抜いたらキャー!に近いけど、仮声帯を巻き込むことで低次倍音が加わって、ベルティングほどではないけど太くなるという感じかな


はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。

地声と裏声とアンザッツの概要や発動する筋肉名
地声系アンザッツ 地声とは ・定義は内筋 ・重い ・分厚い ・低音発声に重要 ・男性的 ・閉鎖筋(間筋、側筋)の発動によっ...
内喉頭筋群と外喉頭筋群(喉頭懸垂機構)の筋肉名と略称 働きや役割について
このブログでよく登場する喉の筋肉名を、内喉頭筋群と外喉頭筋群(喉頭懸垂機構)に分けて、その名称と働きについて記しました。 内喉頭筋群は...
発声訓練時に用いる言葉(用語)や表現について 定義 感覚の共有 イメージの食い違い 等に注意
このブログで用いている言葉一覧 発声訓練 ※1 発声練習 ※2 地声 裏声 中声 ※3 女声 ※4 美声 ...
発声訓練を実践する際の基本的な考え方
この記事では、俺自身が独学で発声訓練を実践するにあたって基本スタイルや、考え方などの注意事項を記します。 声の可能性 ・すべ...

このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に発声訓練に関する記事の内容は、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: