某発声訓練で用いられる独自の用語を一般的な言葉に置換しました

さきほどブログ内の『フ○○○○』という文字列や、その発声訓練で使われている独自の用語を一般的な言葉に置換しました。
某自己啓発のときと同様に、信者、または界隈に帰属してると思われるのが嫌なので。

帰属

独自の用語と言っても多くはなく、
『外筋を発動させた極低音発声』を『エッジボイス』に
『外筋と前筋と後筋を発動させた極高音発声』を『ホイッスルボイス』に
『ガ○』を『仮声帯発声』
言い換えただけ。

アンザッツだけはどうやっても言い換えられない。
逆に言えば本当に意味のこもった言葉ということだ。

俺は基本的に外喉頭筋郡と内喉頭筋群で声を捉えているが、アンザッツだけは便利だし言い換えようがないので、そこだけは
「『うたうこと(Singen)』から拝借してます」
ということにする。

近代発声訓練について

エッジボイスとかホイッスルボイスとかいう言い方をしたら、
「今度は近代発声訓練に属するのでは」
と思うが、最近は某発声訓練よりそっちのがマシと思えるのでそっちを使う。

俺自身が軽い声最優先というのもあるけど、
『下手に某発声訓練の正しさを知ったが故に、理論的にあまりに破綻してる近代発声訓練とそれによって発生してるボイトレ難民を見過ごせなくなってる人間』
が出てきて、でもそういう人間もちゃんと『分離』できてない混合糞坊主で、結局、近代発声訓練の人間と同じ穴の貉、という構造がきもすぎる。

体癖について

体癖関連は別にいいと思えるのは、用語が日本語ベースであることと、創始者が死んでるからだろうか。

某自己啓発と某発声訓練は、『総本山』みたいなところがあって、誰かが用語を使えばそこの宣伝になってしまう、というマーケティング的構造がむかつく。

体癖関連も、野口整体協会というのがあるけど、某自己啓発や某発声訓練と違ってネット上ではほとんど共同体として機能してないように見える。
それに、日本語だからか普遍的な概念に感じるので俺の中で今のところ嫌悪感がない。

まとめ

以上です。

関連記事

どんな言葉(用語)を使うかによって帰属している界隈(コミュニティ)がわかり他人に自分を定義される
俺はこれまでの人生の中でとにかく、『コミュニティ(共同体)』というものに執着してきた。 何年も前から、 「他人のコミュニティに帰属し...
某発声訓練とYoutubeボイストレーナー(ミックスボイスのコツ等)について最近思ったこと
最近界隈を見ていて、いよいよ某発声訓練に本格的に嫌気が差してきて、このブログで使っていた一部の用語を一般的なものに置換した↓ ...
コミュニティ(界隈)への帰属意識について
自己啓発の話と某発声訓練の話どちらにも言えることだが、趣味や行動や好みを押し付けられるのではないかという恐怖があるので、発声訓練の場やら自己...
「会社に行きたくない」と連呼することで社畜という多数派のコミュニティに帰属できる
正社員で、毎朝7~8時に起きて、17時くらいまで会社に拘束されて働くのって本当に辛いだろうなと思う。 実際は8~22時+休日出勤とかか。...
言葉が持つイメージが汚れてきた場合は別の言葉で言い換えたい
自己啓発や広告収入事業やブロガーや発声訓練等、言葉が持つイメージはどんどん汚れていく。 自己啓発は、怪しい、逆効果のイメージ。 広告...

はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。


このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に自己啓発と発声訓練に関する記事は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: