某発声訓練とYoutubeボイストレーナー(ミックスボイスのコツ等)について最近思ったこと

最近界隈を見ていて、いよいよ某発声訓練に本格的に嫌気が差してきて、このブログで使っていた一部の用語を一般的なものに置換した↓

某発声訓練で用いられる独自の用語を一般的な言葉に置換しました
さきほどブログ内の『フ○○○○』という文字列や、その発声訓練で使われている独自の用語を一般的な言葉に置換しました。 某自己啓発のときと同様...

その後、某発声訓練の人たちが嫌悪している(俺も嫌悪していた)『Youtubeのボイストレーナー』つまり『近代発声訓練』を比較してみたら思うことがあったので書く。

器用貧乏で終わる

某発声訓練で、宗教みたいな閉じた共同体の中で変性意識がどうとか宇宙一の歌手がどうとか言ってキチガイじみた練習やって、結局テレビのカラオケバトルにも出られない自己満人間・内輪ネタ人間を生み出すくらいなら、Youtubeのボイストレーナーのほうがよっぽどましだと最近は思う。

あらゆる人格・情動・声を表出できても、器用貧乏で下手の横好きなモノマネ芸人になるのが関の山だ。

勘違いされると困るが、俺はモノマネ芸人が糞だと言いたいわけではない。
むしろ好きだが、少なくとも一つの確固たる声と歌唱力を持った歌手として見られない可能性が高いがそれでいいのかと思うだけだ。

仮に器用貧乏なモノマネ芸人で終わらず、芸能音楽だかを上手に歌えるようになったところで、ごく一部の物好きしか聴いてくれないだろう。
もちろんそれでいいならいいが、多くの人は最近の音楽を聴きたいし、歌いたいはずだ。

この大衆性、ポップさ、こそが害悪だというらしいが、どんな高度な発声訓練も精神状態も、最終的に『歌いたい歌』が満足に歌えなかったら何の役にも立たない。

まぁ某発声訓練に出会って分離・確立・融合、外喉頭筋群・内喉頭筋群、仮声帯などの知識を身に付けられなかったら、俺みたいな才能もセンスも常人以下の人間はYoutubeボイトレで一生迷走してただろうから救われたといえばそうなんだが。

それでもやはりあの閉じた共同体は気持ちが悪い。

前の記事からの引用だが、以下のようなことも思った。

『下手に某発声訓練の正しさを知ったが故に、理論的にあまりに破綻してる近代発声訓練とそれによって発生してるボイトレ難民を見過ごせなくなってる人間』
が出てきて、でもそういう人間もちゃんと『分離』できてない混合糞坊主で、結局、近代発声訓練の人間と同じ穴の貉、という構造がきもすぎる。

ミックスボイスのコツ

近代発声訓練のアイデンティティとも言える、
『ミックスボイスのコツ』

その中でも、
『声を響かせる』
『声を飛ばす』
『腹式呼吸』
『鼻腔共鳴』
等は論外だが、
『裏声にエッジボイスを混ぜる』
『ヘッドボイスを下降する』
の2つのアプローチはそこそこ正しい。

ややこしくなるので女性は度外視して、成人男性で、ある程度混合して喚声点喪失してて、いろんな喉頭位置の裏声・外筋・仮声帯が得意な男性はその2つの練習でサクッと軽い地声(いわゆるミックスボイス)が出せる可能性が高い。

裏声の操作性が低い多くの成人男性は、裏声を喚声点付近で出すのが特に苦手なはず。
それが得意な男性は、その喚声点付近の裏声にエッジボイス混ぜられれば、軽い地声になり、喚声点をまたげ、つまり広義のミックスボイスが出せるはず、ということ。
(チェストボイスとヘッドボイスをつなぐという意味で、これはミドルボイスと呼ぶのだったっけ。)

ただほとんどの男性は伸展が足りなかったり裏声の操作性がなさすぎてうまくいかず迷走すると思うが。

とりあえず、裏声を外筋で閉鎖し少し内筋を入れれば地声っぽく聴こえ、一応ミックスボイス(またはミドルボイス)となる、ということ。
某発声訓練で言うところの初期の3bと言える。

ヘッドボイス下降について。
喚声点よりだいぶ高い裏声を閉鎖筋またはエッジボイス(外筋)で閉じて僅かに内筋を入れれば、とりあえず地声っぽい裏声、つまりヘッドボイスが出せる。
(三声区のことはよくわからないが、広義のミックスボイスと呼んでもいいかもしれない。
内筋が入っていない、喉頭位置が最大まで高いヘッドボイスは、某発声訓練で言うところのアンザッツ5じゃないだろうか。)

上述のように、男性は低い音程や喚声点付近では閉鎖された裏声を出すのが難しく、高い音程では比較的出しやすいので、それを保ったまま下降することで低い音程でも裏声を閉鎖する感覚を覚えたり、裂け目を埋めていく練習になる。
簡単に言えばよくある裏声下降だ。
某発声訓練でいうところのアンザッツ5の下降。

だからいわゆる、
『ヘッドボイス(閉鎖された裏声(外筋によってか閉鎖筋によってかは不明))を下降する練習』
も理にはかなってる。

『裏声にエッジボイスを混ぜる』
『ヘッドボイスを下降する』
の2つのある程度の正しさを踏まえると、Youtubeボイトレにありがちな、
『ミックスボイスのコツ』
は、外喉頭筋群や内喉頭筋群の補足説明があればもっと有用なものになると思った。
あと仮声帯や吸気発声も。

まとめ

俺はとにかく軽い声主義者、つまりミックスボイス主義者と言い換えてもいいので、どちらかというと近代発声訓練のほうが相性が良い。
まぁそれでも、『分離』が重要なのは間違いないので、近代発声訓練はやはり色々と足りなすぎるとは思う。

関連記事

あらゆる声を出せる必要も、あらゆる絵を描ける必要もない 専門バカでいい
最近タイトルのようなことを強く思う。 これまで某発声訓練の影響もあって、 『あらゆる声を出せるようになるべき』 『あらゆる人格を演...
発声訓練をやっている人間は全員が必ず究極の声を目指さないといけないのか 目標に優劣はない
一つ前の、『取り急ぎ現段階で出せる理想の声を出すための発声練習』について書いた記事に関連して、ここ最近よく考えてたことがあるので書く。 ...
多くの人が某発声訓練に興味を示さない理由
人とカラオケに行ったり、弾き語り配信などを見ていると、 「発声訓練したいなぁ~」 とか 「高い声出せるようになりたいなぁ~」 という...
某発声訓練で用いられる独自の用語を一般的な言葉に置換しました
さきほどブログ内の『フ○○○○』という文字列や、その発声訓練で使われている独自の用語を一般的な言葉に置換しました。 某自己啓発のときと同様...

はじめに以下の記事を読んでいただくことをおすすめします。


このブログの記事は、一学習者・一素人の気付きとして書かれたものです。
特に自己啓発と発声訓練に関する記事は正確性が保証できず、安易に実践すると危険な場合がありますので、自己責任でお願いします。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: