苦しんでいる人や苦しめている人のことをわざわざ見る必要はない

TwitterのTLを見てると、やれブラック企業の実態がどうとか、育児疲れがどうとか、毒親がどうとか、ペット虐待がどうとか、暗い話が目に入ってきて鬱陶しい。

そういうニュースに共通するのは、
『苦しめている人』
と、
『苦しんでいる人』
がいて成立するということだ。

そういう人を見てると、気持ちが暗くなってしまう。

そして、そういう人を見れば見るほど、自分の宇宙の中でそういう人が拡大化していってしまう。

何にフォーカスし、何を拡大化させたいか

以前までは、例えばこういうツイートを見ると、啓蒙のため、または優越感(自分はそんな状態じゃないぞという)のためにリツイートしていた。

今は、見たくもないし、優越感も得られない。
ただただ嫌な気持ちになるだけだ。

上に書いたように、宇宙は、自分がフォーカスを合わせたものが否応なく拡大化していく。

だから今後は、ブラック企業、毒親、ブラック部活、毒教師、毒恋人、毒配偶者等に苦しめられている人や、そういう情報を発信する人からは離れる。
現在進行系の人、以前苦しめられてて今も引きずっている人、これから苦しむ可能性が高い人など。

そういう人や現象が目に入り、俺の宇宙の中で拡大化していくのが嫌だ。

前まではブラック企業や毒親の愚痴を言う人が居たら、
「なんで逃げへんねん!」
等と過剰反応してたが、今はそういう人を視界に入れたくもない。

俺の宇宙の中で、
『いたずらに人畜を苦しめる存在』
と、
『いわれのない苦しみを受け入れる愚か者』
が拡大化することをできるだけ避けたい。

勘違いされると困るが、みんな何かしら問題を抱えていることくらいはわかる。
だが、順調にいっている人だって存在するし、どうせフォーカスを合わせるなら、順調な人間にフォーカスを合わせ、自分の宇宙の中で拡大化させたいと思うだけだ。

世の中にはろくでもないものが溢れているが、楽しいコンテンツやエンターテイメントだって溢れている。
その中から何にフォーカスを合わせるかは、自分で自由に選択できる。
一度きりの人生、わざわざろくでもないものにフォーカスを合わせていく必要はない。

向き合う

世の中で起こっている暗いニュースや悲しい事件を無視し続ければそれで幸せ、ではまずいような気もする。
ちゃんと向き合い解決していくことは必要だが、それには『代替案』があるのが大前提だと思う。

ブラック企業が糞だと思うなら、人がもっと気持ちよく働ける労働の形などを打ち出して発信していく必要がある。
ポジティブな代替案を発信しそれにフォーカスを合わせれば、それが拡大化する。

俺は、現時点ではそういう代替案を具体的に提示することができないから、せめて黙っている。

「ブラック企業は糞だ」
「毒親は糞だ」
と連呼することで、問題を解決しようとしているのじゃなく、自分の個人的なストレスを発散してるだけの人が多い気がする。

そんなことをしても何の解決にもならないし、それぞれの宇宙の中で、ブラック企業や毒親などのろくでもない存在が拡大化していくだけだ。

俺はネガティブなニュースや話題すべてから目をそらしたいというわけではない。
せめて見る時は、ある程度腰を据えて見たい。
何気なくTLを開いた時に目に飛び込んでくる、というのは鬱陶しい。

まとめ

繰り返すが、俺は、
『いたずらに人畜を苦しめる存在』
と、
『いわれのない苦しみを受け入れる愚か者』
が嫌いだ。

そういう人間を見るくらいなら、後先考えずに楽しんでいる人間や、ちほちゃんのような自己責任でアル中をやっているような人間を見るほうがまだいい。

関連記事

毒親育ちかつ毒親に執着している人間は毒親的存在や毒親的関係性を無意識に求め引き寄せ続ける
某会社のパワハラ自殺事件を見て思ったことがあったので書きました。 毒親的関係性 毒親育ちで心に深い傷を負ってたり未解決の問題が残って...
人は自分が執着している対象に似ていく 嫌いなもの(似たくないもの)じゃなく好きなもの(似たいもの)に執着すべき
『自分が最も執着するものが好きなもの(人)である人は幸せになる』 『逆に、最も執着するものが嫌いなもの(人)である人は不幸になる』 とい...
否定形を使うか肯定形を使うかで人生が決まる
自己啓発を実践し、毎日朝晩、目標達成文の読み上げをやっている人は多いと思う。 目標達成文の読み上げというのは結局、自己対話の管理なので...

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: