ネットで性別年齢等あらゆる情報がわからない状態で数年間関わったある人に対して今思うこと

どうしてもわだかまるので、断ち切るためにツイートをした。
それをほぼそのままこの記事にも引用する。

本人が見たら結構なダメージを受けるかもしれないが、俺も受けているので、おあいこということで。
削除には応じます。

失望

Wさんへの失望と落胆があまりにも大きすぎて、思い出す度にやりきれない気持ちになる。
Mさんの立ち振る舞い、あまりにもダサすぎる。
俺との会話では小馬鹿にしたり批判してた人間に対してヘコヘコしてて、涙が出るほど情けない。

4年間の付き合いで得られたものは計り知れないが、最後の方の、現状の外に出る云々の話で無駄にあせらされた心労を思い出すと、俺はこんな人の言うことを真に受けてたのかと思って自分を叩きのめしたくなる。

当たり前のことだが、現実で実行・行動できてない人間の言うことなんかあてにならない。
抽象性がどうとか知らないが、現実で使えない理論や法則なんか糞の役にも立たない。
インターネットで自分を凄く見せることはできるかもしれないが、それは結果的に自分の首を絞める。

俺は十代の頃から無意識に、現実離れしたすごい人を求めてて、なおかつインターネットにも依存してたから、この出会いと関係性が必然だったということはわかっている。
画面の向こうに凄い人がいて、俺もその人に興味持たれて、みたいなことに憧れていた。
結局、俺も酷く現実逃避していた。

今後は性別、年齢、声、顔、住んでる地域、仕事などがわからないような人とは関わらない。
それらを明かせない人ほど、現実で劣等感が強かったり問題が多かったりする。

あと、それらを明かすことで、
「男ということは~」
「〇〇歳ということは~」
というカテゴライズが嫌でも起こるが、経験上、カテゴライズされることを恐れてるような人はほぼ確実にしょぼいからそもそも話す価値がない。

返せ

Mさん消えろ。
Wさんを返せ。

「おなもみさんからリプ来たの、密教ヒーラーに遠隔気功受けた当日だったんですぅ」
とかほざくWさんの姿は見たくなかった。
俺と出会った頃のカッコいいWさんを返せ。

なんでWさんのままじゃあかんかったんや。
わけのわからん密教ヒーラーにペコペコするWさん(Mさん)は見たくなかった。
思えば某発声訓練に出会った辺りからWさんは(今で言うところの)Mさん的人格と混ざって様子がおかしくなっていった。
俺と出会った頃のカッコいいWさんはどこいった!

俺の中で、初期のWさんという情報空間界の範馬勇次郎のような最強の存在と、ふわふわしたことばかり言って頭ラリらせて悟った気になってる連中にペコペコする、物理空間のださいMさんがどうしても結びつかない。
まさに乖離。

時間が進むにつれWさんはダサくなっていき、今はMさんに吸収されてしまったが、俺の中で初期のカッコイイWさんのイメージだけはこれからも崩したくない。
ああいうカッコイイ人格を構築し演じられたのは凄いことだと思う。

Wさんの件は当分忘れられそうにない。
Mさんの存在は、俺には受け入れられない。
Wさんを、トリモロス。

今後

今後俺がやることは(すでにやっていることも多いが)、彼から受けた影響の中でも、地に足がついていないふわふわしたもの、絵空事、具体的には『なんでもできるようになる必要がある』『すべてを極める必要がある』等の類のものを排除して、ひたすら現実にコミットして生きていくという事に尽きる。

『Wさんをトリモロス』というのは、『何らかの形で未来に活かす』という意味です。

一生正体が謎のまま終わったほうが良かったのかとも考えるが、真実を知れなかったら俺はまた次のふわふわした人を探してたかもしれないので、間違いなくこれでよかった。

こんな関係性、ネットのない時代では起こりようがないと思う。

結論:インターネットは怖い。

まとめ

本当に、これまで生きてきてここまで失望したのは初めてだ。
今後、人に対してここまで失望することは無いと思う。
つまり、人に幻想を抱かないようにする、幻想を抱いてしまう可能性がある人とは関わらない、ということ。

出会いには感謝しますが、今後はお互いもっと現実的な人間関係を構築していきましょう。

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: