上下型(1種/2種) 体癖の性格分析/診断方法/特徴

上下型 概要

中心:頭脳
傾向:知的
関心:毀誉褒貶、善悪
本能:学習
囚われ:理念
連想:言葉
特徴:首
養生法:睡眠
変動:腰椎一番
音楽を聴く時に注目するところ:メロディー
好きな色の傾向:青色系

特徴:

  • 直立時もおじぎ時も体重が足の前の方にかかる。
  • 太りにくい体質(外胚葉型(ハードゲイナー)や陰性体質(冷え性)とも関係?)
  • 理屈っぽい。
  • 言葉に敏感。
  • 思い込みが強い(そのため、言葉やイメージによる思い込みだけで病気になったり健康になったりする)
  • 会話や文章が面白い。
  • 睡眠時間が長い。
  • 頭をよく使う(糖質を消費する)ため、甘いものが好き(仮説)
  • ストーリーのある夢をよく見る。
  • 首から上が前に出る(クレーンネック?)
  • 服装は地味なものを好むことが多い。
  • 大義名分、真理、ルール、善悪にこだわるため、当人が納得できる理由を見つけないと行動できない。
  • 俯瞰で世界を捉えようとする。
  • 総合すると、仙人のような人が多い。

音楽(歌唱や演奏)をやる時の傾向:ピッチの正確さを気にするためどちらかというと伸展の強い軽い声を好むかも(仮説)。

個人的に上下型は他の体癖より糖質必要なんじゃないかと思う。
常になにか考えてるので脳が糖質消費しまくる。
Wikiにも、2種は甘い物好きと書いてある。

上下型はとにかく色白で太りづらいが、それはハードゲイナー(外胚葉型)や陰性体質(冷え性)の特徴と合致する。
その2つにはグルテン過敏症の人が多いので、上下型もそうなのではないだろうか。
花粉症の人も多いのではないかと思う。

1種も2種も夢を見るが、1種は空を飛ぶ夢をよく見るが、2種は穴に落ちる夢をよく見るらしい。
どちらも、大脳昇華(頭に血が行っている)人の夢とのこと。

上下型はとにかく冷静で、話し合いを好む。
『話が通じない』とよく言う人は上下型が強いと見て間違いなさそうだ。

上下型は脳に血が行っている、言い換えれば『頭に血が上ってる』かと思ったが、実際は上下型は我を忘れてブチギレることは少ないはず。

むしろ、上下型以外(頭以外に血が行ってる)の体癖のがキレやすいはず。
だら、頭に血が上るという言葉はおかしい。
頭に十分に血が上っていたら脳がよく働いて冷静になれる。

上下型はブチギレない代わりに、自分に都合の良い思い込みで自分を納得させる印象。
長期的に見ると、ブチギレるよりまずい気もする。

上下型は頭で考える力が強すぎて体を忘れ「自殺する」という人が多い。
男性は体を忘れて生きている人が多いとも言えます。
「意識で全てコントロールできる」と思っています。

出典:上下型 ( 整体 ) – 音体整合研究所 Music Body Balance Labo – Yahoo!ブログ

上下型というのは、『身体主体』から一番遠いから、一番危ないと言えるんじゃないだろうか。

上下型と開閉型は多分真逆。
前者が理性で後者が本能。
前者は脳によるもので後者は体によるもの。

前者に偏ると人間味すらなくなってロボットみたいになるのではないか。
考えてばかりで感じることができなくなる。
勘も鈍る。

1種

  • 常に言語で世界を捉えようとする。あらゆる言葉を自分の言葉で説明し納得しようとする。
  • 常に頭に血が行き、考え続け、エネルギーが消費されている。
  • 考えるだけで満足してしまうので、行動しない。
  • 肩幅が狭い。
  • 胸板は薄め。
  • 首が長くしっかりしている。
  • 常に頭でエネルギーを消費しているので太り難い。
  • 四肢の筋肉がつきづらい。
  • 疲れると首の後ろが痛くなる
  • 多くの男性は大なり小なり1種の要素を持っている。男性特有の感受性・思考特性の多くは1種の特徴とされる。1種は男性的と言える。

音楽(歌唱や演奏)をやる時の傾向:頭で考えすぎてリズムに乗れない等の場合、歌が下手の人が多い(仮説)、作詞能力が凄い印象(仮説)。
絵を描く時の傾向:素体やアタリや透視図法を用いてロジカルに描く印象(仮説)。

1種は基本的に、論理的・現実的な事を考えている。
1種は論理的で有意義な話を好むマシンガントーク。
言語を扱うのがうまく、文章や話す内容がとても論理的で厳密。
基本ポジティブ。

1種の相槌で一番よくあるのは「なるほど」。
使う状況によっては捻じれもあるかもしれない。
「なるほど?」だと捻れ。

1種が強い人はオタクになりやすい(最もオタクになりやすいのは9種)。

真の1種は行動できるらしいが、その為には理想を強くイメージするしかないと思う。
俺も、童貞を捨てるためには、ナンパ、街コン、出会い系、婚活など行動しまくった。
強い理想イメージと、それが実現できるという確信やモチベや算段さえあれば1種でも行動できるはず。

1種が強いと、他の複合体癖を頭で制御できるようになる(1種に限らず、持ってる中で最も強い体癖が他を支配することはよくあると思う)。
その代わり、上にも書いたように身体主体から離れ、なんでも頭で完結し、行動しなくなったりして危険。

俺の場合、歳とともに1種が強くなりすぎて、ツイッター独白でハイテンションになれなくなったし(毀誉褒貶)、不誠実な指導者やそういう奴が作る共同体を許せなくなったし(善悪)、歌はピッチに異様に厳しくなった(メロディー重視)。
17歳の頃とは体が変わった。

17歳の頃のツイート↓

ここ数年、8種を抑えるために1種を酷使しすぎて1種固着が強くなっていっているように思う。
3種を出して楽しみたいときも8種と一緒に3種を抑えてしまってるという状態かもしれない。

17歳のときは感情爆発描画法とか言ってたし、今より女性性が混ざって、とにかく感情的だったから今より3種が強かった。
1種で抑える、ということもしていなかった。
今は1種がどんどん強くなってきて固定化しようとしている。

どれだけ伸展を鍛えても静的な内筋の強さを超えるのは大変で、だから声を張ったときに重くなりすぎたり伸展崩壊するのと同じで、どれだけ3種を強化しようと思ってもどうしても静的には1種が強いので、超ハイテンションになろうとしたとき1種がストッパーになって3種が1種を突き抜けられない。

体癖や変性意識や、その他色んな意味で明石家さんまさんは重要だ。

左右型と喋ること でも喋りについて書きました。 喋るという事は左右のバランスを整える大事な役目を果たしています。 ただ喋る、話すの中でも色々なタイプがあるのです。 芸人の明石家さんまさんはとてもよく喋っています。 さんまさんは体癖でいうと5...

ウーマン村本氏やメンタリストDAIGO氏みたいに、超高速かつ論理的に喋るには、1種と5種と多少9種や8種あたりも要るかもしれない。
立ってるほうが発動させやすくて、実際村本氏は漫才で立ってるし、DAIGOさんも立って配信してる。
立ってもいいけど、厳密には歩き回るのが一番いいはず。

俺も結構できるほうだけど、それやると、やる前にどれだけ食欲があっても、やった後食欲が減退する。
1種の高揚状態になると、食欲がなくなり、眠くなくなるなどの諸症状が出る。

1種体癖の高揚状態の特徴と解除方法
数週間前、あまりに1種を酷使する作業(人とのチャット)をしすぎたため、1種体癖の高揚状態になった。 簡単に言えば、思考的・言語的躁状態。...

他の体癖との相性

1種が強い俺だが、上下型の人は男女問わず好きだ。
同じ体癖だけに、とにかく話が通じる。
2種の男性の誠実さや落ち着きにはすごく魅力を感じる。

上下型は神経質なので、一緒にいると疲れるというのはあるかもしれないが。

1種は、とにかく5種と相性が悪い。

1種の人が苦手なのは、考えるより先に行動する5種の人。
合理性を重んじ、思慮が足りないのに物事をスピーディーに進める姿は、1種から見れば悔しさが募る相手です。
逆に5種からは、1種は面白みに欠け、物足りなく感じるようです。

5種+1種みたいな人は、自分の中の5種が自分の中の1種的な部分にムカついたりするんだろうか。

行動できない1種の自分に嫌気が差し、安易に5種っぽくなろうとしたら、今まで重視していた善悪を捨てて損得を重視することになり、自分に得なことならなんでも行動するようになる。
そうすると、僅かに残った1種が自分の中の5種を嫌うかもしれない。
簡単に言うと、5種で行動してあとで上下で考え込んで後悔するパターン。

一時的に5種が強い状態で料理作ってると『フライパンに油流し込んでから汚れてる事に気づいて洗ってまた流し込む』ということがよく起こる。
やっぱり5種は、1種とバランス取らないと危ないのではないか。

2種

  • 1種と同じく常に考えているが、言語ではなくイメージ先行。
  • 言葉にまとめるのが苦手。言葉にしようとすると思考が行き詰まる。
  • 思考が行き詰まると胃腸の調子が悪くなるなど体に出る。
  • 1種と違って受け身であり、他人によって動ける。
  • 疲れると首の横の胸鎖乳突筋が痛くなったり、こめかみが緊張する。
  • 他人が考えたことを正確に記憶するのが得意。
  • 心配性。
  • 後頭部が絶壁。
  • 顔の頬骨が目立つ。
  • 甘いものが好き。
  • 家族への執着が強い。

音楽(歌唱や演奏)をやる時の傾向:イメージ通りに淡々と唄いフェイクやアレンジを好まない(仮説、例 スピッツの草野さん)。
絵を描く時の傾向:イメージ力があるので絵が上手い人が多い印象(仮説)。

2種は妄想、イメージ、シミュレーションをしている。
おとなしく、真面目。
2種が強い人はアニメやゲームを好きになってもオタクになりきれず「夢見るひきこもり」のようになりやすい印象。

たまたまアナザースカイという番組を見たら齋藤飛鳥さんがでていたが、彼女は2種に見えた。
考え過ぎなようで、不登校だったらしいが、不登校には上下型(つまり考え過ぎ)が結構多い気がする(俺も不登校だった)。

1種は男性的と書いたが、2種はそうでもない気がする。

イメージ力は凄いが、言語を扱うのが苦手で、おかしな文章になってしまいやすい。
文章がおかしな人がいたら1種より2種が強いと見ていいかもしれない。

言葉にするのが苦手な女性には2種が多い印象。

1種が強い俺は、こういう2種的なおかしな日本語がツボすぎる。

左右の強い女性が1種(論理性、言語)を出そうとしてうまくいかないとき2種になるのではと思った。
他の体癖でも、奇数がうまくいかない状況や、奇数を出し慣れていないとき、偶数が出てしまう、という現象は共通のはず。

俺が大喜利めちゃくちゃ苦手なの、体癖の組み合わせと9種の方向的に必然だとわかった。
8種が強いからウケなかったら恥ずかしいし1種も強いから後悔するし、2種が弱いからイメージ下手で、9種の方向性が偏りすぎてるからイメージの材料が少なすぎる。

1種が強いから大喜利で長文書いてスベるやつになりそうだけどそれは8種が許さないので、結局大喜利は見て楽しむだけになっている。

まとめ

俺は1種なので人間誰でも話せば分ると思ってきたが、実際は話せば分る(心を動かせる)のは同じ上下型くらいだ。
左右型には感情に訴えかけ、前後型にはその人が得したり損したりする何かを示し、捻り型には何かで実際に勝ってみせるか負けてやるかし、開閉型には保護欲等を刺激しないと動かない。
体癖論を学ぶのは、人によって感受性はぜんぜん違う、ということを理解し受け入れるため、という理由も大きい。

関連記事

1種体癖の高揚状態の特徴と解除方法
数週間前、あまりに1種を酷使する作業(人とのチャット)をしすぎたため、1種体癖の高揚状態になった。 簡単に言えば、思考的・言語的躁状態。...
有名人や架空の人物の体癖分析
芸能人 10種女性の特徴は圧倒的ママ感! #体癖 pic.twitter.com/XQj6kurgjw— 髭林おなもみ (@o...

他の体癖

左右型(3種/4種) 体癖の性格分析/診断方法/特徴
左右型 概要 中心:消化器 傾向:感情的 関心:好嫌、美醜 本能:自己保存 囚われ:体面 連想:色、食べ物 特徴:鳩尾 ...
前後型(5種/6種) 体癖の性格分析/診断方法/特徴
前後型 概要 中心:呼吸器 傾向:行動的 関心:損得 本能:冒険 囚われ:外見、形式 連想:動き 特徴:肩 養生法:運動...
捻れ型(7種/8種) 体癖の性格分析/診断方法/特徴
捻れ型 概要 中心:泌尿器 傾向:反抗的 関心:勝ち負け 本能:闘争 囚われ:向上心 連想:対生物 特徴:腰 養生法:苦行...
開閉型(9種/10種) 体癖の性格分析/診断方法/特徴
中心:生殖器 傾向:直感的 関心:性、愛憎 本能:種族保存 囚われ:義 連想:速度 特徴:尻 養生法:性 変動:腰椎四番 ...
遅速型(11種/12種) 体癖の性格分析/診断方法/特徴
遅速型 概要 1種から10種が偏り傾向の種類であるのに対して、遅速型は、身体の反応の仕方の敏感度や速度に注目している。 著しく過敏なタイ...

目次記事

体癖論の概要 性格分析/診断方法/特徴に関する記事まとめ
体癖(たいへき)とは、野口整体の創始者である野口晴哉がまとめ上げた、人間の感受性の癖を表す概念。 身体の重心の偏りや腰椎のゆがみと個人の感...

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: