開閉型(9種/10種) 体癖の性格分析/診断方法/特徴

中心:生殖器
傾向:直感的
関心:性、愛憎
本能:種族保存
囚われ:義
連想:速度
特徴:尻
養生法:性
変動:腰椎四番
音楽を聴く時に注目するところ:間

特徴:

  • 世話好きで人の面倒を見たがる。自分が人に世話になるのは好まない。
  • 原始的・野性的で直感が冴えているタイプ。

音楽(歌唱や演奏)をやる時の傾向:クラブ音楽や4つ打ちを好む?(仮説)。

九十を超えても色気がたっぷりしているお婆さんがたくさんおりますが、その大部分は開閉型です。
八十幾つで死んだお婆さんが死ぬ三日くらい前にオナニーをやっていたということすらありました。(P196)

出典:体癖 – 著:野口晴哉

9種

  • 凝り性・完璧主義。
  • 勘が鋭く細部にまで気がつく職人気質。
  • 天才的な発想ができる。
  • 執念深い。過去にあったことをいつまでも覚えている。
  • 他人から指示を受けても、なぜそうする必要があるのか、自分が完全に納得しない限り動かない。
  • 納得できないことが続くとその感情が溜まっていき、どこかで爆発する。
  • 好きなことであれば飽きずに何度でも・何時間でも繰り返すことができる。だが、関心のあること以外には目もくれない。
  • 非常に集中力が強く長時間持続する。
  • 指導者としては厳しくなることが多い。
  • 人から頼られると放っておけないところもあるが、しつこく面倒を見すぎて嫌がられることもある。
  • 10種と異なり、身内の世話を見るのが好き。
  • 世話をするのは好きだが、10種と違いスパルタで厳しい。
  • 味方と敵との区別を独断ではっきりもっている。
  • オタクにはこの体癖が非常に多いとされる。その次に1種が多いとされる。
  • 1種と違い、睡眠時間は短い。二度寝でかえって不調となる。
  • 動作のテンポが非常に速い。
  • かかとをつけてしゃがむ姿勢が得意。
  • 部屋の隅にいるのを好む。
  • 頭の幅は狭い。
  • すねは短く内股気味。
  • 胸板は厚め。
  • 骨盤は狭く厚い。
  • 太りにくい体質。
  • 気持ちが充実してくると痩せてくる。
  • 一部、アスペルガー症候群の特徴と一致する部分がある。

好きな色の傾向:黒か灰色
音楽(歌唱や演奏)をやる時の傾向:歌唱よりもギターやピアノなど楽器に熱中しそうな印象(仮説)。

俺は1種が一番強いが、間違いなく9種もある。
ここ最近体癖ツイートをしすぎていたが、全部重要だと思っていて、あとでまとめて記事にしたいけど、面倒だけど絶対にするので、やはり俺は9種がある。
こう見えて絵などでも完璧主義な部分がある(治したいが)。

9種のこだわりというのは、言葉にして晒すの恥ずかしいのが多い(こだわりどころか強迫観念までいっている人も多いはず)が、晒せる状態になったとき、確実に何かが解放されるという感じがある。

ラーキルアの件など、何年も前の揉め事を未だに許せないところも9種的だ。

30年前にくやしい思いをしたのを思い出したが最後、体中がくやしくなってしまう。(P230)

>10年前に悔しかったからという理由で、今新しく恨みを抱いたかのように行動できる。
「昔のことだから忘れよう」と言われても、全く通じない。(P236)

出典:体癖 – 著:野口晴哉

以下の特徴は俺のオリキャラ髭林ちほっぽい(ちほの体癖はメイン9種という設定にした)。

物事に対してうるさい、いわゆる細かい処に隅々まで気が行き届いて厳しい。

出典:体癖 P231 – 著:野口晴哉

9種のこだわりや異常な集中力は、アスペルガー症候群の特徴と一致する部分がかなりあるが、アスペルガー症候群にもいろいろいるので、9種=アスペルガー症候群と決めつけることはできない、との指摘を受けた。

とにかくガーッと集中する力があるのが9種です。(P231)

集中する長さが非常に長い。
9種の子が池に石を投げる遊びにハマったので飽きるまでやらせてみたら5時間もやり続けた。(P232)

出典:体癖 – 著:野口晴哉

以下の、『何故?』と頭で考え行動できなくなるところは1種と似ている。
あくまで頭ではなく生殖器に血が行っている上での、行動のできなさなんだろうか。

屁理屈をこねる部分はアスペ的に見える。

9種のもう一つの特徴は『何故』ということにある。

「おいしいですよ」と勧められても「なぜ彼は、他人の胃袋のことまで口に出すのか?僕がうまいかまずいかなんて分かりっこないのに。だけど自分がおいしかったから、あなたにもおいしいでしょうからって言ってるのかな?」

『何故?』が内攻しすぎると、自分に対して納得がいかなくなり、行動できなくなる。(P235)

出典:体癖 – 著:野口晴哉

アスペルガーの人は孤独に暮らしたほうがいい、という意見とも合致する(アスペの相手に疲れると周りはカサンドラ症候群になる)。

9種は一人で暮らすのが合っていて、集団で暮らすのに向いていない。(P244)

出典:体癖 – 著:野口晴哉

9種も10種と同じく世話好きだが、身内や親しい人間など少数を世話することを好む。
10種と大きく違うのは、9種の世話はスパルタで厳しいということ。
包容力や癒やしとは程遠い。
10種が優しいママなら、9種はスパルタ教育ママだ。

俺も9種が強いのでわかるが、誰かを世話したいという欲求はあるが、あまりにも厳しく、完璧主義を押し付けてしまうことを自覚しているので、世話しないようにしている。

でも何かしら人に影響を与えたいので、こうやってブログなどを通じて情報を発信している。
9種の人は本を書いたりして、結果的に多くの人を世話(?)する事が多いんじゃないだろうか。
9種の人は、世話好きなのに、一人で生きたほうがいいというのは、そういうこととも関係してそうだ。

1種は頭脳、9種は生殖器に血が行っており、真逆と言えるので、この2つは複合しないという情報があるようだが、そんなことはないはず。
太りにくいところや、オタク気質など、1種と似ているところもあるので少しややこしい。

体癖創始者の野口晴哉氏自身は9種+捻れらしいけど、初めて顔を見たとき小島武夫氏に似てるなと思った。
たぶん小島武夫氏も9種+捻れじゃないだろうか(雀士だし)。

出典:野口整体のこと | 開運数珠ネックレスのそわかのブログ

出典:ミスター麻雀・小島武夫プロ 追悼番組 7/1(日)午前10時より7時間に渡り MONDO TVで特別放送|ターナージャパン株式会社のプレスリリース

顔が似てることと体癖が似てることは関係しているはず。
顔が似てる≒顔の骨格が似てるということだとすると。

気になるタイプの顔っていうのは、過去の重要な人物の顔に似てるからとかじゃなくて最初からそのタイプの顔(の骨格)が自分の体癖と関係が深いのではないか。

9種と性欲に関してだが、スタンディングデスクを導入してから、立って作業してると何日もオナニーしなくても平気なことに気づいたが、これは生殖器に血が行きづらくなり9種が弱くなるからではないかと思った。

9種は性行為時に、自分の快楽しか考えない印象があるのだが、実際はどうなんだろう。

10種

  • 男性なら親分肌。女性ならママ感。
  • 他人を惹きつける華やかさがある。
  • プレゼント好き。気前がいい。
  • とにかく世話好き。対象は人間に限らない。犬や猫や色んな動物をたくさん飼っていることなどもある。
  • 世話をみるべき相手がいないと力が出ない。自分の体調が悪い時であっても、他者を世話することで体力が出てくる。
  • 女性の場合、とにかく母性がある。
  • 9種と違い、身内に対して無頓着な傾向にある。
  • 自分が世話をしている対象が自分から離れていった時、憎む。
  • 9種がかなり厳しいのに対して、10種は寛容。
  • 9種が執念深いのに対して、10種はとにかく忘れっぽい。
  • 出産後に太ることが多い。
  • ふくよかな人が多い。太れば太るほど体調が良く感じる。
  • 部屋の中央や、人の輪の中心にいるのを好み、注目を集めることで発散する。
  • ストレスがあるときは延々と長話をすることで発散しようとする。
  • 極みがない「○○道」などの修行・稽古を好む。
  • 後ろから見るとお尻が大きいが平らで、横から見ると薄い形をしている。安産型(?)
  • 体重は両足の外側と後ろ側に偏るが、しゃがむときだけは内側に偏る。
  • 腸骨が開いていて、いつもリラックスしている印象。
  • 動作のテンポはゆったりとしている
  • 両足を腸骨の幅に広げた状態で、かかとをつけたまましゃがむことができず後ろにひっくり返る。

好きな色の傾向:白色
音楽(歌唱や演奏)をやる時の傾向:自分がやるより人の世話をしたがるので、指導者やプロデューサーやライブのスタッフなど裏方の印象(仮説)。

女性の10種というのはまさにママである。
包容力があり、世話好き。

10種は生殖器の知覚は弱いが、亭主を懐の中に入れて可愛がることはおそらくあらゆる体癖を通して一番だろうと思う。
亭主まで自分の子供のように考えてしまう。

亭主の身なりから何から何まで世話している。
そういう亭主は威張っているが、頼っている。

それほど10種は母性的と言えます。(P251~252)

出典:体癖 – 著:野口晴哉

計算もせず、利害損失も考えない。
俗な考えをもたず純真に動作できる。
幾つになっても若く人相が良い。
その理由の三分の二くらいは、世俗的な頭の働きを持っていないからだと解釈しても良い。
そういう人が病気をするのは矛盾しているので、天は治りやすいようにしているのだろうと思う(
P256)

出典:体癖 – 著:野口晴哉

だが、執着心や依存心が凄い人が多いようだ。
なんせ感受性の中心が愛憎なので。

10種の目の特徴だが、とにかく優しそうな印象がある。
慈愛に溢れた目をしている。
だが、自分が世話をしている人間が離れていったら猛烈に憎むようなので、そのような目にも見える。

10種の人は天然二重率が高い気がする。
顔が華やかというか濃い人が多い印象。

他に10種の顔の特徴は、アゴだと思う。
他にもアゴが特徴の体癖はあった気がするが、10種のアゴはしゃくれという感じじゃなく、しっかりしている、という感じだろうか。
10種は顔のパーツが大きく華やか、というが、アゴも大きいという感じ。

アゴがしっかりしてる女性はママ感がある、というのは体癖を知らない人でも漠然と感じるんじゃないだろうか。
新田恵海、安めぐみ、パク・ジヒョ、守屋茜、森口博子、長澤まさみ、有村架純(敬称略)

ちなみに俺のオリキャラの髭林りささんは10種+3種。


出典:[R-18] 【髭林りさ】「今年、本当に南海トラフ巨大地震が起こる女2019」/「髭林おなもみ」のイラスト [pixiv]

事実確認も計算も適当、ただ家族の世話ができればいい… りささん典型的10種の、ママやなぁ😊

オリキャラ3人(ちほ、りさ、あきら)の性格とか決めてなくてセリフもなかった頃漠然と、りささんは下品なほど捻れの強いギャルのつもりだったが、それだとちほやあきらとかち合うし、今のように捻れのない10種3種のママのほうがいいな。ママやなぁ☺️

個人的に、男女問わず10種の人というのはあまり見かけない。
開閉型は基本的に珍しいと言うか、種にとって重要な役割を持っている印象がある。

俺自身は10種がまったくない。
10種が弱すぎる。
人の世話はもちろん、動物や植物の世話さえできない。

9種は強いので、状況によって、偶数である10種が出ないかな、と思ったがそれもない。
動物の動画や赤ちゃんの動画を見れば、10種的感性が鍛えられる、ということはないだろうか。

他の体癖との相性

メイン1種 サブ3種 9種 8種の俺には、やっぱり10種の女性が相性が良いと思う。
なにより、そういう女性が好きだし求めている。
相手も俺のような体癖の人を必要としている、とかだといいんだが。

俺は犬が好きで、触れ合いたいが、10種が弱すぎて一人では世話ができない。
だから、誰かと一緒に住んで、複数人で世話をしたい。

次の彼女は、10種と3種が下品なほど強い人でさえあればいい。
そんで下品なほど捻じれが弱いほうがいい。
さらに12種が強ければ、心が安定した人であると思う。

同じ9種の女性の場合、一緒に何かを探求できる可能性高いが、こだわりや強迫が強い可能性が高い。
9種はママではない。

9種+11種が強い人とは長続きしないと思う。
上下型の女性(特に1種)は、話は通じるかもしれないけど神経質気味で、俺も神経質だから一緒にいると気を使って疲れるかもしれない。

結局、10種(包容力、ママ)+3種(明るい、女性らしさ)の人と付き合いたいが、よく考えると10種+3種って、まさに雌として優秀な女。
10種+3種の女性に必要とされるように自分を変えていきたいとすら思う。
あまり9種のこだわりが強いと、世話されることを無意識にこばんだりしそうなので。

ちなみに、4種+捻れは苦手だが、10種+4種の女性には惹かれるし、とりあえず10種+左右型の女性が良い。

おまけ 男の生理(メンズメンス)は確実にある

以下は2017年8月に書いたものだが、今考えると、開閉型の体癖と関係があるんじゃないだろうか。

去年ぐらいに、男の生理という言葉が頭に浮かび上がってきたので調べたら、そういったものが本当にあるらしい。

女性の生理のように性器から血が出たりはしないのだが、精神状態が不安定になったり倦怠感を覚えたりするのは共通のようだ。
女性の生理と同じで4週間~1ヶ月くらいの周期で来るらしい。

俺は男だが、確実に男の生理と呼べるような現象がある。

これは別に『メスとして欠陥した女』が一人称を『俺』と言ったり、『雄として欠陥した男が』一人称を『うち』と言ったり、メスとして欠陥した腐女子がBLの男性キャラにまんこをつけて生理になっている絵を描いたりとかのように、自分は雄として欠陥しているから、女性的要素があるのと主張したいのではない。

本当に医学で認められたものとして男の生理はあるようだ。

例えば俺はたまにぐらいどうしようもなく倦怠感が出てきてやる気が出なくなり、昼夜逆転したりして生活リズムがどうしても崩れてしまう時がある。
その周期がくると13時間が18時間ぐらい寝てしまったりもする。
その時の感覚は本当にとにかくだるい、やる気が起きない、としか言いようがない。

気づいたらそれは必ず月に1回のペースでやってきていることに気づいた。
去年からカウントしているのだが、だいたい月の下旬に来るというサイクルのようだ。

気づいたのは去年の暮れからだが、おそらく16歳ぐらいからこの周期はあったんじゃないだろうか。

調べたところによると、男性の場合は二十歳ぐらいからこの男の生理の様なものが来ると書いてあった。

男の生理の詳しい内容については難しいので簡単に説明するが、月1回くらいの頻度で骨盤の開いたり閉じたりして、それが前立腺前立腺の中にある女性の子宮内膜のような機能を持つ部分に影響して、ホルモンバランスなどが崩れて、精神状態に悪影響があったり体に倦怠感が出てきたりするようだ。

女の生理よりかは遥かにまし

まぁ女性の生理とちがって、ちんこから精液が勝手に出てきて金玉が痛くなることもなければ、ちんこからドロドロの経血が出てくることもない。
ちんこから生レバーをトイレで出す必要もないので、女性の生理よりかははるかに楽であることは間違いない。

あと腹部の痛みもないし、食欲や性欲は普通にある。

とにかく体がひたすらにだるくなり、睡眠時間がのびたり、やる気が起きなくなると言うだけの話だ。
だいたいそれは2~3日で治るので
「今月もまた男の生理が来たな」
と考えるくらいだ。

男の生理という概念を知っていて得するのは、
「これは月1で来る生理現象なので やる気が出なかったり倦怠感があったりするのは仕方がないものだ」
と割り切って、その時できることをやろうと思えることだ。

とりあえず男の生理というものはあるようだが、あまりに
「男の生理」
などと連呼している、と
「女の生理の辛さも分からないのに生理という言葉を使わないで」
とほざき上がる女性が出てきそうなので、別の言い方を考えた方が良いと思う。

まとめ

将来は素敵なママとあと犬がいて清々しい。
将来は素敵なママとあと犬がいて清々しい。

関連記事

有名人や架空の人物の体癖分析
芸能人 10種女性の特徴は圧倒的ママ感! #体癖 pic.twitter.com/XQj6kurgjw— 髭林おなもみ (@o...

他の体癖

上下型(1種/2種) 体癖の性格分析/診断方法/特徴
上下型 概要 中心:頭脳 傾向:知的 関心:毀誉褒貶、善悪 本能:学習 囚われ:理念 連想:言葉 特徴:首 養生法:睡眠 ...
左右型(3種/4種) 体癖の性格分析/診断方法/特徴
左右型 概要 中心:消化器 傾向:感情的 関心:好嫌、美醜 本能:自己保存 囚われ:体面 連想:色、食べ物 特徴:鳩尾 ...
前後型(5種/6種) 体癖の性格分析/診断方法/特徴
前後型 概要 中心:呼吸器 傾向:行動的 関心:損得 本能:冒険 囚われ:外見、形式 連想:動き 特徴:肩 養生法:運動...
捻れ型(7種/8種) 体癖の性格分析/診断方法/特徴
捻れ型 概要 中心:泌尿器 傾向:反抗的 関心:勝ち負け 本能:闘争 囚われ:向上心 連想:対生物 特徴:腰 養生法:苦行...
遅速型(11種/12種) 体癖の性格分析/診断方法/特徴
遅速型 概要 1種から10種が偏り傾向の種類であるのに対して、遅速型は、身体の反応の仕方の敏感度や速度に注目している。 著しく過敏なタイ...

目次記事

体癖論の概要 性格分析/診断方法/特徴に関する記事まとめ
体癖(たいへき)とは、野口整体の創始者である野口晴哉がまとめ上げた、人間の感受性の癖を表す概念。 身体の重心の偏りや腰椎のゆがみと個人の感...

筆者である髭林おなもみや、記事内容について気になることがあったらお気軽にご連絡ください。
髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など
髭林おなもみへのお問い合わせ

彼女募集中!
髭林おなもみは現在彼女募集中です。

俺のプロフィールは、
『髭林おなもみのプロフィールと活動一覧 職業や経歴など』
を参照してくだ…

シェアする

error: