50代、60代のひきこもりやニート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

50代、60代、もしくはそれよりも高齢のひきこもりやニートって存在するんだろうか。

働いてたけどやめて無職とかではなく、一度も就労経験のない、子供のまま大人になったようなひきこもり。

30代40代のひきこもりはよく聞くが、それより高齢というのはあまり聞かない。

アル中の平均寿命は50代らしいが、やはりその歳になって社会でやっていけないと、当然生きる気力やモチベもなくなるだろうし、自然と亡くなるようになっているんだろうか。

それか、親が死んで年金も尽き、餓死や自殺だろうか。

俺も気をつけないと。

大人のひきこもり 本当は「外に出る理由」を探している人たち (講談社現代新書)

「ひきこもり」救出マニュアル〈実践編〉 (ちくま文庫)

ガード下 酔いどれ人生(追悼編)の感想。トシさん、小林さんのその後はどうなったのか。便所の落書きや死因について。【動画】
自分は、フジテレビのドキュメンタリー番組 ザ・ノンフィクションの『ガード下 酔いどれ人生(追悼編)』という回が大好きで、Youtub...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加