他人を全肯定し応援する。一切否定しない。説教や説得は無駄。重要でない人間や行動は無視。

知識がない・視野が狭い人間は、知識外の物事を認識する事さえできない。
こちらが何百の言葉を並び立てようとも、相手は全く認識できない。
そんな低レベルな相手に説得を試みたりして、知識豊富な人間が時間を割くべきではない。

ツイートにもあるが、他人に対して悩んだり気を乱すのは「その人間か重要か」「その行動が重要か」による。
他人や、他人の行動が気になって悩んだり、説教したくなったりした場合は、本当にその人間や行動が自分にとって重要かどうかをまず考えたほうがいい。

「どうでもいい人間」の「どうでもいい行動」に悩んだり、無駄な説教をして消耗したら損だ。
そんなことをする暇があったら、自分のやりたいことをやるべきだ。

ただしこれは一対一での「双方向でのコミュニケーション」での話。
SNSなどで独白したりブログを書いたりの「一方通行のコミュニケーション」では、「○○なやつはカス」という風に否定はどうしてもしてしまうと思う。

俺は「双方向でのコミュニケーション」では全肯定人間になって人を応援し捲くる。
ただし、ろくでもない目的を持っている人間の場合は、肯定と応援をした後にそっと離れる。

ちょっと前に他人を一切否定しないとかわけのわからのとを呟いたけれど最近本当に他人に対して説得したり意見したりすることがなくなった。そんな事をして他人を変えられたためしがない。何か言いたくなる時はあるけれどそうなったらば意識を別の所にやる。とにかく人に意見しない。

それもこれも相手側が知識がなさ過ぎの視野せますぎで俺の言っていることを理解できないどころか認識さえも出来ないことが多すぎる。そんな奴一人に俺がマンツーマンで時間割いて情報を与えるのが無駄すぎる。

ネトゲの某人みたいにわざわざ俺に助けを求めてきてるのにいざ意見を言ったら聞き入れいれない奴とかマジでキチガイだろと思う。結局そういう奴って問題解決のためのノウハウがほしいんじゃなくて現状維持のための愚痴が言いたいだけなんだよなと気づいてからマジで人に意見言わなくなった

問題解決のためのノウハウが欲しいんじゃなくてただ愚痴が言いたい・他人に依存したいだけなのにさも問題解決のためのノウハウを欲しがってるような素振りをして、説教したがりの人に助言求めて否定するやつはきちがい

だから俺は直接相手を説得しない代わりにツイッターやブログで「こんな輩がいた」という事をつらつらと書いてネットに一生残る書物資産を構築する訳だがこれを陰口って言われたら否定できん ヤマゴロさんに「お前ってほんとにマスゴミみたいだよな」って言われたけど本当に私はマスゴミ糞坊主ですよ。

他人を否定して説得して変えようとしそうな自分が居たら即座に認識を改めて別のことに取り掛かる。ラーキルアさんの言うところの受け流す人間とか、俺の言うところの飄々クソボウズだと思われたら嫌なのだけれど、とりあえず他人を変えようとしない事が一番自分のためになる

他人に気を乱されるのは自分にとってその人間が重要か、その人間の行動が重要か、どちらもか。例えば町のどうでもいいおっさんでも殴ってくるような重大な行動とってきたら気を乱されますよね。逆にどうでもいい行動がいちいち気になる場合はその人間の事が重要になってしまってるので認識を改める。

自分にとって誰が重要か何が重要かを常に管理して把握しておかないと、後になって考えて本当にどうでもいいことに時間とか労力割いてしまったりしますからね。それは短期的に重要かもしれないけど、そのせいで長期的に重要なことが蔑ろになったらまずいですからね。

奈津み○んさんがブラック企業を一向にやめなかったりドラテンの小5が学校でイジメ抜かれてるのに何も対策しなかったり、その他諸々の事があって俺は一切人に説教(説得)することをやめた。人を否定することを一切やめた。

前も書いたけどその人がブラック企業でイジメ抜かれて、見かねた俺とかが「やめたほうがいいですって!」と説得したって、その人のゴールは「一度きりの貴重な人生をブラック企業で消耗して過労死する」というものでそれは「誰がなんと言おうと達成したいゴール」なんだからこちらに否定する権利はない

本当に本人はそういうゴールを達成したいんだろうし(これは皮肉では一切ない)だからこそ誰になんと言われてもブラック企業で働き続けるんだろうし、それをこちらの価値観で否定するのは異常なことですよ。むしろ、君なら絶対ブラック企業で消耗して過労死することができる!と応援するほうがいい

人は他人を全肯定して応援するイエスマンになればいいんですよ。「死にたい」と言ってくる人がいたら止めるなんて以ての外で、まず「君なら絶対死ねる!」と応援してあげる。相手が望むなら、うまく自殺する方法などを教えてあげてもいい。まぁこの例えは自殺幇助になるので問題だけれど。

「お前をころしたい」と言われたらば困るけれど。とりあえずそれは知らんけどイエスマンになって他人の価値観を全肯定するようにしたら本当に楽になった。でもこっちにもやる事あるので。やっぱり「死にたい」ってゴールの人とは一緒にいたくないので「君ならできる」と応援した後去ります。

過労死したい・自殺したいというゴールだってその人なりのバックボーンがあって本当に達成したいゴールだろうから「億万長者になりたい」ていうゴールと同じくらいなものですよ。これは皮肉では一切なくて。人が本当にそれを望んでるのかなんてこっちには知りようがないし。できるのは応援だけ。

つまり自分にとって思わず否定したくなるようなゴールを持っている人相手でもとりあえず肯定して応援してからそっと離れれば良いって話なんですよ。そしたらば波風も立たないしこっちも消耗しない。そんなことにやっと気づいたんですよ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加