被害妄想は現実の本人と接して解決する事 関係性を掴みなおしていく事

今まで散々名前を出していた人物と数年ぶりに和解しました。
半分以上、俺の被害妄想でした。

そのことと、最近気づいた、
「交換不可能な関係性」

「存在を掴みなおしつづけるということ」
がつながったので、一連のツイートを引用します。

今までの記事やpixiv作品からも、その人の名前はすべて削除しました。
これからはその人の名前を出すことはしません。

相互フォローになりましたが、その人との関係性が今後どうなるかはわかりません。
ただひとつ言えるのは、その人との関係性は「交換不可能」なものであり、これからはその存在を「掴みなおし続けていきたい」ということです。

ツイート

フォローして話し合った

[某人]をフォローしてみろという天啓が降りてきた

結局[某人]本人と話してみると俺は俺の被害妄想が作った想像上の人物を憎んでいたとしか言えない状態なんだよな もう「探求。」なんてくだらないことはやらないけれど。

正直本人と話すと「やりすぎた」という気持ちは下品なほど浮かび上がってくる。申し訳ないという気持ちも。例えばヤーイヤイの場合は明確な敵意を表明してたからこっちも滅茶苦茶やっていいと思うが、[某人]さんの場合は違うのだと本人が言うのなら信じるしか無いと。

探求。して「ほんとにほんとなんだな?無意識の抑圧に気づいてないだけじゃないのか?」なんてしないけれど。

とりあえず、現実の本人の不利益になることはやめる。実在の人物をモデルにした想像上の人物を攻撃、または解決するのに外の世界を使ったらまずいので。混合が起こっていたとは思う。

俺が雄として欠陥してて10代の時に処女とセックスできなかったのが悪いだけなのに、被害妄想起こしてブログの記事とか絵とかかきまくってすみませんでした、とは半分言えるけどやっぱり半分は言えない。相手側の行動がピンポイントで因になったのは間違いないので。それを増幅させるかは俺次第だけど。

でも何の「因子」もなければ、想像上のモンスターを作り上げる材料になり得ないと言うのはあると思う。でもどうであれ結局俺は最初から自分の問題を解決することに焦点をあててればよかったんだろうな。

俺の負の投影は病的なので。[某人]さんにとっては不運だったとしか言いようがないかもしれないけれど。考慮して欲しかったというと責任転嫁や甘えになるけれど。

現在の現実の[某人]さんと俺が20歳から数年間憎んでいた[某人]さんの像が著しく乖離しているなら俺も対応しなければならない。でも俺の脳内の存在の影響は消せない まぁ自分が作り上げた幻想だとしても

記事と絵を削除しました

[某人]さん本人と話してみて、結局俺の被害妄想、想像上の人物を憎んでいるというのが半分確定したのでブログの記事等対応していきます。
ファクトリーの記事にまで、何十記事も名前を出していて、本当に私はどうしようもない偏執狂ですよ
pixivの某絵のキャプションを空欄にしてタイトルも「無題」にします。ただパルテナ勢のがきは本当に今でもムカつくけどこれは妄想じゃないとおもう。zooとか。重要でもないどうでもいい人物かつムカつくかすなのでそいつらの絵はそのままでいいかと

ブログ記事を単語検索すると、某人の名前があまりにも出てきすぎている。全部削除します。

記事と、文字列を削除しました。検索エンジンからもいずれでてこなるとおもいます。

イッスンさんの場合はDMにて明確な敵意をかんじるフシがあったので記事削除しません。

独白で表出する際にどういう呼び方をするか

これからは個人名は出さず抽象度を上げた名詞で呼ぼうかと思ったら違和感があった でもそうしていかないと

こうやって名前出して表出するから脳内人物の抽象度が下がって臨場感があがってしまうんだろうな。もう他人の名前は掴みなおしができる存在か絶対に掴み直しができない存在以外出さないほうがいいかもしれない。

個人名だと抽象度が低すぎるので、なんか落とし所を考えたい。どうしても独白して表出したがる孤独力のない糞坊主なので

片想いと脳内人物

髭林おなもみ@春画投稿垢 @onamomii
正直アルティーと同じように[某人]さんがネット引退して「続報」が何もなければ俺の想像上の[某人]さんと現実の[某人]さんの乖離は判明すらしなかったのだろうけど。それが良いの悪いかはわからない。結局現実問題、[某人]さんを敵に仕立て上げざるを得なかった自分の中の問題を解決するしか無い。

髭林おなもみ@春画投稿垢 @onamomii
両親やアルティーや片想いの問題と同じです。自分の中で勝手に作り上げた[某人]さんの存在を解決していきます。もうその存在のことは[某人]さんという固有名詞で呼ぶとまずいと思うのでなんとかします。

存在の掴みなおし

髭林おなもみ @onamomi22
根源を掴み直していく。これが重要なわけだ。ただ脳内人物という名の奴隷もほしいわけだ。

髭林おなもみ@春画投稿垢 @onamomii
俺は某人との関係においてカーンバーグ的な光景の根源を掴みなおしつづけることに見事に失敗したわけだ。

オリキャラに対する描く衝動

一生裏切らない、まんこになります!!顔もおっぱいも控えめなりさママ絵葉書この絵葉書はかなり好きだ。現時点でぱっと思いつく中でもだいぶ好きかも。おなじみわつぃのオリキャラのりさママがマイクロビキニ着て、気合入ったポーズとりながら、「一生裏切ら

交換不可能な存在になりたい

参考

さいごに

被害妄想や憎しみは現実の本人に触れることで解決する

近頃、あれだけ憎んでいたリアルの知り合いと飲みに行ったり、クルテクに話しかけ、絶縁したり、俺に対し「人生酒だけ」とほざいた10代に抗議してみたりしている。

つまり、人と実際にコミュニケーションをとり、事が現実で動いているということだ。

俺はこのブログで、散々リアルの知り合いのメガ安が憎い、ヤーイヤイが憎い、その他もろもろが憎いと、辛らつな憎しみを記事にしてきたが、それらの8割くらいは”妄想”から来るものだったと最近思い始めた。

一人で考え続けると、ろくな感情が出てこない

怒りや憎しみを抱くのは、まず現実で危害を加えられたり、マウンティングされたり、安確いじりを受けたりという、具体的な事象が起こったからなのは間違いない。

問題はその先で、俺はその場で怒るなり異議を唱えるなどの行為をとっさにとることができず、家に帰ってから悶々と考える。

その場を乱したくない、めんどくさいやつだと思われたくない、という恐怖心から、現実から逃げていると言える。

家で一人きりで悶々と考えた結果、出てくる感情は、大体、憎しみや恨みなどのろくでもないものであることが多い。

一人で考える続けると、現実離れした結論が出てくる

話し合わず、実際の本人の考えや心情もわからない状態で、自分の尺度で、相手はあの時どんな気持ちだったのか、あの発言はいったいなんだったのか、と考えるのだが、現実から隔離された状態で考えてみても、現実離れした結論しか得られない。

ましてや、体調が悪かったり、他の嫌なことも重なっている状態だと、精神が平常時よりもネガティブになっているので、余計にまともな考えが出てこない。

その結果、現実のその人から乖離した、自分の中のその人を作り出し、勝手に憎んで、配信で暴言を吐いたり、憎しみ記事を書いたりしてしまう。

一人で考え続けると、結局は妄想に陥る

もちろん、一人きりで考えることも広い意味では現実の一部だが、相手の気持ちを汲んでいないという意味では妄想だと思う。

現実に当人に会ってみると、俺が自分の中で作り上げた妄想のその人と、あまりにも乖離していて、自分の妄想癖が恐ろしくなる。

去年暮れにリアルの知り合いと会って話し合ったときも、そんな気持ちを抱いた。

現実の彼らが、俺が思っていたより遥かにまともな奴だったと知ると、俺が書いてきた彼らへの憎しみ記事や絵は、まさに自分自身の醜さ、自分自身への憎しみの投影だったんだなと今は思う。

自分の中で割り切るということに向いていない

俺は、非現実的な妄想を吐き出す場所としてネットを利用してきた部分がある。

現実と対峙しなくても自分の意見を発散したり正当化できるので、かなり危険なものだと思う。

散々、世の中への憎しみ、などと言ってきたが、それもほとんど現実と触れていない俺の妄想である可能性が高い。

結論としては、相手が憎いなら、一人きりで考えこんでネットで愚痴ったりせず、外に出て、現実で相手と対話してみることだと思う。

相手と話し合わずとも、自分の中で割り切って憎しみを消し去れる人ならいいが、俺はどこまでも憎しみを増幅させる傾向があるので、話し合ったほうが良い結果を生むと感じる。

とにかく現実の当人を知る

そして、妄想で憎みすぎてもいけないが、妄想で許しすぎてもいけないと思う。

そうなると、現実で当人に会ったときに、逆に、ひどいやつじゃないか、となってくる。

結局は、過度な憎しみでも過度な許容でもなく、現実の等身大の相手と対峙することしかないんじゃないかと思う。

そして、現実の相手と接していない間は、あれやこれやと考えない。

現実の相手が目の前に居ない限り、また自分の中で妄想の相手を作り出してしまうことになる。

現実的な憎しみ

これらは、妄想的な憎しみの話であり、実際にひどいことをされて、実際に話し合ってもなお憎しみが消えない場合は、また違う話になってくるんだろう。

俺のように内向的で、一人きりで悶々とろくでもない妄想をしてしまう人間の憎しみとは、少し違うように思える。

まとめ 現実に触れる、現実と対峙する

上記の経験から、俺は精神的な意味で、本当の”ヒキコモリ”だったんじゃないかと思う。

自分の中の世界だけですべてを完結させようとするが、そこは気楽なように見えて、ひどい劣等感や自己蔑視がひそんでいる。

そんな場所に、実在の人間の妄想を作り上げても、結局ろくな感情を生まない。

とにかく、現実と対峙する。

そこから考えるしかないんじゃないかと思う。

まぁそんな感じです。

こんなところでどうでしょうか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加