apro フットウォーマーKWS-M202を買いました。レビュー(評価)、感想、使用感など。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

冬場は足や手の冷え性がひどいので、3年くらい前にこのフットウォーマーを買った。

ファンヒーターだけでは足先まで温まらないが、これは足ごとすっぽりと入るのでかなり温かい。

apro(アプロ) 足首の上まですっぽり入るフットウォーマー KWS-M202BR

消費電力と温度調整

消費電力は70Wで、温度は45度、50度、55度、60度の4段階で調整でき、安全のため約2時間で自動で電源が切れるようになっている。

カバーの取り外しと洗濯

カバーはほぼすべて外して丸洗いすることができ清潔だが、発熱部分までは洗えないので、気になる人は気になるかもしれない。

発熱部分に汚れが付くことは少ないと思うが、もしついたら、手で取るしかない。

ブーツ型だったらよかった

カバーをジッパーで締め、足の間も蓋をすることができるが、そのまま突っ込んでも問題はない。

個人的には、足を突っ込んだ状態だと足の体勢を変えづらくてストレスが溜まるので、両足で分離されたブーツのような形のものだともっとよかった。

フットウォーマーは必需品

冬場は本当に足が氷のように冷たく、このフットウォーマーが必需品になっている。

ただ、最近机をローデスクに改造して足を伸ばしているので、少し使いづらくなりそうだ。

ブーツのような形状のものならそういう場合にも対応できるのにと思う。

今冬、もしうまく使えなかったら小型のファンヒーターか何かを足に当ててなんとかする。

それくらい冷え性はつらい。

価格

購入したときは約3300円。

現在は販売中止になっているようだ。

画像

160605142638_01.jpg
160605142638_02.jpg
160605142638_03.jpg
160605142638_04.jpg
160605142638_05.jpg
160605142638_06.jpg
160605142638_07.jpg
カバーを外した状態。右が発熱部分。
160605142638_08.jpg

apro(アプロ) 足首の上まですっぽり入るフットウォーマー KWS-M202BR

※下記の商品は、この記事で扱っている商品とは異なります。
KOIZUMI(コイズミ) 【つま先まで暖かい】 電気足温器 【洗えるカバー】 ブラウン KDF-4031/T

DIYで引き出し付オフィスデスクをローデスクに改造 ハイデスクとローデスクのメリットとデメリット
2年くらい前に買った楽天の1400x700x700の引き出し付きオフィスデスクと、1年前にニトリで買ったタンパ3というリクライニング付き...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加