もしアルティーと1度目の再開をしていなかったら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

久々にアルティー記事。

詳しくは、記事最下部の『アルティーとは』や『アルティーとの歴史』という関連記事を見てもらえればわかるが、俺はアルティーと、2度絶縁している。

どうしても「許せない」人 (ベスト新書)

1度目の絶縁

1度目の絶縁は、2011年半ば。

俺が配信を始めて半年後くらいで、アルティーのアドバイスがうっとうしくなり、Twitterで暴言を吐き、なおかつ、運悪くフォローが外れるバグが重って勘違いされ、お互いがpixivなどのすべてのサービスでつながりを切って絶縁した。

1度目の再開

そして、翌年(2012年)の春に、俺がスカイプのサブ垢で久々にログインするとアルティーがログインしていたので、話しかけ、仲直りした。

それが1度目の再開。

2度目の絶縁

2度目の絶縁は、2012年12月。

再開はしたものの、彼女や大学云々で付き合いが悪くなったアルティーにキレた俺は、6月ごろから、ツイッター(公開垢)でアルティーへの暴言を吐き始める。

その後、アルティーの似顔絵を描いたり、謝罪メールが届いたりを経て、12月のスカイプチャットをもって完全に絶縁。

それからメールを送ったり数々のアクションをかけているが一切の返事はなし。

1度目の絶縁で終わっていればよかった

そもそも1度目の絶縁ですべてが終わっていれば、ここまでひどいことにならなかったのではないかと思う。

俺がきっちりとサブ垢でもアルティーを削除&ブロックしていれば、再開することもなく、お互い傷も浅いままで終わったはずだ。

お互いが1度目の再開と2度目の絶縁を引き寄せた

結果論だが、俺は何かこの先ずっとイジることができる対象が欲しく、アルティーはアルティーで、ネットでの活動に無意味さを感じていて、ネット引退するきっかけ、口実が欲しいという、お互いの無意識での願望が、すべてを2度目の絶縁に導いたんじゃないかとも思える。

バグも重なった1度目の絶縁に、お互い心の底では納得いっておらず、再開するまでの間、相互監視の状態だったので、再開に関してはある意味必然だったとも言える。

2度目の再開は絶望的

今年の12月で2度目の絶縁から丸4年である。

当時アルティーは23歳だったはずなので、今年で俺はアルティーと同い年になる。

あれだけメールを送ったり捜索したり、アルティーというワードで検索したときに、俺関連のものがヒットするようにしたり、色々してきたのに何の反応もないと言うことは、何度も言うが、もう再開は絶望的なのだろう。

逆に、万が一にでも再開したときに、アルティーが社会でまともにやっていたりしたら、あれだけ軽蔑し尽くし、馬鹿にしていた対象が自分より上という事実に、俺は発狂してしまうのではないかという恐怖もある。

さいごに アルティーを忘れない

もうだいぶ前から憎しみも薄れ、どうでもよくなっているが、生涯忘れないのだけは間違いないだろう。

どうしても「許せない」人 (ベスト新書)

アルティ ワンダーマットL グレー 32962

アルティーとは
pixivで200個近く醜い絵を描かれたり、髭林おなもみBANDの楽曲のテーマになったり、俺の"おなもみ配信"において、ことあるごとに名...
アルティーとの歴史
アルティーと俺の歴史。 自分の中では現在進行形なので、新しい情報が上にくるようにしたいので、お手数ですが、一度一番下までスクロールし、...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加