pixivや歌詞サイトに埋め込まれている爆音広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ちかごろ、pixivの作品ページやとある歌詞サイトを開くと、けっこうな確率で、ものすごくでかい音が鳴る広告が再生される。

ボリュームコントロールでそのブラウザの音量を下げていても、その広告が再生されると、なぜか音量が最大になっているので意味がない。

そのせいで、でかい音にびっくりするはめになり、めちゃくちゃ腹が立つ。

苦情社会の騒音トラブル学―解決のための処方箋、騒音対策から煩音対応まで

Googleアドセンスの広告らしい

よく見てみると、その広告はGoogleアドセンスの埋め込み広告で、Youtubeの動画が埋め込まれているようだ。

こんな感じでpixivの作品個別ページの下に表示されている。

ページを閉じないと音が止まらない

画像だけの広告の場合は問題ないが

ページを更新するたびに広告が変わるので、もし爆音が鳴る広告が出てしまった場合、ページを閉じない限り音が止まらず、非常にうっとうしい。

昔の個人サイトを思い出した

むかし個人サイトが流行った時も、いきなり音が出るサイトはろくでもないと言われていたが、未だにユーザーの許可なく爆音を流す広告がまかり通ってるなんて異常だと思う。

さいごに AdBlockを入れる理由になる

うっとうしすぎてそのページを見る気も失せるし、そもそも、ページを開きなおしてもまた鳴ることがあるので、見るのを諦めるか、一時的にPCの音量をゼロにする必要がある。

こんな迷惑な広告が増えたら、AdBlockを入れる人が増えても仕方ないと思う。

まぁそんな感じです。

こんなところでどうでしょうか。

苦情社会の騒音トラブル学―解決のための処方箋、騒音対策から煩音対応まで

改訂2版 ネット広告ハンドブック

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加