ビールと魚介類は全く合わない

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

こう感じるのは俺だけではないはず。

刺身や寿司は当然として、白身魚のフライや、たらこスパゲッティなど、魚介類とビールは全く合わない。

体にいい「食べ合わせ」 (TJMOOK 知恵袋BOOKS)

不快な後味がする

魚介類を食べながらビールを飲むと、鉄のようなゴムのような、どうしようもなく不快な後味がする。

例外は、えびフライやかきフライ。

この二つはさほど変な後味はしなかった。

おそらく一番ひどくあの後味がするのは、刺身、寿司、さんまらへんだと思う。

たまにさんまの塩焼きがビールに合うとか書いてるサイトがあったりするが信じられん。

ノンアルコールビールも魚介類とは合わない

あと、ノンアルコールもビールと同じで魚介類とは合いません。

一生好きなことをして暮らすための「不労所得」のつくり方 光文社新書/吉川英一

追記

最近気づいたのですが、刺身や寿司の場合はあの変な後味はしないことが多いです。

火を通した魚を食べながらビールを飲むと、あの後味がするようだ。

甲殻類は貝類は火を通そうが生だろうが、あの後味がしないことが多い。

体にいい「食べ合わせ」 (TJMOOK 知恵袋BOOKS)

キリン フリー ノンアルコール 6缶パック (350ml×6本)×4パック

キリンフリーというノンアルコールビールがうまい
最近はもっぱらキリンフリーというノンアルコールビールを飲んでいる。 冬場はビールをおいしいと感じないので、ほろよいをよく飲んでたのだが、こ...

https://onamomi22.com/sakes/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加