このブログのコメントとTwitterのリプライへの対応について

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近頃、このブログによくコメントをする人や、Twitterで”物申して”くる人がいて、思うところがあったので、それらへの対応について書こうと思う。

色々言いたい事はあるのだが、結論としては、”俺にとって価値のないコメント(リプライ)ばかりなので、無視したい”ということです。

この一言だけだと誤解を招くと思うので、下記で詳しい理由を長々と書きます。

とっさのひと言で心に刺さるコメント術 (PHP新書)

このブログの目的について

まず、このブログの目的(特に雑記カテゴリの記事)は、俺が人生や日々の生活の中で気づいた、主に人間に関することを、不特定多数の目に付く場所に公開しておきたい、ということです。

そして、自分の考えを整理したい、自分が死んでも残る作品として保存しておきたい、見た人に何らかの影響を与えたい、ということです。

ただ、見た人に何らかの影響を与えたい、という目的はあくまでも副産物です。

俺は、記事を”公開した時点で”目的を達成していて、それによる影響は、見た人側で勝手に受けてくれれば良いと思っています。

コメントの目的について

そこで気になるのは、コメント(リプライ)をする人の目的は何なんだろうか。

俺の独白である記事に対して、否定だろうが肯定だろうが提案だろうが、”物申す”ことで、何らかの目的を達成しているのだろうか。

俺からすると、”物申す”ことそのものが目的であるように見える。

俺に物申し、否定や講釈やアドバイスや提案をすることで、”優越感”を満たしているんじゃないかと。

そうなると、コメントした側は”物申した”時点で目的を達成していることになる。

目的を達成したということは、メリットがあったということだ。

コメントをされても必ずしも俺にメリットはない

“コメントをした側は、コメントをした時点でメリットがある”という構造が、とにかく不愉快だ。

例えば、俺に質問するコメント(商品の事などではなく、考えの追求)に返信しても、その返信に対する返信はないのである。

どう考えても、俺の返信を見ていない可能性が高い。

つまり、相手は言いたいことを”吐き捨てる”ことが目的であって、俺と対話し、考え追求するつもりは最初から無かったということになる。

俺は、そんな身勝手な態度の人間に、律儀に対応する必要はないと思い始めている。

尊敬できない人間からのアドバイス

暴言を吐き捨てるのは論外にしても、俺としては、”尊敬できない人間”からのアドバイスというのも、価値がないと思っている。

名指しさせてもらって申し訳ないが、axioさんという方が最近よくコメントしているが、俺を”諭そう”とするような態度や、こういうやり方をしてみては?という、俺にとって不必要であることがわかりきった提案が、非常に癇に障った。

目的は誹謗中傷でなく、どちらかというと、考えを深めたい、追求したい、という方向だということはわかるが、その割りには、あまりにも俺のことを理解してなさすぎる。

そして俺も、この人を理解したいとは全く思わない。

発言内容を見るに、俺はこの人を尊敬することはないし、尊敬できない人と何か考えを追求しても、こちらはただ相槌を打ったり、今までのおさらいをするだけに終始してしまう。

もし本当に考えを追求したいなら、俺も応じたいと思う。

だが、「長すぎて読めない」やら「midi音楽の作曲とか始めてみては?」

というようなことを言っている時点で、相手を理解することより自分の意見をぶつけて優越感を得ることしか頭にないように見える。

「いい経験になりましたね」「甘くないんですよね」などの上から目線の言葉にもムカが入った。

尊敬できない人間が、こちらが同調していることをいいことに、気分よく話している、というのはなかなか耐え難いものがある。

さすがの俺もこの場合は、対応を間違えた、と自分を責めた。

片方にしかメリットがない状態

俺にとってaxioさんという方がコメントで言っていることは、真新しい知識でもなく、自覚できなかった盲点でもなく、膝を打つような提案でもない。

誹謗中傷が目的ではないので気分を悪くしないでほしいのだが、俺にとって価値が無い、としかいいようがない。

「コメントが少ないこのブログにコメントしてくれた」という理由で、「そうですね、そう思います」と、ほとんど相槌を打つという形で返信してきたが、そんなことをしても俺にメリットは無い。

しかしコメントをした側は、”コメントをした時点で”メリットを得ている。

この構造は俺にとって不利益でしかないので、なんとかしなければならない。

つまり、”片方にしかメリットがない状態”だ。

コメントの役に立つ

俺はそういったコメントに対して返信をすることで、さらに相手にメリットを与え、「役に立っている」のかもしれないが、役に立つ、の種類がろくでもない。

“優越感を得させてあげている”というような状態に感じる。

「ガード下の小林さんはどうなりましたか」「精製水に入れる重曹の量はどのくらいですか」

などの、単純な質問には答えて役に立ちたいが、アドバイスや提案のようなコメントに相槌を打って、優越感を得させてあげるという役立ち方はごめんだ。

ほかの記事でも何度も書いたが、10代にありがちな、「参考になります!人生や人間関係について教えてください!」

などといった態度の、”尊敬してくる人間”の役に立つ気もないので、拒絶したい。

尊敬できる人間

ブログの目的、の項目で挙げなかったが、このブログにもう一つ目的があるとすれば、俺に興味を持ってくれる人間が現れ、なおかつ俺はその人間を尊敬でき、考えを追求し、何か新しい思考に到達したい、というものだ。

だが実際、コメント欄には俺の思うような人間は現れず、こちらがデメリットを蒙るだけだった。

俺としては、今まで来たようなコメントではなく、言っていることが理解できない、と思えるくらい高いレベルの人に、自分に興味を持ってほしいと思っていた。

だがそんなことはほとんどありえないと思うので、そろそろあきらめようと思う。

というかすでに何人かそういう人が周りにいるので、ブログを使って新しく知り合おうと考える必要は無いのかもしれない。

無視する=負けたことになる

ブログのコメントに限らず、Twitterのリプライでもそうだが、俺にメリットが無い発言はできるだけ無視したいのだが、無視すると、反論できないんだ、負けだ、と思われているような感覚に陥る。

だから無視できずに、相槌を打つ形でとりあえず返信してしまう。

俺はそうすることで、戦わない意思を表明し、勝ちも負けも無い、という状態を作ろうとしていたが、それはそれで労力がいる。

俺はそもそも意見を戦わせようという気は全く無い。

意見を戦わせ、どちらがより正しいかを明白にさせるのではなく、それぞれが正しいと思える方向に進むべく、お互いが自覚できていない盲点を教えあったり、足りない知識を出し合う、という関係を構築したいと思っている。

2chでレスバトルをしたり、Youtubeのコメント欄やTwitterやで言い争って、やれ論破したされたとやっている人がいるが、俺はああいう場所を”戦場”に設定して、時間と精神を割き、つかの間の優越感を得ることはしたくないと思う。

都合の悪い意見

上記のことを見て、「都合の良い意見がほしいだけじゃないのか」という意見が飛び出すと思うが、はっきり言ってそうとも言える。

俺は好きなように記事を書いて発信しているが、それに対する都合の悪い意見にも必ず返信しなければならない、という義務はないと思っている。

あくまで自分が望む方向に向かって、メリットがあることを求めていっていいのではないかと。

Twitterのリプライについて

この記事で書いたことは、そっくりそのままTwitterでのリプライでも言えるのだが、Twitterでリプライ禁止にしようと思うと、ブロックという措置をとらないといけなくなるから困る。

つい最近も、リプライで否定的意見を貰ったのだが、このブログのコメントと同じく、考えが深まるような内容ではなかった。

それでも一応返信したが、相手の欲求を満たすだけの結果になったと思う。

上記のように、無視したりブロックしたりするのは”負けた”ことになる気がするので面倒だ。

しかし、今後は思い切って無視するという選択をしてみようかと考えている。

コメント機能を停止します

結論としては、コメント機能を停止します。

(今までの記事をすべてコメント禁止にするのは設定がめんどいので、この記事以降になります。)

コメント欄というのはオープンな場所なので、さっきも書いたように無視すると負けたと思われる可能性もあるし、たぶん無いとは思うが、コメント欄という場所を使って存在を誇示しようとされるのも嫌だ。

もちろん、コメント欄で意見を戦わせ”戦場”にするつもりも無い。

なので、何か言いたい事がある人はメールでお願いします。

これまで通りアドバイスや提案のメールをしてきても構わないですが、返信はせず、無視すると思います。

商品レビューに関する質問とかならたぶん答えます。

追記 コメントを承認制にします

1日考えた結果、やはりメールでのコメントというのは、メールアドレスが必要になってめんどくさいと思うし、記事の下部に表示されないので便利が悪い。

ただでさえ少ないコメントがさらに減りそうなので、メールでのコメント受付はやめ、今までと同じ承認制にします。

これまではすべてのコメントを無条件で承認し、返信してきたが、これからは上記で書いたような、俺から見て価値のないコメント(返信する価値のないコメント)は、承認しません。

ただし、すべて目は通します。

返信しようと思ったコメントのみ承認しますので、よろしくお願いします。

そして、承認したコメントとそれへの返信は、5つほどたまったら”コメントと返信まとめ”という記事に引用して紹介すると思うのでご了承ください。

まぁそんな感じです。

こんなところでどうでしょうか。

追記 その1

この記事で書いたことと似たようなことを、下記の2つの記事で書いているので、興味があったら読んでみてください。

追記 その2

誤解を招いたようなので書きますが、3. コメントをされても必ずしも俺にメリットはない、という項目の、俺の返信に対する返信がない、というのは、インゴッドさんやノラさんのことです。

俺に質問(追求)する形でコメントしているのに、その答えに対する返信がないというのは、納得がいかない。

大概のコメントは俺の返信一回でやり取りが終わるので、その返信に対する返信は必要ありません。

とっさのひと言で心に刺さるコメント術 (PHP新書)

コメントする力

実績もないのに偉そうに講釈を垂れて人を動かそうとする奴
2年くらい前、とある奴が、年下の俺をつかまえて、「いいか、モチベーションなんだよ。でも苦しんでやるんじゃないんだよ、例えばお前が絵を...
そこそこ仲良くしていた知り合いがいきなりアドバイス野郎になり絶縁するパターン
今までネットでもリアルでも、人とモメ捲くって幾度となく絶縁してきた俺だが、これほどまでに絶縁しまくると、モメるパターン、絶縁する法則が見えて...

pixivで送りつけられる暴言コメント
近頃、俺がpixivに投稿する絵はもっぱらアルティー。 アルティーへの愛をひたすら表現しているだけなのに、心無い暴言コメントが来たりする。...

コメントと返信まとめ 2017年01月29日までの分
ブログを開設してから今までに来たコメントと、それに対する俺の返信をまとめました。 新しいものが上に来るようにしてあります。  ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加