キャプテンスタッグ デリス シルバートート型クーラーバッグ4L M-1856を買いました。レビュー(評価)、感想、使用感など。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今まで、釣りを始めたときに買ったBASELANDの7.5Lのクーラーボックスを使っていたのだが、無駄にでかいし、持ち運びにくいしということで、この4Lのクーラーバッグを買った。

キャプテンスタッグ デリス シルバートート型クーラーバッグ4L M-1856

良い商品です

大きさもちょうど良いし。そこそこ頑丈そう。

素材的に、丸洗いしてもすぐに乾くようだ。

クーラーボックスと違って取っ手も持ちやすいし、なにより折りたたむことができるので、行きは反転バケツの中に押し込むことができたりしてかさばらない。

小さめの魚を入れるのに最適

4Lなのでそれほど多くの魚は入らないだろうが、太刀魚数匹、カサゴ数匹、アジなどの小魚数十匹なら入りそうだ。

俺が普段釣っている量には十分対応できると思う。

中の素材の耐久性について

とりあえずこのクーラーバッグに、釣った豆アジとカサゴを入れてみたが、中の素材の耐久性に関してはまだわからない。

魚を入れるために作られたものではないので、カサゴなどのトゲがある魚を入れると、穴が開き、中の空間に水が入るというトラブルが起こる可能性がある。

そういう魚を入れるときは、一度魚をビニール袋に入れるなどの工夫をしたほうがよさそうだ。

あと、中の底板は邪魔なので入れていません。

さいごに クーラーボックスよりこのバッグのほうが良い

今思うと、たくさん釣れもしないのにわざわざ7.5Lのクーラーボックスをチャリに積んで、釣りに行っていたのが徒労に思える。

さすがにマイワシが100匹以上釣れたときは役に立ったが、そういうとき以外は無駄だった。

釣りを始めた当初はなにもわからなかったので、まぁ仕方ないか。

これからは大漁が見込めるとき以外は、このクーラーバッグを持っていきます。

追記(2016年06月24日)

案の定、中に穴が開いてしまいました。

魚を袋に入れず直に入れていたので、腹の棘のようなヒレが刺さったのかも。

水洗いするとその穴から中の空間に水が入るようになりました。

だが、穴から水が抜けるような角度でベランダに一晩干せば乾くので、とりあえずは問題なし。

やはりこのバッグに魚を入れるときは、ビニール袋に入れてからのほうがいいようです。

画像

160604190006_01.jpg
160604190006_02.jpg
160604190006_03.jpg
160604190006_04.jpg
160604190006_05.jpg
160604190006_06.jpg
160604190006_07-1.jpg

キャプテンスタッグ デリス シルバートート型クーラーバッグ4L M-1856

BASELAND(ベースランド) クーラーボックス 7.5L

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加