中1のときに担任の女教師に嫌気が差して家出した思い出

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俺は、小6の時に学校で暴れ捲くっていたせいで、中学に進学すると、学校から目をつけられはじめた。

そのせいで中1の時、5クラスの中で一番厳しいと言われている、チビの女教師が担任になった。

そいつは、ブスでチビなので、生徒になめられないように甲高い声で怒鳴り捲くるポンチ教師。

他のクラスは普通に話しているのに、俺のクラスだけ昼食中でさえ私語禁止などめちゃくちゃだった。

完全家出マニュアル

準備をして、朝の5時に家出を決行

小6のときは調子に乗ってたものの、中学に上がって、他の小学校の生徒も入ってきたりしてなじめなかった俺は、学校に行くのが苦痛になっていった。

なによりも、担任の女教師に憤慨していたので、7月に家出を決行した。

ネットで家出の知識を調べ捲くり、カバンにうまい棒やらカップ麺を詰め込み捲くり、朝の5時から、自転車で国道沿いを東へ東へ飛ばし捲くった。

午前中に家に帰った

10時になる頃にはもう疲れていて、ガストで休憩していたら警察から電話があり、結局午前中に家に帰った。

1週間くらい帰らないつもりで大量に食料を持っていったのに情けない。

でも家に帰って、その女教師が職員室で慌て捲くっていたことをきいた時はワロタ。

夏休み明けから学校に行かなくなった

そして俺は、9月1日の始業式から学校に行かなくなった。

すぐに担任教師と学年主任の教師が家に来て、自室のベッドで寝ているパジャマ姿の俺を説得してきた。

説得に応じない俺は、親と教師に腕をつかまれ、パジャマ姿の状態で学校までの通学路を、通行人の目を受けながら引きずられていった。

そして学校につき、俺は保健室かどこかで話をして帰った。

それ以降、教師が毎日家に来たり電話してきたりしてきたが、学校にはほぼ行かなかった。

さいごに 転任したらしい

それにしても、引きずっていかれたのは今思い出しても腹が立つ。

人扱いされていない。

結局その後、女教師に憤慨した俺と俺の親が教育委員会などに電話し捲くったので、その女教師はその年で転任となり、転任式では泣き叫んでいたらしい。

校区がひとつ上の学校に転任したらしいが、そこでは人が変わったように優しい教師になったそうだ。

まぁどうでもいい。

今頃死んでいてくれればいいのだが。

中1のときの思い出は、思い出し次第書こうと思います。

完全家出マニュアル

家出のすすめ (角川文庫)

糞教師の思い出
学生時代を思い出すとマジで教師にはクソみたいな人間が多かった。 尊敬されない教師 (ベスト新書) 小4の時の...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加