職場近くの男性清掃員が女性清掃員にセクハラをしていた

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

半年か一年前、俺がバイトをしている店の建物の通路を歩いていたら、若い女性の清掃員が作業をしていた。

女性清掃員はおばさんばかりという印象があったが、若い女性もいるんだなと思い、そのままバイトに向かった。

数週間後、バイトが終わって建物の階段を降り、清掃員が使う掃除用具入れの前を通る時、男性清掃員2~3人が、その女性清掃員にセクハラをしていた。

ブラック企業・セクハラ・パワハラ対策 (労働法実務解説10)

セクハラの内容

セクハラと言っても、言葉によるものだけではなく、身体的なものだった。

俺は歩きながら数秒ちらっと見ただけなので、見間違いの可能性もあるが、目を疑うような内容だった。

掃除用具入れの扉を開け、掃除用具を取り出そうとしている女性清掃員の股に、デブで、白髪が肩までかかるほどの長髪で、メガネを掛けた、薄汚い、アルティーのような男性清掃員が、後ろから、デッキブラシのブラシのついた方を引っ掛けていたのである。

ちょうど、男子小学生が下校中に傘の柄を友達の股に引っ掛けるような感じだった。

周りにいた他の男性清掃員も笑っていたように見えた。

そのような幼稚で身体的なセクハラは始めて目撃したので、本当に驚いてしまった。

なぜ女性清掃員は黙っていたのか

なぜ女性清掃員はあれほどのセクハラをされて黙っていたのだろうか。

女性清掃員は、見た感じ20代で、はっきり言ってかなり美人な方だった。

なぜ声をあげないのか、怒らないのか。

弱みを握られているのか。

それとも、知的障害か何かがあるのだろうか。

不愉快だったがスルーしてしまった

一瞬見ただけなので、俺の見間違いという可能性も大いにあるのだが、その光景を見た時本当に不愉快だった。

デブ白髪長髪眼鏡の男性清掃員の顔は、別の日にちゃんと見たのだが、一人でニヤニヤと笑っていて気持ちが悪かった。

そんな気持ち悪い男が、若い女性の股にデッキブラシを引っ掛けるというような、とんでもない身体的セクハラを働き、周りの男も笑っているという光景は、異常そのものだ。

そんなことを言いながら、俺はスルーして立ち去ってしまったのだが。

真相が気になる

今になって、事の真相が気になっている。

もしかしたら見間違いかもしれないのに、部外者の俺が入っていって、あれはなんだったんですか?

などと尋ねて探求するのはさすがに気が引ける。

それに、俺の職場にチクられたりすると困る。

さいごに

数年前に俺に生ゴミ水をつけてきた生ゴミ処理業者にしてもそうだが、やはりゴミ処理業者や清掃業者は、どこか問題がある人間が多いように思う。

セクハラを受けていた若い女性清掃員も、バイトをやるにしても、何か問題があるから、普通にスーパーの店員などをやることができず、仕方なく男に混じって清掃員をやっているのだろう。

セクハラの件についてどうしても気になったら、勇気を出してその清掃員の誰かか、もしくは上の人間にきいてみようと思う。

できれば俺の見間違いであってほしい。

まぁそんな感じです。

こんなところでどうでしょうか。

ブラック企業・セクハラ・パワハラ対策 (労働法実務解説10)

世界一清潔な空港の清掃人

生ゴミ処理業者の生ゴミ野郎に生ゴミ水をつけられて
昨日、バイトに出勤してすぐの朝8時ごろ、いつものように職場の3人で、トラックから荷物を積んだ台車を運び出していたら、生ゴミの入ったゴミ袋を、...
生ゴミ処理業者の憎しみ
以前、バイト中に、トラックの停留所で態度の悪い生ゴミ処理業者に、生ゴミが入ったゴミ袋をぶつけられ、黄色くて臭い臭い生ゴミ水が俺の服に付着した...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加