ドラテン(ドラクエ10) 無料期間終了 現時点で思ったこと、不満点

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2月29日にドラクエ10(以下ドラテン)を始め、今月の20日で20日間の無料期間が終わりました。

これからは、30日間プレイできるチケットを1000円で購入しなければ、キッズタイム(14~16時)以外は遊ぶことができません。

ですが、俺は考えた結果、課金せずにいます。

その詳しい理由などをこの記事で書こうと思います。

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ(ver.1+ver.2+ver.3)1月7日注文分まで初回封入特典ゲーム内アイテムコード「元気玉10個」+「ふくびき券30個」付 [ダウンロード]

はじめに

いくつかあるので箇条書きにします。

ドラテンをやってる人に向けた記事なのか、これからやる人に向けた記事なのか、よくわからなくなってしまいましたが気になさらないでください。

20日の無料期間、150時間のプレイ時間でどこまで進んだか

理由を書く前に、俺が20日の無料期間でどこまで進んだかを書いておきます。

プレイ時間、ストーリー進行度、コンテンツ

プレイ時間は約150時間。

メインクエストはVer2第四章、クエストNo.369まで。

神話クエ、バトルロード、コロシアムなどは手をつけていません。

王家の迷宮は一度やりましたが、不思議の魔塔などは手をつけていません。

職のレベル、装備、ハウジング等

メインでやっている戦士のレベルは91。他職はHPとちからがあがるパッシブを取れる程度のレベル。

装備は60万Gのグローリーアックス+3と、約80万G程度でそろえた天宮一式。

アクセは理論値などはまったくできておらず、腰アクセにいたっては持っていません。

家はジュレットうるわしのS、2万で買った土地に一番安いキットで家を建て、ハウジングには意識してお金はかけていません。

ドレスアップ等もしていません。

フレンド数十人、チームには所属せず

フレンドは配信で知り合った方が数十人ほどいますが、チームには所属していません。

以下、思ったこと。主に不満点です。

なにをするにも金がかかる

この事は、購入前に調べたのである程度は知っていましたが、本当にその通りでした。

レベル上げも効率重視になる

たとえばレベル上げひとつとっても、普通のネトゲはフィールドで延々と雑魚敵を倒してちまちま稼ぐと思いますが、俺がやってみた限り、それでは”効率”が悪く、結局、グレンという町のサーバー1でメタキンコインを持っている人に何十万Gか払ってついていくか、はぐメタコインを自分で買い、持っている人たちとまわすか、ということになってくる。

俺はヒスイのカギでメタキンコインを3枚手に入れたので、それを回し、戦士だけはなんとか90LVにできたが、ふくびきでもメタキンはまったくでず、はぐメタコインを気軽に買えるほどの金策もしていないので、他職はフィールドでがんばってあげて47LVくらいが限界だった。

装備

装備に関しては、妥協さえすればどの職も安いと思いますが、強いボスへの対策を考えると、錬金効果の値の微妙な差のために、際限なくお金がかかるとは思います。

そのためには金策というものをしなければならなく、結晶にしても職人にしても、作業感がすごすぎて、楽しくないのでやりたくない、となってしまった。

日課について

ドラテンには日課という概念がある。

たとえば、1日1回だけできる、指定されたモンスターを倒すクエストをこなし、金と経験値を貰う討伐というものや、魔法の迷宮という、ダンジョンで雑魚敵を倒していって最後にボスを倒し、ふくびき券を手に入れるというものがある。

メギストリス1の討伐売り

前者は、名声レベルによって受けられる難易度が変わり、当然それに比例して報酬の額も変わるので、報酬の高いクエストを受けられる人が、メギストリスという町のサーバー1で、名声が低い人にも、そういうクエストを受ける権利を有償(大体は1000G)で販売している。

大勢の人がそれを買い求め、売り手の前に長蛇の列を作っている。

メギストリス1の討伐売りは既得権益

俺はまずその”既得権益”のようなものが許せない。

最初3回くらいは1000Gを払っていたが、やっているうちに腹が立ってきて、払うのが嫌になり、サーバー1以外でたまに無料で配っている人がいるので、そういう人を探したりしていたが、いるタイミングがなかなかない。

既得権益にムカついたので日課討伐をやめた

それで結局、1000G払ってしまうかどうかで葛藤し、嫌になってその日はやめるということも出てきた。

そうなると、経験値40000Pとお金40000Gは諦めざるを得なくなる。

魔法の迷宮

魔法の迷宮に関しては行けば勝手にマッチングされ、適当にやっていてもそこそこ面白いので不満はなかった。

人と一緒に遊ぶのに、損得勘定が働きやすい

ネトゲである以上、人と一緒に遊びたいわけですが、ドラテンでは、上記のような日課というものがあるせいで、気軽に人を誘って何かをするということが、俺には難しかった。

日課

たとえば、今から日課の討伐をやりたいな、魔法の迷宮をやりたいなと思い、フレンドを誘ってみても、その人がもうすでにやっていた場合、報酬がもらえるのは1日1回なので、ついてきてもらってもその人は何ももらえないということになる。

そうなるとそこで損得勘定が発生し、時間の無駄じゃないか、となる。

週課

日課に加え週課というものもあり、それらは、週1回だけしかできないので、誘いたい相手が終わらせていた場合は、一緒にやることが不可能、もしくは無駄ということになってしまう(試練の門を除く)。

すごろく

特に、カジノでできるすごろくがめちゃくちゃ面白いのだが、それも週に1回、プレイできるチケットが1回分届くだけなので、すでにやってしまってチケットを持っていない人とは遊ぶことができない。
(追記:大体の人はチケットを余らせているようです。)

人間関係がめんどくさい

このブログを何度か見ている人なら、ああやっぱりかとなると思いますが、人格障害もろもろで人間関係に難がある自分は、今回ドラテンというネトゲをやってみて、トラブルこそ起こらなかったものの、気を使ったり不愉快に思う場面が多かったです。

フレンド

フレンドはすべて配信に来てくれた人間ばかりで、ゲーム内で知り合った人は一人もいないのですが、やはり低年齢が多く、フレンドに誘ってくる際も、「フレンドに”なりましょうか?”」というようなカチンと来る言動があったり、些細なことが気になる俺はだいぶストレスが溜まった。

チーム

他の記事で散々書いているように、俺は社会不安障害、自己愛性人格障害、回避性人格障害を持っているので、”チーム”というものには最初から入ることを拒絶しました。

チームの内輪ネタ

他者を中心としたコミュニティで、そのコミュニティに属している人間しかわからないような言葉や内輪ネタが、なにをしているときもチャット欄に飛び交う、そういうのは耐えられないと思った。

チームを作ることは不可能

かといって、配信やスカイプのグループチャットのように、自分がチームリーダーとなり、”自分を中心としたコミュニティ”を作ろうにも、単なる雑談でなくゲームが伴う以上、それを取り仕切るだけのゲーム内での強さや、リーダーシップが必要になってくる。

始めたばかりの俺はそういうものを持ち合わせていないし、そもそもゲームをずっと続けるかどうかも怪しいので、チームを作るのにふさわしくない。

チームには属さなくても問題は無いが、属さないとできないコンテンツもあるようだ。

ただ絶対に俺は属すことができない、属してもモメるか不愉快になるかなので諦めた。

結論 その1 やりたいことをやりたいときにやりたいだけやれない

チーム云々は完全に俺個人の問題であり、ドラテンのゲーム性に非は無いと思う。

ただ、日課、週課に関しては、廃人防止のため(?)のコンテンツなのに、”やりたいことをやりたいときにやりたいだけやれない”という状態を作り出していると感じる。

俺としては、娯楽である限り、”やりたいことをやりたいときにやりたいだけやれる”自由があってもいいと考えてしまう。

もし、すごろくが無制限に何度もできるなら、俺はフレンドを誘って何度もやり捲くりたい。

結論 その2 ドラテンは合わない

俺は根本的に麻雀などの、気軽に人を誘って、さくっと遊べるゲームが好きなので、ドラテンが合わないのは当然かもしれない。

作業性、損得勘定

MMORPGは基本的にどれもそうだと思うが、レベルやステータスなどの”数字”がプレイヤーの強さの大部分を決める。

その強さを得るには、コツコツと時間をかけるということが必要になる。

強さを得ると、強いボスに安定して勝てたりするだろうが、弱いままだと、パーティやチームの人間から足手まとい扱いされ、効率が悪くなる、と言われたりすることもあるだろう。まさに損得勘定である。

人と一緒にやることで”作業”を楽しむ

そして、強くなるために強くなるという感じで手段が目的化している部分もあると思う。

それを受け入れて、プレイ時間の大半を占めるであろう”作業”のような時間を、人と交流し、雑談などをしながら楽しんでいくというのが一番正しい楽しみ方なんじゃないかと思った。

そうすると俺はドラテンだけでなく、MMORPG全般がそもそも向いてない気がする。

戦闘だけやりたい

ただ、ドラテンは本当に世界観、音楽、キャラクターが良く、戦闘も面白いので、俺としては、レベル上げやら金策やら日課週課やらをやらずに、おもしろい戦闘だけをひたすらやりたかった。

しかし、純粋な戦闘だけのゲームになると、時間をかけて行う育成要素がなくなり、プレイヤースキルばかりのゲームになってしまう。

それはそれで苦手だから困る。

Killing Floorというゲームについて

去年の夏にやっていたKilling Floorというゲームは、協力して敵を倒していくFPSなのだが、人を誘って気軽にできて本当に面白かった。

あくまで協力ゲーであり、敵はCPUなので、勝っても負けても面白い、という、俺のような、俗に言うエンジョイ勢には打ってつけのゲームだった。

もちろん一緒にやるメンツが全員同じ考えを持っている場合の話だが。

これからについて

そんな感じで、ドラテンにはだいぶ不満点が出てきてしまったので、アンインストールはしないものの、気が向いたときにキッズタイムにINして、すごろくだけをやったりするかもしれないです。

さいごに すごろくのネトゲがなぜないのか

ドラテンをやってみて、すごろくというボードゲームがすごく面白いということに気づいたのだが、なぜかすごろくのネトゲが全然無い。

麻雀と同じでブラウザ上でできそうだし、ネットで人と一緒にやるのにうってつけなはずなのに、なぜだろうか。

とりあえず、俺に合いそうなゲームをまたいろいろ探してみます。

まぁそんな感じです。

こんなところでどうでしょうか。

ドラゴンクエストX オールインワンパッケージ(ver.1+ver.2+ver.3)1月7日注文分まで初回封入特典ゲーム内アイテムコード「元気玉10個」+「ふくびき券30個」付 [ダウンロード]

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加