逃げ出す快楽

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俺は、いろいろあって中1の9月から卒業まで、学校にほぼ行ってない不登校児だった。

小5までは、地元の偏差値の高い高校へいけるくらいの学力があると、親も期待していたが、小6で人が変わったように暴れ捲くり、クラスも崩壊し、その反動で中1で学校に行かなくなり、親はいよいよ失望して、家庭内の空気が相当悪くなっていった。

それらに耐えかね、中1の3学期あたりで初めてメンタルクリニックへ行った。

すると社会不安障害と診断され、デパケンRとかいう薬を処方された。

だが、こんなもん飲んでも意味ないと思って3日くらいですぐに服用をやめ、それ以降、クリニックにも行かなくなった。

堂々と逃げる技術

毎日苦闘していた

そして卒業までの間、学校に行かねば行かねばと、毎日苦闘していた。

朝になると、今日こそは行かないとと思い、なんとか自分に鞭を打って行こうとするが、結局行けないことのほうが多かった。

なんとか行けたとしても週1日か2日が限界で、しかも2時間目までで帰ってきたり、昼からだけだったりして、最終的には、放課後に少し顔を見せれられればいいという感じだった。

行けない時は自室でネットかゲームか読書をしていた。

嫌なことから逃げてひたすら布団で寝る

本当に行かないといけない大事な日に行けなかったりすると、落ち込んで、朝から布団に潜り込んで12時間くらい泥のように眠り、いい夢を見ていた。

その時の快感がものすごかった。

嫌なことから逃げてひたすら布団で寝る。

逃げることで悲惨な未来が待っていようが、今はひたすら寝るという快感。

1回目の高校を1年で退学

その後、卒業式にも出ず、別の記事にも書いたが、1回目の高校に入学し1年で退学した。

2回目の高校(定時制)と一人暮らしとアルバイト

だが2回目の高校では、夕方5時から毎日学校に行き、週4日、朝5時から10時までの老人ホームのバイトを頑張り、一人暮らしもして、小6以来の楽しい日々を過ごした。

2回目の高校もやめ、今に至る

そんな日々は1年で終わり、バイトも一人暮らしもやめ、1年経ち、自動車の免許を取り、今のバイトをはじめ、20歳になり、結局2回目の高校をやめ、今に至る。

どう転んでも同じような未来しか待っていない

今になってみると、中学の時の自分に、無理して学校なんか行こうとせず、何も気に病まず、思いっきり好きなことやってればいい、と言いたい。

学校は、自分が苦しまない範囲で行けるなら健康的だが、苦しんでまで行くなら間違っていると思う。

どうせどう転んでも、良くも悪くも同じような20代の未来しか待っていないと思うから。

長くなったので、次の記事に続きます。

堂々と逃げる技術

逃げるは恥だが役に立つ(1) (Kissコミックス)

社会不安障害のすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)

不登校になったら最初に読む本~親と先生と子どものための再出発へのヒント~

次の記事

逃げ出す快楽 つづき
前回の記事の続きです。 そして最近、かなり久しぶりに、逃げ出したくなるような事象に遭遇した。 堂々と逃げる技...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加