FREETEL SAMURAI MIYABIのレビュー(評価)、感想、口コミ、使用感。FUJITSU arrows M02と比較。

俺は去年暮れに楽天モバイルを契約しスマホを持つようになった。
最近、母親もスマホを持ちたいと言い出したので、楽天モバイルに契約し、FREETELのSAMURAI MIYABIというスマホを買った。

Amazonで15000円程度だった。

追記:
FUJITSU arrows RM02というスマホを、駅のホームに落として壊してしまった。
修理に出すつもりもないので、次のスマホとして、母親と同じFREETEL SAMURAI MIYABIを買おうと思ったのだが、ちょうど母親がスマホを変えると言い出したので、そのまま貰った。

arrows RM02が壊れたその日に貰って、早速使っているのだが、arrows RM02とは比べ物にならないほど使いやすい。

個人情報問題

レビューを見ると、個人情報が監視されてるとか、偽者が届いたとかあって不安だったが、箱はボロボロだったもののちゃんと新品が届き、SIMも認識し、無事通信できた。

FREETEL SAMURAI MIYABIとFUJITSU arrows M02/RM02を比較

FUJITSU arrows M02/RM02は最低最悪の粗悪ゴミスマホ

楽天モバイル契約時に同時購入した、FUJITSUのarrows RM02という3万円のスマホ(5000円キャッシュバック)は最低最悪の粗悪ゴミスマホである。

頑丈をうたっているのにロックボタンはカチ割れるし、内臓マイクも音質が悪くて使い物にならない。
最近は、イヤホン端子もたまに途切れるようになってきた。
楽天関連のアプリやブックマークが最初から入っているのも鬱陶しすぎる。

前面には通知時のLEDがついており、夜に布団で操作している時などに、スカイプの通知などを無視していると、ずっとLEDが光り続けて、まぶしくて本当に鬱陶しい。

RM02には充電用クレードルがついていたが、自分は使い始めて半年ほどで接触が悪くなり充電できなった。

もうどうしようもないほどのゴミ中のゴミなのである。

FREETEL SAMURAI MIYABIは素晴らしい


RM02の価格は3万円で、SAMURAI MIYABIはその約半額の1万6千円。
だが、SAMURAI MIYABIの性能は、RM02の倍以上だと俺は思う。

とりあえず、スマホの主要機能である、インターフェース、マイク、カメラ、イヤホン、あたりの機能は、すべてRM02より上に感じた。
ライト機能など、地味に便利な機能もある。

RM02は半年使っただけでイヤホン端子の接触が悪くなっていたが、SAMURAI MIYABIは半年使った現時点では全く問題ない。

インターフェースも、RM02は右下に『画面を引き下げる』という無駄なボタンがあったが、SAMURAI MIYABIはそういうものはなく、ボタンは、戻る、ホーム、タスク(?)の3つで使いやすい。

M02のように前面に無駄なLEDもないので快適です。

あと、SAMURAI MIYABIはUSBを挿す穴が上にあるおかげで、USBケーブルを挿したまま立てかけることもできる。

頑丈さもSAMURAI MIYABIが上

頑丈さをうたっているRM02は一度コンクリに落としただけで壊れたが、SAMURAI MIYABIは2度コンクリや板の間や落としていても使えている。
しかもRM02より軽い。

内臓マイクも問題なし

RM02は内臓マイクが粗悪で全く使い物にならないが、SAMURAI MIYABIの内蔵マイクはちゃんとしていて、ボイスレコーダーの録音、LINEの通話や、ネット配信、など全て、音が割れたりすることもなく、ちゃんと使える。
カラオケなどの大音量の場所での録音もできた。
しかも、ボイスレコーダーで録音したファイルはデフォルトでSDカードに保存されるので便利。

カメラの豊富な機能

RM02のカメラに比べて、SAMURAI MIYABIのカメラは様々な機能がある。
使うことがないようなフィルター機能などもあるが、即時シャッターなど、使えそうなものも多くある。

RM02にもあったかわからないが、SAMURAI MIYABIは写真サイズを1024×768に設定できるので、このブログに写真をうpするときなどに、縮小する手間が省けて良い。
ボイスレコーダーと同じく、撮った写真はデフォルトでSDカードに保存されるので便利。

SIMが2個挿せる


SAMURAI MIYABIはSIMが二個挿せるので、おそらく、データSIMと通話SIMでキャリアを分けることもできる。

俺はデータSIMは楽天モバイルで、通話SIMはDocomoなので、データ通信はスマホ、通話はガラケーという感じで二台持ち。
Docomoの通話SIMの大きさを変更してSAMURAI MIYABIに挿せば、スマホに一元化することもできる。

ただ、バッテリーの問題や、故障時のリスクヘッジなども考えて、当分はスマホとガラケーの二台持ちでいこうと思う。

不満点は1つだけ

RM02がひどすぎて、どうしてもそれと比較してしまうので、SAMURAI MIYABIの不満点はほとんど思いつかな。
強いて二つ挙げるとすれば、microSDカードの抜き差しがめんどくさいということだけ。

SAMURAI MIYABIはmicroSDカードを抜き差しするのに、いちいち裏のふたを開け、バッテリーパックをはずさなければならない。
SIMカードも同様。
SIMカードはさらに取り出しにくいので、爪楊枝などが必要になる。

音楽プレイヤーに音楽を入れるときなどに、SDカードを別途カードライターに挿して同期すると楽なのだが。
まぁスマホ本体にUSBを挿しても転送できるので、そこまで大きな不満点ではないと言える。

まとめ

SAMURAI MIYABIはRM02の半額だし、軽い。

唯一RM02が勝っているのは防水であるという一点だけじゃないだろうか。
RM02は触った感じは頑丈そうなのだが、ロックボタンがカチ割れては何の意味もない。

そんな感じで、個人的には大満足のスマホです。
RM02があまりにもひどすぎたので、なおさらそう感じる。

RM02のようなゴミスマホのことは忘れ、これからはSAMURAI MIYABIを大切に使っていきたいと思います。
RM02は修理に出すつもりもないので、倉庫にほったらかしにしておきます。

おまけ スマホ900円+ガラケー1000円=月2000円

プランは俺と同じデータSIMの3.1GBプランで月額900円。
今まで使っていたDocomoのガラケーは電話のみのプランに切り替えて月1000円ほどになるので、スマホとガラケー合わせても通信費は月2000円ほどになる。

画像

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加