劇団員の男が土方になって苦しんだ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

俺のリアルの知り合いに、”劇団員の男”というのがいる。

そいつは定時制高校の2年の時、いきなり、学校に行ってる場合じゃない、働かなければ、と思ったらしく、近所の、○○商会と名のつくような有限の塗装会社で働き始めた。

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)

労働時間と給料

朝6時から夕方6時までの力仕事で、それが週6日。

給料は、道具代だなんだとかこつけてピンハネされ、月収10万強だったらしい。

DQNだらけの職場と暴力

職場の連中は漏れなくDQNで、ヤンキーやら、やくざかぶれのような奴ばかりだったらしく、あまりにも苦しくて辞めたくなっても、辞めたいと言うと殴られそうになったそうだ。

勝手に辞めた奴もいたらしいが、そいつは町で職場の人間に偶然出会ったときにボコボコにされたらしい。

さいごに 悪に加担している

結局、劇団員の男は1年でなんとか辞めることができたそうだが、今でも職場の人から飲みの誘いの電話がかかってくると言っていた。

労働基準法も人権も無視したような、ブラックな職場で働く奴は、悪に加担しているということに気づいていないのだろうか。

ブラック企業 日本を食いつぶす妖怪 (文春新書)

ブラック企業完全対策マニュアル (晋遊舎新書 S15)

上司に殴られて痣を作っていた調理師の男
俺のリアルの知り合いに、"調理師の男"というのがいる。 むかし、麻雀をするためにそいつを家に誘ったら、仕事の話になり、「俺...
引越し屋の仕事で殴られた男
俺のリアルの知り合いのとある奴が、引越し屋で働き始めて2日目くらいのときに、家具かなにかを落としてしまい、上司に結構強く殴られたらしい。 ...
職場で店長と喧嘩してやめた男
俺は今の職場でかれこれ2年働いている。 去年の4月に、俺の上司的な立ち位置の女が転勤し、新しく男が入ってきたのだが、その人は今年の5月に店...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加