『髭林恋愛相談所』発足。24歳童貞の処女厨が恋愛のゴールを達成すべく語り合う相談所。

昨日は久々に配信で夜通し雑談をした。
「モンハンワールド」のベータテスト終わったあとに、そのままの流れで。

その配信で、思いつきで「髭林恋愛相談所」を発足したので、これから「恋愛相談活動」をやっていく。

どんな人間でも恋愛をしていい。恋愛を語っていい。

「え、24歳で童貞の、自己愛肥大化した利己主義の「処女厨」が恋愛相談?w ばかか?w」
とか思ったやつはなにもわかってないだな。

「どんな人間でも自由に恋愛をしていい」
「どんな人間でも自由に恋愛を語っていい」
ということがわかってないだな。

まぁ俺もそのことがわかったのは最近からだ。
前までは、「俺なんかは、恋愛を語ることさえ許されない」と思っていた。
そんなわけはない。
24歳童貞処女厨の俺でも「恋愛を語って」いいし「恋愛相談所」を発足したっていい。

俺が相談に乗ってもらう相談所

しかし実際は「髭林恋愛相談所」は、俺が人々の相談にのると言うより、俺が相談に乗ってもらうことがメインの相談所だ。
人の恋愛相談もききつつ、現時点ではまともなアドバイスができるわけがないが雑談混じりに適当に話すだけ。
まぁ、「何のゴール(目的)もなしに適当に恋愛しては傷ついて人を恨んで病んで」、という、しょうもないことをやっているような人間はそもそもくだらなすぎて話にならないので、そういうのは完全に無視したいと思う。

恋愛のメソッド化

とりあえず俺は今、「武田梵声」氏の削除されたYahoo!ブログの「ジャレメ恋愛相談所」の記事に出てきた、恋愛指南書の古典を読み漁るなどして「恋愛のメソッド化」を試みている。
「カーマ・スートラ」なども買って読みます。
あとは「機密テキスト」も軽く再開し、自分の真の欲求などをブレインダンプしたりしてみている。

なにかを学ぶ際には、「人に教えることを想定」すると効率が良いので、そういう意味でも俺は「髭林恋愛相談所 所長」になった。
「指導者」になるわけじゃないが、頭の隅に置いておく感じだ。

[2017/12/12 1:25:48] 髭林おなもみ:
人間関係はもちろん恋愛も、もうメソッド・ロジックがないとどうもこうもならんと。逆に言うとそれさえあればどんな人間でも納得の行く恋愛はできると思い始めました。歌唱やお絵描きはメソッドを頼ることに抵抗がある人は少ないと思いますが、恋愛や人間関係はどうも、そんなもんにたよるな、キモチのまま行け!というのが横行している気がします。でもそれが間違いなんだと。

[2017/12/12 1:26:52] 髭林おなもみ:
自分の現時点での真の欲求をはっきりさせることと並行して、恋愛メソッドを勉強します。

引用:Skypeチャット

さいごに

「髭林恋愛相談」は配信で行うが、完全に不定期なので、いきなりもう二度としない可能性もある。

まぁこの恋愛相談所の目的は結局「俺の恋愛のゴール」を達成することなのでよろしく。
俺は恋愛においても「下品なほどでかいゴール」があり、それを必ず達成するので。

髭林ダイナマイトファクトリー」の記事書き終わったばかりなので、口調がファクトリー気味になってしまった。
まぁええか。

まぁそんな感じでした。

ツイート

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加