不登校の受け皿的な私立高校を死に物狂いで退学して定時制高校に入学した思い出

俺は中学1年の9月1日から不登校になり、それから卒業するまでの間、学校には行ったり行かなかったりの状態だった。
中2で鬱状態、中3で若干ましになり、鬱よりも怒りの気持ちが強くなっていた。

登校拒否(不登校)だった中学生時代 担任の女教師に嫌気が差して家出した思い出
俺は小5までは、地元の偏差値の高い高校へいけるくらいの学力があると、親にも期待されていた。 しかし、小6で人が変わったように暴れ捲くり、ク...

ほとんど学校に行っていなかったのでどの高校に入学すればいいかわからず、中3のときの担任のすすめで、不登校児の受け皿のような、学費の高い私立高校に入学した。

一回目の高校(不登校の受け皿的な私立高校)

入学早々、退学したかった。クラスとメイトとは一切口を利かず。

不登校児やひきこもりが増えている昨今、そういう人の受け皿的な高校も増えている。

その高校は、ヤンキーになれきれないようなヤンキーが2割、オタク・腐女子が5割、発達障害みたいなのが2割、普通の人は1割いるかいないかだった。
いじめなどはないが、とにかく異様な雰囲気で、気持ち悪すぎて耐えられなかった。

入学式では、宗教のように自己啓発的な映像を見せられたりして気持ちが悪く、もう4月の時点で退学したくて仕方がなかった。

バス通学だったので、毎朝バスに乗って、エレカシの四月の風という曲を聴きながら、自分をだましだまし、無理やり学校に行っていた。

教室では挨拶はおろか、クラスメイトと一切口を利かず、ひたすらイヤホンを耳に突っ込み、本を読み捲くっていた。

そんな日々も長くは続かず、5月からは昼までに帰るようになり、6月からは放課後だけ顔を見せる程度になった。
親と担任教師に何度も、辞めたい辞めたいと言ってた気がする。

教師に無断で高認試験を受けた

そして11月に、教師に無断で高認試験を受けた。
無勉だったが5科目受かった。
その事を報告すると担任教師は、俺に無断で受けるなと怒っていた。

それから頻繁に三者面談やカウンセリングをやらされ、担任教師だけじゃなく、親とも険悪になっていった。

12月頃にはもう辞める方向で話が進んだが、生徒が退学すると担任教師にペナルティがあるようで、教師は食い下がってきた。

年が開け、親に定時制高校をすすめられた。
定時制高校なら学費も安いし、夜に授業があるし、向いてるんじゃないかと思い、俺は私立高校を辞めることになんの恐怖もなくなっていた。

晴れて退学。担任教師の捨て台詞を今でも覚えている。

最後、退学届けを出す三者面談で、担任教師に、お前はどこに行ってもうまくいかんから、と捨て台詞を吐かれ、俺はボケクソの私立高校を退学した。
多分その担任教師は、俺が退学したことでかなり厳重に注意されたはず。
その担任教師には家族の仲も壊されかけ、苦しめられたので本当に死んでいてほしい。

その私立高校を退学した時の解放感はものすごかった。

ただ、1年在籍しただけで、親に100万近くの学費を払わせたのは申し訳ない。
そういう意味で、その高校をすすめてきた中3の時の担任教師にも腹が立つ。

ここまで読んで、お前自身に問題はないのか、反省する点はないのか、という意見が飛び出しますが、この件に関しても俺は、一切反省も後悔もありません。

まとめ

俺にとって、私立高校に通っていた1年間というのは、今となっては幻のような日々に感じる。
ひたすら、この糞高校をやめたいやめたいと言い捲くって家族や教師とモメまくっていたのだが、ただ苦しいだけではない妙な日々だった。

なにしろ、家族ともモメまくり圧倒的に孤独な状況の中で、自己愛に目覚め、その後の俺の人生は大きく変わっていった。
それが後述の、一人暮らしや配信漬けの日々に繋がっていく。

ニ回目の高校(定時制高校)

ニ回目の高1と一人暮らし

一回目の私立高校をやめた年に、ニ回目の高校(定時制高校)に入り、一人暮らしもはじめた。
その頃は、朝5時半からバイトして、夕方5時から学校に行くという充実した日々を過ごしていた。

16時半くらいに家を出て、電車で15分、その後徒歩10分くらいの場所にある学校に行き、17時半から授業を受ける。
そんで21時半に帰るという感じ。

人生の絶頂期と言えるほどのポジティブさで、今を生きている感じがして、未来には希望が見えていた。
たぶん、中学や、1回目の糞高校から開放されたという大きなカタルシスがあったんだと思う。

定時制高校は大学のような感じ。ヤンキーは騒いでいるが他人には絡まない。

生徒はたくさんいるものの、みんな他人に無関心で、基本的にこちらから話しかけない限りは交友関係が始まることはなかった。

定時制高校は、ヤンキーが4割、オタク・腐女子が4割、普通の人が2割ほど。
公立なので学費もかなり安いし、自分で単位を計算して授業を選び、授業ごとに教室を移動するので、クラスの関わりがほとんどない。
当然いじめなどもなく、どちらかというと大学のような感じだった。

授業中は基本的に穏やかだが、頻繁にDQNが教師に反抗して暴れたり、駄弁りまくったり携帯をイジったりして荒れている。
学校の駐車場にバイクやら車やらを留めて騒いでいるようなやつも居た。

でも他人には何もせず、同じヤンキー同士で喧嘩したり、教師につっかかったりしている程度だった。
ヤンキーは、教師には反抗し捲くるものの、生徒には滅多に絡まない。

しかし一度体育の授業中に、やたら体のでかいDQNが教師にぶちぎれて掴みかかって投げ飛ばし、絶叫しながらドアを破壊して出て行ったことがあり、その時はかなり騒然としていた。

高認試験に合格し、定時制高校も退学

俺はいろいろあって、その定時制高校も2年間はちゃんといったものの、結局残りの2年は学校行かなかった。

最初の2年間はすべての授業に出席しすべての単位をとったものの、入学する前の時点で高認試験に5科目受かっていて、定時制高校でとった単位で、高認試験の合格してない科目を免除し合格できた。
それで、いっきに行く気が失せ、残りの2年は在籍するだけで一切行かなかったという感じ。
そんで2014年の2月に退学した。

私立高校よりも定時制高校のほうが良い

今思うと、一回目の私立高校に費やした時間と金だけは本当にもったいなかったと思う。
今現在、不登校をしていて、どんな高校に行けばいいかわからない人には、俺としては定時制高校をおすすめしたい。

ヤンキーが多くて怖いとか、朝働かないといけないとか、そういう先入観があるかもしれんが、実際は働いてない人が半分かそれ以上いる。
上記のようにヤンキーはそこまで危険じゃない。

高い学費を親に出してもらい、不登校の受け皿的私立高校に入り、発達障害者や宗教的なムードを気にせず楽しめる人ならそれでもいいだろうが、俺には苦痛そのものだった。
上述のように、どうしてもやめたくて、親や教師とモメまくり地獄のような1年を過ごした。

定時制高校に入ってからは、一人暮らしをし、朝はバイト、夕方から学校という、結構充実した生活を、少しの間だが送ることも出来た。

特に楽しくはなかった

思い返すと、定時制高校での日々は、楽しかったというより、結局、私立高校の時と同じで、なんともいえない感じだった。
交友関係はほぼなかったし、入学した年くらいから配信をはじめ、一人暮らしのワンルームマンションで昼間から暴れてたことのほうが強く記憶に残っている。

学費は格安だったし、私立高校のように気持ち悪いムードもなかったものの、特に楽しくはなかった。
覚えているのは、外が暮れ始めるころに学校に行き、夜に帰るというのが、どうしようもなく寂しかったということ。

私立高校の生徒の進路と、定時制高校の生徒の進路

未だに疑問なのは、あの私立高校にいた発達障害のオタクどもはどういった進路を選んだのだろうか。
定時制高校の生徒に関しては、聞いたところによると美容師や調理師が大半で、就職先はほとんどブラックでみんな苦労しているらしい。

私立高校のオタクはおそらく、高い学費を払って、イラストやゲーム製作の専門学校にでも行ったのが大半なんじゃないだろうか。
その後就職先があるのかは知らないが。

今後の人生

実家に戻ってきてから今にかけて

バイトをやめて、丸一年続けていた一人暮らしをやめて実家に戻り、2年間配信し捲くってぶらぶらした後、今のバイトをはじめ、2回目の高校を退学した。
(実家に戻ったのが18歳の頃で、今のバイトを始めたのが19歳の頃、2回目の高校を退学したのが21歳の頃。)

その辺りから、徐々に薄暗い日々になっていった。
特に去年の上半期くらいからがひどい。
鬱状態ではないが、なんかどうにも刺激が無い。

今思うと、10代のころは屁でもないようなことに全力で悩んでたけど、その分、屁でもないようなことに全力で喜んでいた。
そして、とにかく学校から逃げ出したいと言う気持ちが強く、逃げ出したときには感動があった。
今は別に逃げ出したいと思うようなコミュニティに属してないし、まさに幸福でも不幸でもない状況という感じ。

これはこれでなんとも言えないつまらなさがある。
でもまだ20代だし、いつかは抜ける時が来るような気もする。

今後進学するかどうか

高認は持っているが、もう大学や専門学校なりに行くつもりは一切ない。
俺は学校という場所にどうしても適応できない。

スマホいじり捲くり、SNSでくだらんことを呟き捲くり、安確いじりしまくりの人間や、その他俺の嫌いなタイプの若者があつまるコミュニティに金を払って属すというのは、全身を掻き毟りたくなるほど耐えられない。

当然就職もする気がないので、何百万も払って専門や大学に行く意味がない。
就職する気はないが、人と絡みたくてしょうがない、モラトリアム期間として楽しみたいという人は、大学に行くんだろうが、俺には苦痛でしかない。
というかもう来年23歳なので普通なら大学卒業の歳だ。

とりあえずバイトをしながら、適当にしたいことをやっていく、という生き方で相変わらずいこうと思います。

糞教師の思い出 教室でタバコを吸い、学校や生徒を私物化する暴力教師 昼食中に私語禁止を強制
学生時代を思い出すとマジで教師にはクソみたいな人間が多かった。 小4の時の暴力教師 小3まではよかったものの、小4の時の...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加