Intuos Comic medium CTH-690/K1を買いました。レビュー(評価)、感想、使用感など。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前の記事に書きましたが、5年使ったIntuos 4 Largeが壊れたので、ちょうど先週くらいに発売したIntuos Comic medium CTH-690/K1を購入しました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

WACOM ワコム ペンタブレット Intuos Comic medium CTH-690/K1
価格:17026円(税込、送料無料) (2017/7/14時点)

今まで使っていたIntuos 4 Largeについて

Intuos 4 Largeは読み取り範囲がかなり大きく、俺の24.1インチ(16:10)のモニタで使うにはぴったりだったのですが、あまりの大きさと重さには、5年使っててもまだ慣れなかった。

何より俺はペンタブは膝置き、もしくは画板置き派なので、重さにも結構苦労した。

LargeからMediumに

今回買ったのはMediumなので、読み取り可能範囲が狭くなったかわりに、軽量で小型です。

大きなモニタに小さなペンタブというのは、ちょっとペンを動かしただけでカーソルが大幅に動くので、大きいペンタブから小さいペンタブに変えると、描き味が劣るのは避けられないが、慣れで何とかなると信じて、思い切って購入した。

問題なし

とりあえず使ってみた感じ軽くて小さくて、デザインもすばらしく、問題はないです。

描き味については最後に書きます。

2013年のIntuos Comicと仕様は同じ

2013年に発売したIntuos Comicとは、デザイン以外はすべて仕様は同じで、価格は5000円高いというだけなので、どちらを買おうか迷った。

最新版を買った理由 その1 ペン

最新版を買ったのは、まずペンがシンプルだということ。

Intuos 4にしても古いIntuos Comicにしても、ペンが無駄に煩雑で、落としたらパーツが外れてばらばらになるし、ラバーグリップも手垢でべとべとになり、なによりペンのお尻の消しゴムを使わないので無駄すぎる。

消しゴムを使うだけでペンを持ち替えるなんて無駄すぎる。ショートカットキーでいい。

最新版を買った理由 その2 デザイン

そして、古いほうのIntuos Comicは無駄にLEDなどがあり煩雑。

俺の嫌いな、埃やゴミがつまりそうな溝も多い。

ファンクションキーに関しては、古いほうのがゴミは溜まりにくそうだった。

色的には白がよかったが、買ってみると黒にしてよかったと思う。

ClipStudio Proについて

どちらもClipStudio Proが付属するが、俺はとりあえずSAIしか使わないので、ダウンロードはまだするつもりはない。

Intuos Penについて

どっかで見たが、Intuos Pen(Comic、Artなど全部)というシリーズは、BAMBOOと仕様は同じようなもので、名称を変えただけらしい。

読み取り範囲とモニターの比率について

あまり書かれてないが、ペンタブを選ぶ上で大事なのが、読み取り範囲の大きさと、なにより、読み取り範囲と使用モニターの比率の一致。

16:10のモニタ(EIZO EV2455)に16:10のペンタブ(Intuos Comic)

俺のモニタはEIZO FlexScan EV2455で、24.1インチで1920×1200(16:10)という、一般的な16:9に比べて珍しい比率なので、ちゃんとそれにあったペンタブを買う必要がある。

今回買ったIntuos Comicは216.0 x 135.0mmなので、16:10。モニタと比率が一致する。

16:9のモニタに16:10のペンタブ(Intuos 4 Large)

以前使っていたIntuos 4 Largeの読み取り範囲は325.1 x 203.2mm。これは比率にすると16:10。

俺はそのペンタブを、長年16:9のモニタで使ってきたので、読み取り範囲をフルに活かせなかった。

モニタとペンタブの比率は合わせたほうがいい

16:9のモニタを使っている人が圧倒的に多いと思うが、モニタとペンタブの比率は確認したほうがいいと思います。

ところで、16:9のペンタブを16:10のモニタで使うと、どういう感じになるのか気になる。

Intuos Proについて

最後に、俺は今回Intuos Proを買うという選択肢はありませんでした。

理由はいろいろあるが、主にデザインと読み取り範囲(16:9)が納得いかなかった。

まず、俺はもうペンタブのファンクションキーは使わず、キーボードに一元化しているので、ファンクションキーが多いペンタブは無駄でしかない。

あと、最近左手で描く練習を本格的に行っているので、なんとなくシンメトリーなデザインが欲しかった。

Intuos Pro Largeの読み取り範囲

そして、Intuos Pro LargeはIntuos 4 Largeに比べて読み取り範囲の大きさと比率が変わっている。

前者は298.6 x 189.5mm、後者は325.1 x 203.2mmなので、結構狭くなり、何より比率が16:10から16:9になってしまっている。

上に書いたように、モニタの比率が16:10なので、これを買う選択肢はまずない。

プロ向けからアマチュア向けに

ファンションキー周辺は相変わらず溝だらけで、埃やらゴミがたまるのもよくない。

そんな感じで、プロ向けと呼ばれるシリーズ(Intuos Pro)から、アマチュア向けと呼ばれるシリーズ(Intuos Comic)に下がりましたが、仕様としてはむしろこっちのほうがよかったので問題ないです。

描き味について

一番肝心な描き味ですが、まだそこまで描いてないのでなんとも言えません。

読み取り範囲が狭くなったことは、意外にも気にならなかった。

筆圧が2048から1024に下がり、ON荷重や傾き検知がなくなったが、それもそこまで大差ない。

SAIは確かもともと1024までしか認識しなかったはずだし、傾き検知もない。

さいごに 俺の描くような単純な絵にはIntuos Comicで十分

ON荷重の有無は結構違いがあったが、それらの高機能は、やっぱ俺みたいに単純な線とアニメ塗りをする人らよりも、PhotoshopやPainterで厚塗りとかやったりしているプロを想定してるんだなと思った。

ペン入れレイヤーでの線を描いて、マーカーでアニメ塗りするくらいなら、Intuos Comicで十分事足りる。

あとワイヤレスキットはすぐに充電がなくなるそうなので、今はまだいらないと思っています。

画像

公式ページなどのサンプル画像が少なく感じたので、購入の際は参考にしてみてください。

最後のほうにIntuos 4 Largeとの比較画像があります。

150918132716_01.jpg
150918132716_02.jpg
150918132716_03.jpg
150918132716_04.jpg
150918132716_05.jpg
150918132716_06.jpg
150918132716_07.jpg
150918132716_08.jpg
150918132716_09.jpg
150918132716_10.jpg
150918132716_11.jpg
150918132716_12-2.jpg
150918132716_13.jpg
150918132716_14.jpg
150918132716_15.jpg
150918132716_16.jpg
150918132716_17.jpg

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

WACOM ワコム ペンタブレット Intuos Comic medium CTH-690/K1
価格:17026円(税込、送料無料) (2017/7/14時点)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. 青酸 より:

    前のペンタブ滅茶苦茶でかいな。